マーケティング活動が経営戦略の要になる|中小企業が取るべきマーケティング戦略

マーケティング活動が経営戦略の要になる

 

マーケティング活動は、会社の成長発展を支える経営戦略の要になる。

 

なぜなら、マーケティング活動が成功すると、会社の成長が一段と加速するからだ。

 

この記事では、中小企業に適したマーケティング戦略、並びに、中小企業が取るべきマーケティング戦略について、詳しく解説する。

 

 

マーケティング活動とは?

 

マーケティング活動とは、商品が効率的に売れる環境を整える事業活動の総称である。

 

従って、マーケティング活動の成果を左右する戦略展開は、会社の将来(成長発展)を決定付ける重要な起点になる。

 

当然ながら、マーケティング戦略の出来が良ければ会社は成長するが、マーケティング戦略の出来が悪ければ会社は衰退する。

 

つまり、マーケティング戦略の出来不出来で、会社の盛衰が決まってしまうのだ。

 

 

中小企業に適したマーケティング戦略

 

会社の成長発展を支えるマーケティング戦略の大半は大企業の論理で構成されているが、中小企業に通用する戦略もある。

 

例えば、次に紹介する2つのマーケティング戦略は中小企業でも大いに活用することができる。

 

ひとつは、市場競争を優位に進めるためのマーケティング戦略であるフィリップ・コトラーが提唱した地位別戦略

 

もう一つは、ライバルとの競争を優位に進めるためのマーケティング戦略であるマイケル・E・ポーターが提唱した競争原理である。

 

この2つのマーケティング戦略は中小企業であっても大いに通用するので、しっかり活用することをお薦めする。

 

市場競争に役立つマーケティング戦略

コトラーが提唱した地位別戦略とは「リーダー・チャレンジャー・フォロワー・ニッチャー」の何れかを会社の競争地位として一つ選択するマーケティング戦略である。

 

ライバル競争に役立つマーケティング戦略

ポーターが提唱した競争原理とは「コストリーダーシップ・徹底した差別化・特定領域に集中」の何れかをひとつ選択するマーケティング戦略である。

 

 

中小企業が取るべきマーケティング戦略

 

会社の成長発展を支えるマーケティング戦略のなかでも多くの中小企業にとって重要な分野は、営業活動とブランド形成になる。

 

例えば、良いものを持っていながら業績が低迷している中小企業などは、営業活動とブランド形成のマーケティング戦略がマッチしていない可能性が高い。

 

中小企業の営業活動を支えるマーケティング戦略は「市場調査・広告展開・販売活動」の3つの戦略が重要になる。

 

そして、中小企業のブランド形成を支えるマーケティング戦略は「カテゴリーの焦点をひとつに絞る」ことが戦略成功の秘訣になる。

 

この営業活動とブランド形成を支えるマーケティング戦略がうまく展開できれば、商品が効率的に売れる環境が整い、事業拡大のスピードが一段と加速する。それぞれのマーケティング戦略について、さらに詳しく解説する。

 

 

営業活動を支えるマーケティング戦略

 

中小企業の営業活動を支えるマーケティング戦略を成功させるには「市場調査・広告展開・販売活動」の3つのマーケティング活動が生命線になる。

 

市場調査

市場調査とは、商品を必要としている顧客像を明らかにするマーケティング活動である。商品の顧客像が明らかになれば、商品設計・販促展開・営業戦略等のマーケティング活動が効率化されるので、マーケット拡大のスピードが飛躍的に上がる。事業の大失敗の大半はターゲット顧客の選定ミスに起因しているので、最も重要なマーケティングになる。

 

広告展開

広告展開とは、会社や商品の付加価値を然るべき顧客に伝達するマーケティング活動である。中小企業は、大企業に勝る付加価値を、大企業とは違う広告手法で顧客に伝達する戦略が成功の秘訣になる。また、既存顧客だけでなく、潜在顧客に対する広告展開を充実させることが、このマーケティング戦略の重要ポイントになる。

 

販売活動

販売活動とは、商品販売の効果を最大化する市場を構築するマーケティング活動である。適正な価格で、安定的に売れる環境を整えることが、長期的なプラス成長を実現する秘訣になる。つまり、安売りや値引きに頼らない健全なマーケットを如何に維持するかが、このマーケティング戦略の重要ポイントになる。

 

 

ブランド形成を支えるマーケティング戦略

 

ブランドマーケティングの基本戦略は、カテゴリー(ターゲット)の焦点をひとつに絞って、ブランド力を研鑽するところにある。

 

例えば、ラーメン店であれば、みそ、しょうゆ、しお、とんこつ、つけ麺とブランドカテゴリーと顧客ターゲットを増やすのではなく、みそラーメン専門店というように、カテゴリーの焦点をひとつに絞るブランドマーケティングを展開した方が、ブランド価値が高まる。

 

そして、ブランドカテゴリーをひとつに絞った後は、ターゲット顧客層に対してブランド価値を表すひとつのメッセージを送り続け、さらには、そのメッセージの質を高める企業努力を継続することで、ブランド価値が一段と高まる。

 

なお、ひとつのブランドカテゴリーでうまく戦略展開ができない場合は、確実にライバルに勝てるカテゴリーを新しく作る方法もおススメの戦略になる。

 

ブランドカテゴリーの焦点がひとつに絞られると、事業効率が著しく上がるので、このマーケティング戦略は一石二鳥の効果がある。

 

伊藤のワンポイント

マーケティングを制する者が市場を制すると云われるようにマーケティングは会社の盛衰を決定付ける重要な活動です。しかも、マーケティングは会社経営の中で一番難易度が高い領域でもあります。営業活動の精度を高める為に何をすべきか、ブランド力を高める為に何をすべきか、基本に立ち返って取り組んでください。

 

➡NEXT「競合ライバル企業に勝つ2つの戦略」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

当サイトのコラム記事はビジネスコンサルティング・ジャパン株式会社が執筆・監修しています

 






 


人気記事ランキング

なぜ会社が衰退するのか?なぜ会社経営に失敗するのか?私の経験から分かった中小企業の成長と衰退の法則と共に、会社経営の成功のカギを詳しく解説しています。

企業存続の条件は様々あるが、絶対的な条件に絞ると3つあり、この3つの何れかが欠けると企業存続の可能性が低下する。企業存続の絶対条件について解説しています。

経営改善計画書は会社の最良の未来予想図を示すロードマップです。経営改善計画書の目的・効果・機能・作り方から計画の実効性を高める方法に至るまで徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


実践ノウハウ:経営コンサル直伝イノベーション売上拡大経営能力研鑚後継者育成生産性改善事業拡大顧客創造強い組織作り経営知識税金知識事業再生

経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
このページの先頭へ戻る