経営者はしんどいが成功すれば人一倍の幸せを勝ち取れる

経営者はしんどいが成功すれば人一倍の幸せを勝ち取れる

 

経営者の仕事はじつにしんどい...。

 

トップダウン構造にある中小企業ほど様々な決断が経営者に集中するので悩みの量やストレスの負荷が半端ない。

 

この記事では、経営者のしんどさ、並びに、経営のしんどさから抜け出す方法について、詳しく解説する。

 

 

なぜ経営者はしんどいのか?

経営者はしんどいが成功すれば人一倍の幸せを勝ち取れる

 

なぜ経営者はしんどいのか?

 

それは、会社のトップに君臨する最高経営責任者だからだ。

 

会社のトップである社長の立場は実にしんどい。なぜなら、最終決断するのも社長、経営責任を負うのも社長、副社長以下すべてスタッフの不平不満の矛先も社長、とにかく、会社経営に関わる全てのストレスを背負うのが社長の立場だからだ。

 

トップダウン構造にある中小企業ほど様々な決断責任や采配責任が経営者に集中するので、悩みの量やストレスの負荷が半端なく、経営者としての力量が不足するほど、しんどい思いをする。

 

 

経営のしんどさから抜け出す方法

経営者はしんどいが成功すれば人一倍の幸せを勝ち取れる

 

経営のしんどさから抜け出す方法は3つある。

 

ひとつは専門家を活用すること、二つめは好調な業績をキープすること、三つめは経営者の必須スキルとマインドを身につけることだ。経営のしんどさから抜け出すそれぞれの方法を詳しく解説する。

 

専門家を活用する

経営者のしんどさの正体は大きな悩みや不安感に行きつく。こうした悩みや不安感は専門家を活用すれば確実に解消される。弁護士等の士業、マーケティング等の特定分野のコンサル、私のような経営コンサルタント等、しんどくなったら悩みや不安感の元になっている分野の専門家に速やかに相談することがしんどさから抜け出す確かな方法になる。

 

好調な業績をキープする

経営者は業績が悪化するほどしんどい思いをする。お金の苦労や組織内の苦労が山積し、しんどさがピークに達すると参ってしまう社長もいる。こうしたしんどさは好調な業績をキープすることで解消される。つまり、衰退を予見し先手を打つ会社経営の実践が、しんどさから抜け出す確かな方法になる。

 

経営者の必須スキルとマインドを習得する

経営者のスキルとマインドが不十分だと、会社経営の悩みが次々と生まれて、次第にしんどさが増していく。こうしたしんどさは経営者の必須スキルとマインドを習得することで解消される。つまり、経営者の自己研鑽がしんどさから抜け出す確かな方法になる。

 

 

成功すれば人一倍の幸せを勝ち取れる

経営者はしんどいが成功すれば人一倍の幸せを勝ち取れる

 

経営者にとってしんどい思いをするのは辛いものだが、そのしんどさ(現実)を受け止めてしまえば、前に進む勇気が湧いてくる。

 

しんどさを背負ったら、このしんどさと同じくらいの幸せが訪れると思って、プラス思考でしんどさを受け入れ一歩ずつ成功のステップを歩めば必ず幸せが訪れるものだ。

 

ピンチはチャンスと捉えて諦めずに努力することが大切で、何事も努力を継続すれば必ず活路は開ける。

 

経営者は沢山のストレスを抱え、しんどい思いも沢山するが、経営者として成功することができれば人一倍の幸せを勝ち取れる。

 

成功を勝ち取るには、しんどさを抱えても、絶対に成功するという強い想いを持って成功するための歩みを止めないことが大切だ。

 

➡「小さな会社の社長の悩みを解決する11のメソッドを動画で学ぶ」へ

 

当サイトのコラム記事はビジネスコンサルティング・ジャパン株式会社が執筆・監修しています

 






 


人気記事ランキング

なぜ会社が衰退するのか?なぜ会社経営に失敗するのか?私の経験から分かった中小企業の成長と衰退の法則と共に、会社経営の成功のカギを詳しく解説しています。

企業存続の条件は様々あるが、絶対的な条件に絞ると3つあり、この3つの何れかが欠けると企業存続の可能性が低下する。企業存続の絶対条件について解説しています。

経営改善計画書は会社の最良の未来予想図を示すロードマップです。経営改善計画書の目的・効果・機能・作り方から計画の実効性を高める方法に至るまで徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


実践ノウハウ:経営コンサル直伝イノベーション売上拡大経営能力研鑚後継者育成生産性改善事業拡大顧客創造強い組織作り経営知識税金知識事業再生

経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
このページの先頭へ戻る