管理会計の基本概要を徹底解説

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

中小企業を成長させる管理会計の基本

中小企業を成長させる管理会計の基本

 

管理会計とは会社の数字を、有益な情報に変換、管理、運用し、企業の経営力を高める会計手法のことである。

 

管理会計を端的に表現すると「会社の数字を良質な情報に変換させるフィルターのようなもの」である。

 

管理会計は決して難しいものではない。

 

例えば、当期と前期の売上を用いて計算する売上成長率のモニタリングも立派な管理会計である。

 

売上という数値を管理会計にインプットすると、経営采配の根拠材料になり得る売上成長率というアウトプットが導き出される。

 

中小企業の安定経営を実現するうえで、管理会計ほど優れた効果を発揮するツールはなく、管理会計の有り無しで、会社の成長が決まるといっても過言ではない。

 

なお、管理会計にインプットする情報の代表例は、決算書に記載されている数値である。

 

会社経営の実態を最も忠実に表しているのは会社の数字なので、決算書の数値は管理会計のインプットに最適な情報といえる。

 

とはいっても、決算書の実績金額を眺めただけでは、資産と負債のバランスが適正なのか、売上の成長率は適正なのか、利益の水準は適正なのか、といった会社経営の適正具合を判断することはできない。

 

管理会計は、数字の羅列を有益な経営情報に変換し、経営をサポートする役割を果たしてくれる。

 

また、幾通りにも及ぶ膨大な会社の数字(経営データ)を、有益な情報に整理・分類することも可能にする。

 

経営者の正しい判断と決断を支えるのは良質な情報なので、管理会計ほど安定経営をサポートするツールはない。

 

 

管理会計を導入すると経営力が格段に上がる!!

 

管理会計を会社に導入すると、経営判断の環境が飛躍的に向上する。

 

なぜなら、正しい根拠材料(判断材料)がたくさん増えるからだ。

 

管理会計が導き出だす答えには実績の裏付けがあるので、この情報を頼りに経営采配している限りは、たとえ経営者としての経験が多少劣っていたとしても、経営判断を大きく誤るリスクが小さくなる。

 

また、管理会計は四則演算(加減乗除・+-×÷)の世界である。

 

従って、簿記や会計の知識ゼロであっても、誰にでも習得することができる。

 

誰にでも習得できる管理会計だが、じつは、中小企業の管理会計導入率は極めて低い水準にある。

 

下表は、中小企業の管理会計未導入率と赤字経営の比率を表したグラフである。

 

 

中小企業の管理会計未導入率は8割と云われている。中小企業の7割が赤字経営と云われているので、管理会計未導入と赤字経営は相関がとれている。

 

管理会計なしの会社経営は、衰退リスクが極めて高いと言わざる得ない。

 

やはり、数字と経験をバランスよく織り交ぜた経営を行わないと、失敗のリスクは拭えない。

 

管理会計を導入すると、小さな変化をいち早く察知することができる。

 

当然ながら、業績悪化の小さな芽をいち早く察知することができれば、会社が大きく傾くことはない。

 

なお、管理会計を運用するうえで活用する経営指標の適正水準は業種業態、業績、企業文化や経営者の方針によって変化する。

 

それぞれの企業に合った適正水準は、管理会計を長期的に運用していくことでみえてくる。

 

当然ながら、適正水準が明確になると、経営改善の効率が飛躍的に高まる。

 

また、赤字経営に転落するリスクも著しく低下する。

 

 

管理会計の優れた基本メリットとは?

 

管理会計の基本メリットはさまざまあるが、主だったものを挙げると下記の通りである。

 

経営がみえる

経営が可視化される。例えば、業績と適正値(目標値)とのかい離が一目瞭然で把握できる。また、会社の健康状態が把握できるので、経営判断の精度が一層高まる。

 

将来がみえる

1年後の業績予測が可能になる。良い面も、悪い面も事前に対策を講じることが可能になり、より効率的かつ効果的な会社経営が実現できる。また、将来がみえることで漠然とした不安が払しょくされる。

 

課題がみえる

具体的な経営課題が浮き彫りになる。重要度別に優先順位をつけて経営課題に取り組むことで、よりスピーディーに、会社を成長させることができる。

 

効果がみえる

経営改善効果の数値変化が把握できる。自ずと経営改善効果の検証と実行サイクルのスピードが加速する。さらに、手ごたえをしっかり感じながら経営改善に取り組むことができる。

 

経営者が数字に強くなる

経営者の業績理解が深まり、経営者の数字力が高まる。また、経営者の決断力が高まり、会社経営の成功確率が格段に高まる。

 

➡NEXT「清算貸借対照表(簡易資産査定)の作り方」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る