中小企業の経営診断/異常値の見つけ方|異常値は衰退リスクそのものである

中小企業の経営診断/異常値の見つけ方

 

経営診断の目的は、会社経営の異常を見つけるところにある。

 

当然ながら、経営診断で会社経営の異常を見逃すと、会社の衰退リスクが高まる。(経営診断で明らかになった異常を見過ごした場合も同様だ)

 

この記事では、中小企業の経営診断の肝になる異常値の見つけ方について、詳しく解説する。

 

 

経営診断は数字力で決まる

 

経営診断の目的は、会社経営の異常を見つけるところにある。

 

そして、経営診断結果から異常を的確に見つけ出すには、数字力が欠かせない。

 

例えば、経営診断の異常はすべて数字に表れるが、数字を読み解く能力に劣っていると、正常/異常の判定を見誤る。

 

人間には感情があるので、身体の異常を自分で感知し、更には、その異常を声に出して第三者に伝えることができるが、会社には、それができない。

 

経営診断で明らかになった会社の異常値は、誰かが正しく感知しなければ、一生、表面化することはないので、経営診断の運用効果は、数字力で決まるといっても過言ではない。

 

 

経営診断の異常は「数字」に表れる

 

中小企業において、経営診断の異常値を感知する役割りは経営者になる。

 

当然ながら、経営診断の異常値を経営者が見過ごすと、会社の業績は悪化する。

 

経営診断の異常値を的確に感知するには数字力が必須スキルになり、例えば、利益減少や現金減少といった衰退リスクを見逃すと、会社は危険な経営状況に陥る。

 

経営者の数字力次第で異常値を見逃す結果を招き、場合によっては会社の破たんリスクを高めることもあり得る。つまり、経営者の数字力によって、会社経営の破たんリスクが大きく変わるのだ。

 

中小企業は、経営者が数字に強くなるほど、会社経営の破たんリスクが低くなるので、外国語等の語学能力よりも優先して、数字力を磨くことをおススメする。

 

【関連記事】会社の数字に強くなる方法

 

 

経営診断は継続性が重要

 

経営診断の異常値を的確に感知するには、継続的な経営診断が欠かせない。

 

なぜなら、経営診断を継続的に行わないと、正常/異常の判定精度が低下するからだ。

 

経営診断の継続性なくして会社経営の異常を的確に見つけることは不可能といっても過言ではなく、経営診断の継続が長期にわたるほど会社経営の正常/異常の判定精度が高まり、会社経営が安定する。

 

また、財務諸表のデータだけでなく、その他の経営データ(顧客毎の収益・動向等)など、拾えるデータをすべて活用した経営診断を実施することも大切だ。

 

例えば、顧客毎の売上推移や来店推移は、会社全体の売上に連動していて、売掛金や在庫金額の推移は、現金残高(資金繰り)に連動している。

 

会社経営に関連する診断範囲が広がるほど会社経営の正常/異常の判定精度が上がり、会社の衰退リスクが一段と低下する。

 

➡NEXT「すぐ出来る経営診断のススメ」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 









 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
事業拡大なくして企業の存続なし。つまり、事業拡大の取組みは企業の生命線になります。事業拡大のための経営健全化から成長戦略に至るまで分かり易く徹底解説しています。
経営改善計画書は会社の最良の未来予想図を示すロードマップです。経営改善計画書の目的・効果・機能・作り方から計画の実効性を高める方法に至るまで徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


儲かる実践ノウハウ:プロ経営者直伝イノベーション売上拡大経営能力研鑚後継者育成生産性改善事業拡大顧客創造強い組織作り経営知識税金知識事業再生

経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
このページの先頭へ戻る