経営者必見のお悩み解消ノウハウ

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

中小企業経営者の悩みTOP3と解決策

中小企業経営者の悩みTOP3と解決策

 

経営者は、悩みがあって当然である。

 

なぜなら、トップダウン構造にある中小企業は、あらゆる局面で生じる重要な経営判断が経営者に集中してしまうからだ。

 

中小企業の経営成績が経営者の能力に比例すると云われる所以はここにある。

 

経営者として、あらゆる局面で正しい経営判断を下すには、優れた経営力が必要だが、経営全般をカバーする確かな経営力を持っている経営者は決して多くない。

 

わたしの経験から見ても、経営全般、つまり広範囲にわたって高い専門性が身についているゼネラリストタイプの経営者よりも、商品技術、或いは販売営業など、特定の専門分野が得意なスペシャリストタイプの経営者の方が圧倒的に多い印象がある。

 

中小企業向けに無料経営相談を開設している中小機構(独立行政法人)に寄せられる相談内容をみても、最も多い悩みが「経営全般」となっている。

 

下のグラフは、中小機構に寄せられた年間12,000件の悩み相談の内容を分類したものである。

 

 

グラフをご覧の通り、多くの中小企業経営者が、経営全般に対してたくさんの悩みを抱えていることが分かる。

 

 

中小企業経営者のお悩みトップ3

 

中小企業経営者の悩みの多くが経営全般ということが分かったが、その中でも、最も多くの経営者が悩みを抱えている領域はなんだろうか?

 

経営の悩みを上位3つに絞って、さらに詳しく解説していきたい。

 

中小企業経営者の悩みトップ3は、「売上拡大」、「コスト削減」、「資金調達」である。

 

▶売上はどう伸ばせばよいのか?

 

▶過分なコストをどう下げればよいのか?

 

▶運転資金はどう調達したらよいのか?

 

何れも、どんな会社にも当てはまる経営課題であり、多くの経営者が悩みを抱えているテーマではないかと思う。

 

早速、順を追って、それぞれの経営の悩みの要点と解決策を解説していこう。

 

 

売上はどう伸ばせばよいのか?

 

売上の伸び悩みは多くの中小企業が抱える大きな課題である。

 

事実、売上をどう伸ばせばよいか悩んでいる経営者は少なくない。

 

売上拡大の悩みを解消するうえで、大企業の幹部経験者、会計士、税理士などによる指導やアドバイスは殆ど役立たない。

 

銀行や業界団体が主催する商談会や展示会への参加も悩みを解決する手立てには殆どならない。

 

では、どうすれば悩みが解消できるのか?

 

答えは「売上を伸ばすという考えを捨てる」である。

 

多くの経営者は売上を拡大しないと会社の存続が危うくなると思い込んでいる。

 

しかしながら、会社の存続を保障するのは「売上」ではなく、会社の「利益」である。

 

たとえ売上が1億円増えたとしても、利益が1円も増えなければ、意味がない。

 

そもそも、売上を増やすための成長投資の原資は「利益」である。

 

利益なくして、売上は増えないのである。

 

売上を伸ばすという考えを捨てて、利益を拡大するという考えに切り替えると、行動の選択肢が無限に広がる。

 

なぜなら、利益拡大の方策は沢山あるからだ。

 

人員効率化、コストカット、粗利改善、不採算事業からの撤退、不採算商品やサービスの終売、そして、売上拡大もひとつである。

 

利益拡大の対策が効果を上げ始めると、利益が2倍、3倍と増えていき、会社に大きなゆとりが生まれる。

 

当然ながら、売上が2倍、3倍と増えても、利益が一向に増えなければ、会社にゆとりが生まれることはない。

 

利益拡大に役立つ具体的な方法論は次に紹介している記事で徹底解説している。是非とも参考にして、売上の悩みを解消してほしい。

 

売上の悩み解消に役立つ記事はこちら

 

 

過分なコストをどう下げればよいのか?

 

会社の生産性を高めるコスト削減は経営資源の乏しい中小企業にとって重要な活動である。

 

また、コスト削減は、会社の生産性と共に事業の収益性も高めるので、市場における優位性と競争力を一段と押し上げる効果がある。

 

しかしながら、実際にコスト削減に取り組もうとしても、さまざまな悩みを抱えている経営者は少なくない。

 

例えば、次のような悩みは多くの経営者が抱えている。

 

☑どこから手を付けてよいのか分からない

 

☑コスト削減が原因で売上が下がるのが怖い

 

☑コスト削減が原因で顧客が離れるのが怖い

 

短期間の経営者セミナーや研修に参加しても、即効性のあるコスト削減手法を身につけるのは容易ではない。

 

とはいっても、手探りのコスト削減では、悩みが解消されるどころか、悩みの種が広がってしまうかも知れない。

 

では、どうすれば悩みが解消できるのか?

 

答えは、「まず第一に、コストを集計し、コストの実態を詳細分析する」である。

 

コストを減らすには、現状のコスト構造を知る必要がある。そのうえで、コストの実態を詳細分析して、削減の余地があるか否かを徹底的に分析する必要がある。

 

例えば、

 

☑会社の事業活動にどんなコストがかかっているのか?

 

☑それぞれのコストは事業活動に貢献しているのか?

 

☑それぞれのコストは増えているのか、減ってるのか?

 

☑増えているコストは、なぜ増えているのか?

 

などなど、コストの実態を詳細に分析しなければ、コスト削減の成功確率は著しく低下する。

 

例えば、この初期分析作業を怠って闇雲にコスト削減を始めると、かえって会社経営に支障がでて、業績が傾くことが往々にしてある。

 

誤ったコスト削減が原因で業績が傾くと修復が困難になる。

 

コスト削減に役立つ具体的な方法論は次に紹介している記事で徹底解説している。是非とも参考にして、コストの悩みを解消してほしい。

 

コストの悩み解消に役立つ記事はこちら

 

 

運転資金はどう調達したらよいのか?

 

運転資金の調達(資金繰り)に悩む中小企業経営者は少なくない。

 

何といっても、事業活動には様々な資金を要する。

 

日頃の事業活動に必要な運転資金だけでなく、会社の成長に欠かせない投資資金、生産やサービス拡大のための設備投資資金、既存設備の老朽化対策や保守修繕資金等々、資金用途は多種多様である。

 

会社の収益が潤沢であれば自社調達で資金を賄えるが、多くの中小企業は収益に余裕がなく資金調達の手段が限られている。

 

では、どうすれば悩みが解消できるのか?

 

答えは、「現金の回収を急ぎ、会社の利益を拡大する」である。

 

運転資金の調達に悩むということは、日頃から資金繰りがうまくいっていないというである。

 

資金繰りがうまくいかない原因として考えられることは、売掛金や支払手形等、売上債権の現金化が遅いということだ。

 

例えば、黒字経営にも拘わらず資金繰りに悩んでいる会社は、売上債権の回収期間が長期化している傾向が強い。

 

この場合、売上債権の回収を2カ月から1ヵ月に短縮すると、売上債権1ヵ月分の現金が増加する。

 

現金の回収を急ぐだけで、資金繰りを改善することができるのだ。

 

現金収支を最優先するということはキャッシュフローを重視するという事でもある。

 

キャッシュフローを重視した経営は資金繰りを改善するだけでなく投資効率や利益水準の改善も後押しする。

 

そして、資金繰りが改善した後は、会社の利益を拡大することを考えることが重要である。

 

利益が、現金の源泉になるからだ。

 

利益拡大のヒントは、「売上はどう伸ばせばよいのか?」で述べた通りである。

 

資金繰り改善と共に、利益が拡大されると、銀行をはじめ、外部からの資金調達も容易になる。

 

なお、資金調達に役立つ具体的な方法論は次に紹介している記事で徹底解説している。是非とも参考にして、運転資金の悩みを解消してほしい。

 

運転資金の悩み解消に役立つ記事はこちら

 

 

中小企業経営者のお悩み解決の糸口はどこにあるのか?

 

日本の中小企業の数は約400万社強で推移している。

 

このなかで、次世代にバトンタッチできる健全経営を実現している中小企業の数は、わたしの感覚では10%以下、わずか40万社程度である。

 

つまり、残りの360万社の中小企業は、現状の経営に何らかの衰退リスク(悩み)を抱えているということだ。

 

わたしが実践している経営手法を導入すれば、経営資源が乏しい中小企業であっても経営者のヤル気ひとつで業績を改善することができる。

 

当サイトには、すべての中小企業に通用する経営ノウハウを厳選して公開している。

 

なかでも、「中小企業必見の儲かる実践経営ノウハウ」には、すぐに実践できる儲かる経営ノウハウを厳選公開しているので、是非とも、参考にしてほしい。

 

きっと、経営の悩みが緩和されるはずだ。

 

➡NEXTトップページへ戻る

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る