経営診断を活用して成長スピードを加速する

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

中小企業の経営診断/異常値の見つけ方

中小企業の経営診断/異常値の見つけ方

 

経営診断の目的は、会社経営の異常を見つけるところにある。

 

当然ながら、経営診断で明らかになった異常を見逃すと、会社の衰退リスクは高まるばかりとなる。

 

(経営診断で明らかになった異常を見過ごした場合も、同様である)

 

とはいっても、経営診断結果から異常を的確に見つけ出すスキルは、誰しも持っているわけではない。

 

例えば、経営診断の異常はすべて数字に表れるが、数字を読み解く能力に劣っていると、正常/異常の判定を見誤ってしまう。

 

人間には感情があるので、身体の異常を自分で感知し、更には、その異常を声に出して第三者に伝えることができるが、会社には、それができない。

 

経営診断で明らかになった会社の異常値は、誰かが感知しなければ、一生、表面化することはないのである。

 

 

経営診断の異常はすべて「数字」に表れる

 

中小企業において、経営診断の異常値を察知する役割りを担うのは、経営者である。

 

当然ながら、経営診断の異常値を、経営者が見過ごすと、会社の業績は悪化するばかりとなる。

 

そして、経営診断の異常値を的確に察知するには、数字力を高めなければならない。

 

例えば、利益がマイナス、或いは、現金残高が減少すると、会社の破綻リスクが高まる。

 

この場合、経営者の数字力が高ければ、事前に異常値を的確に察知し、破綻リスクを解消することができるかも知れない。

 

逆に、経営者の数字力が低ければ、異常値を見過ごしてしまい、会社はそのまま破たんしてしまうかも知れない。

 

このように、経営者の数字力の高低によって、会社経営の破たんリスクは大きく変わる。

 

中小企業は、経営者が数字に強くなればなるほど、会社経営の破たんリスクが低くなる。

 

経営者にとって、外国語等の語学能力よりも、数字力を磨いた方がよほど役に立つ。

 

➡おススメ記事「会社の数字に強くなる方法」へ

 

 

経営診断は継続性が重要

 

経営診断の異常値を的確に感知するには、継続的な経営診断が欠かせない。

 

なぜなら、経営診断を継続的に行わないと、正常/異常の判定精度が低下するからだ。

 

経営診断の継続性なくして、会社経営の異常を的確に見つけることは不可能といっても過言ではない。

 

経営診断の継続が長期にわたるほど、会社経営の正常/異常の判定精度が高まり、会社経営はますます安定する。

 

また、財務諸表のデータだけでなく、その他の経営データ(顧客毎の収益・動向等)など、拾えるデータをすべて広いあげて、経営診断することも大切である。

 

例えば、顧客毎の売上と売上総利益の推移や来店客数の推移は、会社全体の売上に連動していて、売掛金や支払手形の推移は、現金残高(資金繰り)に連動している。

 

会社全体の業績に関連している数値の把握度合いが高まるほど、会社経営の正常/異常の判定精度が高り、会社衰退のリスクはますます低下する。

 

➡NEXT「すぐ出来る経営診断のススメ」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 




 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る