経営コンサルが教える経営診断手法

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

すぐ出来る経営診断のススメ

すぐ出来る経営診断のススメ

 

会社は経営者が守り育てるものである。

 

中小企業の業績は経営者の能力に比例するので、なおさらである。

 

経営者が経営診断スキルを身につけ、自ら先頭に立って会社の経営課題を発掘し、経営改善に取り組む姿勢が、会社の安定成長を実現する秘訣である。

 

当然ながら、経理担当者や税理士に経営診断を丸投げしても、その診断結果に対する経営者の理解が不十分だと、安定成長のスピードは著しく鈍化する。

 

このカテゴリーでは、会社を一層成長させるための経営診断の具体的手法を沢山紹介している。

 

中小企業に適した経営診断手法を習得し、経営自己診断を定期的に行い、経営者自身で会社を守り育ててほしい。

すぐ出来る経営診断のススメ|経営者必見の経営診断ノウハウ記事一覧

会社の健康状態を診ることを「経営診断」という。人間の身体と同じように、会社も定期的に健康状態を診断することで業績悪化という名の病気を予防することができる。当然ながら、経営診断をなおざりにしていると、深刻な経営課題を見逃すリスクが高まる一方になる。会社が衰退する最たる原因は経営課題の見落としなので、経営診断ほど、会社衰退のリスクを軽減する取り組みはない。経営診断は、業績悪化という自覚症状が出てから行...

中小企業の成長性分析は、会社の安定経営を実現するうえで欠かせない経営診断である。なぜなら、高い成長性なくして、企業の存続はあり得ないからだ。企業の成長性が分かれば、会社の将来性は自ずと見えてくる。更に、企業の成長性の適正具合が診断できれば、現時点の立ち位置が分かり、今後の対策を立てやすくなる。例えば、企業の成長性が適正指標よりも劣っていれば成長性を向上させるための対策を検討することができるし、適正...

中小企業の安全性分析は、会社の安定経営を実現するうえで欠かせない経営診断である。なぜなら、企業の安全性が低下すると、たちまち経営が不安定になるからだ。企業の安全性が分かれば、社員や取引先からの信頼を勝ち取ることが出来るとともに、将来の投資戦略も自ずと見えてくる。また、企業の安全性が適正指標よりも劣っていれば安全性を向上させるための対策を検討することができるし、適正指標よりも優れていれば安全性を維持...

中小企業の生産性分析は、会社の安定経営を実現するうえで欠かせない経営診断である。なぜなら、高い生産性なくして、企業の成長はあり得ないからだ。企業の生産性が分かれば、会社の労働効率と収益性と共に、効率的な会社経営が出来ているか否かを判定することができる。また、企業の生産性が適正指標よりも劣っていれば生産性を向上させるための対策を検討することができるし、適正指標よりも優れていれば生産性を維持するための...

中小企業の収益性分析は、会社の安定経営を実現するうえで欠かせない経営診断である。なぜなら、高い収益性なくして、会社の成長はあり得ないからだ。企業の収益性が分かれば、成長投資の資金余力が分かり将来の投資戦略が自ずと見えてくる。また、適正な収益性を把握することで過剰投資等の経営判断の誤りを未然に防ぐこともできる。更に、企業の収益性が適正指標よりも劣っていれば収益性を向上させるための対策を検討することが...

中小企業のリスク分析は、会社の安定経営を実現するうえで欠かせない経営診断である。なぜなら、会社の経営リスクを見逃すと、衰退リスクが高まるばかりとなるからだ。将来の経営リスクが分かれば、やるべきことが自ずと見えてくる。例えば、企業の経営リスクが適正指標よりも高まっていればリスクを取り除くための対策を検討することができるし、適正指標よりも低下していれば現状を維持するための対策を検討することができる。会...

管理会計とは会社の数字を、有益な情報に変換、管理、運用し、企業の経営力を高める会計手法のことである。管理会計は決して難しいものではない。例えば、当期と前期の売上を用いて計算する売上成長率のモニタリングも立派な管理会計である。売上という数値を管理会計にインプットすると、経営采配の根拠材料になり得る売上成長率というアウトプットが導き出される。つまり、管理会計とは「会社の数字を良質な情報に変換させるフィ...

清算貸借対照表とは、一定の資産査定の手続きを経て作成される貸借対照表のことである。清算貸借対照表は、会社清算時、再建時、売却時、など等、会社の価値を表す純資産を計算する際に作成される程度で、経営者に馴染みのある資料ではないが、定期的に清算貸借対照表を作成することで得られるメリットもある。例えば、会社の価値(純資産)が一目瞭然で分かることは、清算貸借対照表を作成することで得られる最大のメリットといえ...

会社の資産診断は最低でも毎月1回は行った方がよい。なぜなら、資産診断結果を経営に反映させることで、会社衰退のリスクを抑えることができるからだ。会社の資産診断の根拠情報は貸借対照表を用いるが、資産診断で分かる会社の問題点は次の3つに絞られる。それは、「資本効率」、「支払能力」、「安全性」の3項目である。この3項目の資産診断結果が良好であれば、会社衰退のリスクは低いといえる。逆に、この3項目の資産診断...

会社の損益分析は最低でも毎月1回は行った方がよい。なぜなら、損益分析結果を経営に反映させることで、会社衰退のリスクを抑えることができるからだ。会社の損益分析の根拠情報は損益計算書を用いるが、損益分析で分かる会社の問題点は次の3つに絞られる。それは、「成長性」、「収益性」、「経費水準」の3項目である。この3項目の損益分析結果が良好であれば、会社衰退のリスクは低いといえる。逆に、この3項目の損益分析結...

中小企業が定期的に経営診断を行うと、会社衰退のリスクがどんどん低下する。なぜなら、経営診断を行うと、会社の経営課題と現状と目標の乖離が明らかになるからである。会社衰退の最大の原因は「経営課題の見落とし」にあるので、経営診断の効果は極めて大きいといえる。また、現状と目標の乖離が明らかになると、やるべきことが明確になるので、経営診断をするかしないかで、会社の成長スピードが大きく変わってしまう。中小企業...

経営診断の目的は、会社経営の異常を見つけるところにある。当然ながら、経営診断で明らかになった異常を見逃すと、会社の衰退リスクは高まるばかりとなる。(経営診断で明らかになった異常を見過ごした場合も、同様である)とはいっても、経営診断結果から異常を的確に見つけ出すスキルは、誰しも持っているわけではない。例えば、経営診断の異常はすべて数字に表れるが、数字を読み解く能力に劣っていると、正常/異常の判定を見...

経営目標なくして、会社の成長なし。会社の経営目標はそれほどに重要である。例えば、然るべき経営目標を掲げると、目標達成までの道筋が明確になり、会社の成長が一層加速する。当然ながら、然るべき経営目標がなければ、行き当たりバッタリの会社経営に陥り、成長が鈍化、或いは、会社が衰退まっしぐら、ということもあり得る。経営目標は多種多様である。言葉といった概念的なもの、数字といった論理的なもの、経営目標の範囲は...

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る