中小企業がとるべき経営戦略|経営者必見の経営戦略ノウハウ

中小企業がとるべき経営戦略|経営者必見の経営戦略ノウハウ

 

会社経営において、経営戦略は会社の将来を形作る重要な道しるべになります。

 

また、経営戦略は、会社の経営方針や戦術の根幹を支える土台にもなるので、経営戦略の出来不出来で会社の将来が決定するといっても過言ではありません。

 

当然ながら、正しい経営戦略のもとには明るい未来がやってきますが、誤った経営戦略のもとには明るい未来がやってくることはなく、事実、誤った経営戦略を選択して、業績が伸び悩んでいる中小企業は少なくありません。

 

このカテゴリーでは、中小企業の成長発展を後押しする「中小企業に適した経営戦略」を数多く紹介しています。中小企業にマッチした経営戦略を展開すると、骨太な経営基盤が整い会社の成長発展が一層加速します。是非とも、参考にしてください。

中小企業がとるべき経営戦略|経営者必見の経営戦略ノウハウ記事一覧

会社の業績に直結するマーケティング活動は、経営の根幹を支える経営戦略の要といっても過言ではない。なぜなら、マーケティング活動が成功すると、会社の成長が一段と加速するからだ。マーケティング活動とは、商品が効率的に売れる環境を作る事業活動の総称のことなので、マーケティング活動を支える戦略は、会社の将来を形作る重要な道しるべになる。当然ながら、マーケティング戦略の出来が良ければ会社は成長するが、マーケテ...

市場競争の勝敗は、競合ライバル企業との勝負で決まる。当たり前だが、市場競争に生き残るには競合ライバル企業に勝つことが必須条件になる。競合に勝つためにすべきことは、競合企業を仮想ライバルと見立てて、自社の強みと弱みを徹底分析しながら経営改善を推進する方法が有効だが、多くの中小企業はこれが出来ていない。経営者自身が競合ライバル企業に勝つ気概を持ち、さらに、勝負に勝つための努力を継続しなければ、競合に勝...

品質重視の経営戦略は中小企業の収益力をグッと上げる。なぜなら、「品質」は、企業が提供する商品の価値を計る重要な基準になるからだ。例えば、高品質=高価、低品質=安価というように、品質は、商品価格を決定づける重要な要素を持っている。商品価格の高低は、そのモノの価値の優劣を決定し、更には会社の収益力までをも決める。この記事では、品質重視の経営戦略について、詳しく解説する。品質重視の戦略メリット品質重視の...

売上アップを実現する深掘り戦略は中小企業の事業価値を高める効果的な経営戦略の一つだ。深掘り戦略とは、既存事業を徹底的に掘り下げて付加価値を再発掘(再発見)し、売上アップを実現する戦略展開のことだが、深掘り戦略が徹底されている中小企業は意外と少ない。この記事では、中小企業に適した売上アップを実現する深堀り戦略について、詳しく解説する。深堀りすれば売上がアップする!!徹底した深堀り戦略は、売上アップに...

ニッチ戦略は中小企業の収益力をグッと高める優れた経営戦略だ。ニッチ戦略とは、ニッチ市場の構築を目指す戦略展開のことだが、競争の少ないニッチ市場の構築は、中小企業の安定経営を実現する一番の近道といっても過言ではない。この記事では、ニッチ市場を構築し企業の収益力を高める経営戦略について、詳しく解説する。ニッチ戦略のメリットとは?ニッチ戦略のメリットは、競争優位性の向上にある。競争の少ないニッチ市場を保...

経営と投資は一心同体である。なぜなら、会社の投資活動が、会社成長の原動力になるからだ。会社経営において投資は欠かせない活動のひとつだが、資金の調達手段に限りがあり、資本力に乏しい中小企業の場合、積極的な投資が仇となり倒産の危機に陥る会社も少なくない。この記事では、中小企業経営者が持つべき投資戦略の考え方、成長投資の原則、投資の回収基準に至るまで詳しく解説する。投資戦略を誤るとどうなるのか?投資戦略...

利益重視の経営戦略は会社の収益力を上げる効果がある。利益重視の経営戦略とは、利益拡大を最優先とする経営戦略のことで、中小企業が利益を拡大するには、迷わず利益重視の戦略を展開しなければならない。例えば、売上100円で利益が10円の商品と、売上50円で利益が20円の商品があれば、売上は半減するが、利益が2倍になる後者の商品を選択すべきだ。会社の生存を保障するのは売上ではなく利益であり、新しい売上を作る...

コスト削減の正しい戦略は「企業の付加価値を高めること」に尽きる。なぜなら、企業の付加価値を棄損するようなコスト削減を行うと、大概の会社は、衰退の一途を辿ってしまうからだ。企業の付加価値を高めるコスト削減を推進すると、競合他社よりも低コストで、同等かそれ以上の品質の商品を提供することができるようになり、自ずと、競争の優位性が高まる。競争の優位性が低下すると、途端に会社が衰退するので、コスト削減は企業...

ファブレス経営とは、自社で生産設備を持たずに、外部の協力工場に100%生産委託しているメーカーのことである。また、リース等を中心に経営基盤やビジネスモデルを構築し、自前で大きな資本(設備・機械・重機・人員・専門職)を抱えない事業戦略も、ファブレス経営手法のひとつだ。この記事では、中小企業に適したファブレス経営戦略について、詳しく解説する。ファブレス経営のメリットファブレス経営は、自らは商品の設計や...

多角化戦略とは、事業を多角的に展開する経営戦略のことだ。多角化戦略は、事業収益のリスク分散のメリットがある一方で、失敗に伴う業績悪化のリスクがある。従って、資金調達手段に限りのある中小企業ほど、多角化戦略を慎重に進める必要がある。わたし自身、多角化で失敗して危機的経営状況に追い込まれた中小企業をたくさん見てきたし、過去の歴史を振り返っても、多角化の戦略を誤って衰退した企業は数多にある。この記事では...

中小企業の売上拡大を図る経営戦略は、十人十色、企業の数だけある。従って、大手企業の販売戦略、巷に流れてる売上拡大の成功戦略などは、殆ど役に立たない。中小企業の売上拡大を実現する確かな方法は、売上拡大の正しい戦略を理解し、行動することだ。当然ながら、売上拡大の戦略を理解したとしても、行動が伴わなければ、売上は1円たりとも拡大しない。この記事では、売上拡大の基本戦略について、詳しく解説する。売上拡大の...

利益拡大を図る経営戦略は、安定経営の実現に欠かせない戦略である。なぜなら、会社の利益は、企業の存続を保障する重要な要素だからだ。中小企業の利益拡大は、会社の利益の足を引っ張る損失要因(赤字収支や赤字取引等の損失)を、徹底的に排除することで実現できる。つまり、会社の損失を徹底的に排除する活動が、利益拡大の基本戦略になる。利益の足を引っ張る損失要因は、会社の数字を分解すると見えてくる。会社の数字は、様...

中小企業の資金調達手段のひとつに、国や地方自治体からの補助金や助成金の活用がある。国や地方自治体からの補助金・助成金は、銀行融資とは違い、原則、返済義務がない。従って、資金力に乏しい中小企業にとって、補助金・助成金の活用は最も負担の少ない資金調達手段といえる。中小企業の補助金・助成金の活用範囲は幅広く、一例を挙げると次のような分野がある。中小企業の補助金・助成金の活用範囲☑社員採用、或いは、アルバ...

独占市場を拡大する経営戦略とは、一度築いた事業価値を陳腐化させない戦略展開のことである。独占市場を拡大するには、事業価値を陳腐化させないことが必須条件になる。なぜなら、一度築いた独占市場は、事業価値が陳腐化しない限り、縮小することがないからだ。例えば、1kgの純金の延べ棒を100gに10分割すれば、価値も1/10に減少する。事業価値も同様、売上1,000万円の店舗を近隣に10分割すれば、価値が1/...

中小企業の人材育成を成功させる人事戦略とは、経営者が社員の活動を徹底的にサポートする体制を構築する戦略展開のことである。会社の業績を上げるために、経営者の方針に則り、営業、製造、開発、等々、会社のあらゆる現場で手足を動かし、会社の事業活動を推進しているのは社員である。社員の活動がなければ、業績は上がらず、事業そのものも成立しない。当然ながら、社員の活動の質が優れていれば業績が上向くが、社員の活動の...

会社の成長は営業戦略で決まるといっても過言ではない。なぜなら、営業戦略によって営業部隊のパワーを一点に集中しないと、大きな営業効果を得ることができないからだ。当然ながら、営業戦略の立て方を誤ると、貴重な営業力が無駄に終わってしまうことがある。何といっても、モノを売る仕事ほど難易度の高いモノはなく、会社の収益性や永続性は会社の営業戦略で決まるといっても過言ではない。営業戦略は、会社の規模や環境によっ...

中小企業のブランディング戦略は、徹底した大企業との差別化にある。なぜなら、経営資源が豊富な大企業と同じ土俵で勝負しても、勝てる見込みがないからだ。従って、如何に大企業とは違う目線や手法でブランディングしていくかが、中小企業のブランディングを成功させる秘訣になる。ブランディングとは、会社名や商品等の認知度を高める活動のことだが、会社の成長と衰退は、ブランディングで決まるといっても過言ではない。例えば...

ブルー・オーシャン戦略とは、競争のない市場を創出し、競争自体を無意味化する経営戦略のことである。市場競争を無力化するブルー・オーシャン戦略は、少ない資本で勝負せざる得ない中小企業にとって、最も適した経営戦略といえる。ブルー・オーシャンとは読んで字のごとく、見渡す限りの地平線が見渡せる、青々とした大海原を表す。視界を阻む障害物は何もなく、競争のない世界観を表した言葉がブルー・オーシャンである。ブルー...

多くの中小企業経営者は成功に学ぶことに何の疑問も抱いていない。じつは、成功は偶然の産物であり、本来、成功の法則というものは存在しない。また、中小企業は人、モノ、カネ、情報が盤石ではないため、大企業向けの経営手法をそのまま導入しても、うまく機能しない。経営参考書に書かれていることを鵜呑みにした経営ノウハウも、同様にうまくいかない。なぜなら、中小企業の経営環境は十人十色だからである。経営環境が変われば...

多くの中小企業経営者は成功に学ぶことに何の疑問も抱いていない。じつは、成功は偶然の産物であり、本来、成功の法則というものは存在しない。また、中小企業は人、モノ、カネ、情報が盤石ではないため、大企業向けの経営手法をそのまま導入しても、うまく機能しない。経営参考書に書かれていることを鵜呑みにした経営ノウハウも、同様にうまくいかない。なぜなら、中小企業の経営環境は十人十色だからである。経営環境が変われば...

多くの中小企業経営者は成功に学ぶことに何の疑問も抱いていない。じつは、成功は偶然の産物であり、本来、成功の法則というものは存在しない。また、中小企業は人、モノ、カネ、情報が盤石ではないため、大企業向けの経営手法をそのまま導入しても、うまく機能しない。経営参考書に書かれていることを鵜呑みにした経営ノウハウも、同様にうまくいかない。なぜなら、中小企業の経営環境は十人十色だからである。経営環境が変われば...

会社経営に逆境はつきものである。長く会社経営を続けていると、必ず逆境がやってくる。経営資源や資本力に乏しい中小企業であればなおさらである。当然ながら、経営者が逆境に備えることなく日々を過ごしていては、逆境がやってきたときに、会社全体がパニックに陥ってしまう。逆境を乗り越えるために必要な戦略展開は山ほどあるが、逆境がやってきてから慌てて動いても手遅れである。逆境を乗り越えるには有事に備えた準備が必要...

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
このページの先頭へ戻る