実践的マーケティング戦略

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

マーケティング活動が経営戦略の要になる|中小企業が取るべきマーケティング戦略とは

マーケティング活動が経営戦略の要になる

 

会社の業績に直結するマーケティング活動は、経営の根幹を支える経営戦略の要といっても過言ではない。

 

なぜなら、マーケティング活動が成功すると、会社の成長が一段と加速するからだ。

 

マーケティング活動とは、商品が効率的に売れる環境を作る事業活動の総称のことなので、マーケティング活動を支える戦略は、会社の将来を形作る重要な道しるべになる。

 

当然ながら、マーケティング戦略の出来が良ければ会社は成長するが、マーケティング戦略の出来が悪ければ会社は衰退する。

 

つまり、マーケティングの戦略次第で、会社の成長と衰退が決まってしまうのだ。

 

この記事では、中小企業に適したマーケティング戦略から中小企業が取るべきマーケティング戦略の具体的実践法に至るまで、詳しく解説する。

 

 

 

中小企業に適したマーケティング戦略とは?

 

会社経営の根幹を支えるマーケティング戦略の殆どは大企業の論理で構成されていて、中小企業に通用しない戦略も少なくないが、次に紹介する2つのマーケティング戦略は中小企業に大いに活用することができる。

 

ひとつは、市場競争に役立つマーケティング戦略であるフィリップ・コトラーが提唱した地位別戦略、もう一つは、ライバル競争に役立つマーケティング戦略であるマイケル・E・ポーターが提唱した競争原理である。

 

この二つの基本戦略は中小企業のマーケティングにも大いに活用できるので、是非、活用してほしい。

 

市場競争に役立つマーケティング戦略

コトラーが提唱した地位別戦略とは、「リーダー」、「チャレンジャー」、「フォロワー」、「ニッチャー」の何れかを会社の競争地位としてひとつ選択して、マーケティング戦略を展開する手法である。

 

ライバル競争に役立つマーケティング戦略

ポーターが提唱した競争原理とは、「コストリーダーシップ」、「徹底した差別化」、「特定領域に集中」の何れかをひとつ選択して、マーケティング戦略を展開する手法である。

 

なお、この二つの実践的かつ具体的なマーケティング戦略は「会社を拡大する営業戦略の実践ノウハウ」の記事で詳しく解説しているので、是非、参考にしてほしい。

 

 

中小企業が取るべきマーケティング戦略とは?

 

会社経営を支えるマーケティング戦略のなかでも多くの中小企業にとって重要な分野は、営業活動とブランド形成である。

 

例えば、良いものを持っていながら業績が低迷している中小企業などは、営業活動とブランド形成のマーケティング戦略を誤っているケースが多い。

 

中小企業の営業活動を支えるマーケティング戦略は「市場調査」、「広告展開」、「販売活動」、この3つの戦略が重要である。

 

そして、中小企業のブランド形成を支えるマーケティング戦略は、カテゴリーの焦点をひとつに絞ることが戦略成功の秘訣になる。

 

この営業活動とブランド形成を支えるマーケティング戦略がうまくいけば、商品が効率的に売れる環境が整い、事業拡大のスピードが一段と加速する。

 

それぞれのマーケティング戦略について、さらに詳しく解説する。

 

 

営業活動を支えるマーケティング戦略

 

中小企業の営業活動を支えるマーケティング戦略を成功させるには、最低限「市場調査」、「広告展開」、「販売活動」の3つのマーケティング活動を理解しなければならない

 

市場調査

市場調査とは、商品を必要としている顧客像を明らかにするマーケティング活動である。商品の顧客像が明らかになれば、その後の広告展開、販売戦略が明快になるので、マーケット拡大の可能性が飛躍的に高まる。

 

広告展開

広告展開とは、商品の付加価値を然るべき顧客に伝達するマーケティング活動である。大企業に勝る商品付加価値を発掘し、大企業とは違う広告手法で顧客に対する広告活動を推進することが、成功のポイントになる。

 

販売活動

販売活動とは、商品販売の効果を最大化する市場を構築するマーケティング活動である。適正な価格で、安定的に売れる環境を整えることが、長期的なプラス成長を実現する秘訣である。安売りや値引きに頼らない健全なマーケットを如何に維持するかが、成功のポイントになる。

 

 

ブランド形成を支えるマーケティング戦略

 

ブランドマーケティングの基本戦略は、カテゴリー(ターゲット)の焦点をひとつに絞って、ブランド力を構築するところにある。

 

例えば、ラーメン店であれば、みそ、しょうゆ、しお、とんこつ、つけ麺とブランドカテゴリーと顧客ターゲットを増やすのではなく、みそラーメン専門店というように、カテゴリーの焦点をひとつに絞るブランドマーケティングが、強いブランドを作る秘訣になる。

 

そして、ブランドカテゴリーをひとつに絞った後は、ターゲット顧客層に対してブランド価値を表すひとつのメッセージを送り続けること、さらには、そのメッセージの質を高める企業努力の継続が欠かせない。

 

ひとつのブランドカテゴリーでうまく戦略展開ができない場合は、確実にライバルに勝てるカテゴリーを新しく作る方法もおススメの戦略だ。

 

なお、ブランドカテゴリーの焦点がひとつに絞られると、事業効率が著しく上がるので、このブランドマーケティングの基本戦略は、一石二鳥の効果がある。

 

➡NEXT「競合ライバル企業に勝つ2つの戦略」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る