競争地位がマーケティングの成功戦略を生み出す

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

競争に勝ち市場シェアを拡大するマーケティング戦略|競争地位のポジショニング戦略

競争に勝ち市場シェアを拡大するマーケティング戦略

 

競争に勝ち市場シェアを拡大することは、会社が生き残るうえで必須のマーケティングといえる。

 

なぜなら、競争に敗れると、即、市場から退場せざる得なくなり、会計経営が行き詰ってしまうからだ。

 

市場での競争に勝つには、自分の会社が、市場のどの競争地位に属しているのかをハッキリさせる必要がある。

 

当然ながら、市場での競争地位が曖昧だと、展開するマーケティング戦略そのものも曖昧なものになってしまい、効果的に市場を拡大することができなくなってしまう。

 

場合によっては、マーケティング戦略を誤り、会社が衰退してしまうこともあり得る。

 

自分の会社の市場での競争地位を明確にすることが、競争に勝って市場シェアを拡大する、マーケティング戦略成功の秘訣なのだ。

 

なお、市場における競争地位は次の4つに分類される。

 

「リーダー」、「チャレンジャー」、「フォロワー」、「ニッチャー」である。

 

リーダーとは、競争に勝ち続け、市場シェアトップをキープしている会社である。

 

チャレンジャーとは、市場シェア二番手の会社として、リーダーとの競争を熾烈に繰り広げている会社である。

 

フォロワーとは、市場シェア三番手以下の会社で、リーダーを追走している会社である。

 

ニッチャーとは、小さな市場でトップシェアを誇る会社である。

 

ちなみに、この競争地位を分類するマーケティング戦略は、フィリップ・コトラーが提唱した地位別戦略である。コトラーはこの4つの競争地位を明確にしたうえでマーケティング戦略を展開することが重要だと主張している。

 

中小企業が競争に勝ち市場シェアを拡大するために展開するマーケティングに十分活用できる基本戦略なので、是非とも、覚えてほしい。

 

 

中小企業が競争に勝ちシェアを拡大するマーケティング戦略とは?

 

中小企業が競争に勝ちシェアを拡大するマーケティング戦略を成功させるには、第一に競争地位を明らかにしなければならない。

 

競争地位は、マーケットの規模を世界、アジア、日本、特定地域といったエリアに分けて分類すると分かりやすく、中小企業の場合は、特定地域に絞り込んで競争地位を分類した方が、その後のマーケティング戦略が効果的なものに仕上がる。

 

なお、特定地域は、特定の顧客層、或いは、特定の販売網に変換してもよい。

 

例えば、特定のエリア(地域・顧客層・販売網)で市場シェアナンバーワンをキープしている中小企業は決して珍しくない。

 

この場合は、リーダーという競争地位でマーケティング戦略を展開することになる。

 

リーダーのマーケティング戦略のポイントは、二番手以下の会社が出してくる商品やサービスを徹底的に取り込む同質化を積極展開し、市場シェア1位をキープするところにある。

 

市場シェア二番手のチャレンジャーのマーケティング戦略のポイントは、リーダー企業を攻撃しつつ、フォロワー企業のシェアを徹底的に奪い取る戦略展開にある。

 

市場シェア1位と3位以下を常に監視しつつ、綿密なマーケティング戦略を展開することが成功の秘訣になる。

 

市場シェア三番手のフォロワーのマーケティング戦略のポイントは、小さな市場でトップシェアを誇るニッチャーへの転換である。

 

なぜなら、フォロワーのマーケティング戦略は報われないことが多いからだ。多くの経営者が口を揃えて、市場シェア1位、2位以外は意味がないと言っている理由は、ここにある。

 

小さな市場でトップシェアを築いているニッチャーのマーケティング戦略のポイントは、他社が真似できない、或いは、簡単に同質化されない商品やサービスの提供にある。

 

また、競争環境にないニッチマーケットをいち早く抑えるマーケティング展開も欠かせない。加えて、顧客、品質、価格、サービスの何れかの専門性を高める努力も不可欠である。

 

ニッチャー戦略は中小企業が厳しい市場競争を勝ち抜くうえで、最も有効なマーケティング戦略といえる。

 

➡NEXT「顧客ターゲット層を明らかにして販売を拡大する方法」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る