経営者必見の実践的経営ノウハウ

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

経営者を助ける極上経営ノウハウ

経営者を助ける極上経営ノウハウ

 

中小企業の社長業ほど専門性の高い職業はない。

 

社長業は、基本、一人家業なので、組織に頼ることも、チームに頼ることもできない。

 

何といっても、経営者は孤独である。

 

経営の悩みも沢山抱える。

 

放っておくと経営課題も山積する。

 

経営者は、それら諸々のことをうまく対処しながら会社を経営しなければならない。

 

中小企業の成功ノウハウは企業の数ほどあるので、経営者ひとりの力で孤独や悩みを解消するのは至難の業だ。

 

このカテゴリーでは「経営者を助ける極上経営ノウハウ」を数多く紹介している。

 

売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の悩みの種は至るところに潜んでいる。

 

さまざまな経営状況の悩みを解消するべく会社経営の実践的な経営ノウハウを出し惜しみなく公開している。是非とも、参考にしてほしい。

経営者を助ける極上経営ノウハウ|会社経営の実践的ノウハウ記事一覧

会社経営の本質は、未来永劫、営みを継ける(続ける)ことである。経営を続けるために経営者がすべきことは二つあり、ひとつは黒字経営の持続、もう一つは利益の拡大である。黒字経営で生み出された利益は成長投資のサイクルを作り、成長投資は会社の付加価値を高め、競合他社よりも優位な立場を作り、更に利益を拡大する。黒字経営と利益拡大が会社経営の大原則になるが、成長発展を持続させるために欠かせない要素が二つある。そ...

売上を上げなければ、事業は成り立たない。当然ながら、売上がなくなると会社のお金が底をつき、最終的には会社が倒産する。経営者にとって売上は喉から手が出るほど欲しいものであり、道端に落ちていれば真っ先に拾ってしまうものかも知れないが、売上を上げる前に経営者が理解すべきことがある。それは、儲かる売上を上げる方法をしっかり理解するということだ。儲かる売上とは、利益(お金)の残る売上のことである。逆に、儲か...

会社経営の目的は、利益の最大化にある。なぜなら、会社の利益は、会社の事業価値を決定づけるからだ。例えば、大きな利益を生み出す会社の事業価値は大きいといえる。逆に、利益を生み出さない会社の事業価値は小さいといえる。事業は競争原理の中で成立しているので、ボランティアでは成立しない。当然ながら、利益最大化という目的を見失うと、いとも簡単に経営は行き詰る。利益の最大化は会社の存続を保証する不可欠な要素でも...

計画なくして、会社経営の成功なし。会社経営にとって、計画はそれほどに重要な要素を持っている。社会的にも計画の重要性は増している。例えば、人事評価などでも、結果と同等以上に計画(プロセス)を評価する動きが加速している。段取り八分、準備万端、人事を尽くして天命を待つ、など等、計画の重要性を表した云われやことわざも沢山ある。中小企業の会社経営においても、計画はあらゆる領域で活用され、経営を助ける働きをす...

会社を経営するうえで、投資は欠かせない。なぜなら、投資をしなければ、会社が成長することは無いからである。投資には、色々なものがある。お金のかかる投資、お金のかからない投資、或いは、市場開拓、商品開発、人材採用、人材育成、設備投資、設備保全、システム開発、システム保全、広告投資、など等、挙げたらキリがない。会社の成長を加速するには、会社が保有している経営資源を最大化するため、或いは、経営環境を最適化...

他人からお金を借りることを「借金」という。借金を元手にすれば、自分の財布の中身を減らすことなく、商売を始めることができる。場合によっては、元手0円から大儲けすることもできる。例えば、お金を100万円借りて、100万円分の商品を仕入れて、その商品を300万円で完売した場合、100万円の借金を返しても、手元に100万円の儲けが残る。この儲けを元手にさらに商品を仕入れて販売すれば、儲けはみるみる大きくな...

生産性とは、労働の投下に対する収益性の評価基準の一種である。例えば、生産性の高い仕事を提供すれば、少ない労力で大きな収益を得ることが可能になる。逆に、生産性の低い仕事を提供してしまうと、大きな労力にも関わらず少ない収益しか得られない、ということになる。中小企業はヒトだけではなく、あらゆる領域の経営資源が脆弱なので、如何に生産性の高い仕事ができるか否かが、企業の存続を決定するといっても過言ではない。...

会社経営において失敗しないことは、成功することよりも重要なことである。なぜなら、資本力の小さな中小企業は、ほんの小さな失敗が原因で経営が大きく傾くことがあるからだ。中小企業の失敗リスクは会社経営の至るところに潜んでいる。万が一、失敗リスクが顕在化(現実化)してしまうと、即、経営の失敗に繋がってしまう。従って、会社に潜在している失敗リスクを如何に小さいうちに見つけ出し、如何に素早く失敗リスクの芽を摘...

確かな見通しを立てれば、会社の経営は自ずと安定する。なぜなら、確かな見通しという将来基準をもとに、今すべきことを決めて実行に移している限り、経営を大きく誤ることはないからだ。見通しは、会社経営のみならず、人生にも深く関わりがある。例えば、人の言動の大部分は、未来の見通しを起点に、今(現在)が決まっている。合格ラインに達していないから勉強する、遅刻しそうだから走る、雨が降りそうだから傘を持っていく、...

多角化経営とは、事業を多角的に幅広く展開していく経営戦略のことである。多角化経営には、事業収益のリスク分散のメリット(リターン)がある一方で、失敗に伴う業績悪化のデメリット(リスク)がある。資本力の小さい中小企業においては、メリットよりも、デメリットの方が上回っているのではないかと思う。なぜなら、多角化経営が成功する確率は、決して高くないからだ。そもそも多角化事業とは、「本業とは違う分野の事業を新...

中小企業の成長は、経営者の決断力で決まるといっても過言ではない。なぜなら、トップダウン構造にある多くの中小企業は、経営者の決断が会社の成長に大きな影響を及ぼすからだ。例えば、新商品発売の決断を先送りしている最中に、ライバル会社が同様の新商品を発売してしまったら、どうなるだろうか?近い将来、競争に敗れることは想像に難くないだろう。経営者の決断力は会社の成長を左右する重要な要素を持っている。経営者の決...

経営者の実行力とは、会社の課題や不足を解消する力のことである。従って、経営者の実行力は、会社の成長に大きな影響を及ぼす。トップダウン構造にある中小企業においては、経営者の実行力で会社の成長が決まるといっても過言ではない。例えば、経営者の実行力が高ければ、経営力、商品力、組織力、営業力、など等、会社の成長を支えるあらゆる領域の経営資源が最大化(有効化)される。逆に、経営者の実行力が低ければ、会社の事...

社長の数字力は中小企業の経営を成功に導くうえで欠かせない。なぜなら、中小企業は、経営者の数字力の優劣で、ビジネスの成功確率が決まるからだ。事実、業績を伸ばしている中小企業の社長は数字に強い。一方、倒産の危機に瀕するような中小企業の社長は例外なく数字に弱い。数字力とは、算数や数学の出来不出来ではない。社長の数字力とは、会社の経営実態を表す財務諸表をはじめ、会社の数字と云われるあらゆる情報を読み解き、...

会社の経営成績は、経営者が下した「経営判断の連続」で形作られていく。社長の経営判断が功を奏せば会社は一段と成長するし、社長が経営判断を誤れば会社は衰退の一途を辿る。つまり、「社長の経営判断力」ほど、安定経営に直結する要素はないのだ。経営判断の誤りが原因で倒産の危機に瀕する中小企業は少なくないが、社長の経営判断力を高めることは容易でなはい。なぜなら、物事を判断する際の指標や基準ほど、複雑に絡まってる...

経営改善とは企業の事業価値を高める活動のことである。資本主義経済は競争のうえに成り立っているので、経営改善ほど重要な活動はない。なぜなら、経営改善の手を緩めると、時を待たずして事業価値が陳腐化(低下)し、たちまち競争から取り残されてしまうからだ。当然ながら、経営改善をせずに日々を過ごしていては、会社は衰退する一方になる。経営改善なくして、会社の成長はないのだ。中小企業経営者は、まずこのことをしっか...

経営の勘どころとは、過去の経験に裏打ちされた判断基準の一種である。中小企業の経営者の中には、勘の鋭い社長もいれば、勘の鈍い社長もいる。鋭い勘ゆえに助かることもあれば、鈍感ゆえに助かることもあるので、勘どころの良し悪しを簡単に論ずることはできないが、こと会社経営に関しては、鋭い勘どころを持っているに越したことはない。例えば、会社経営において、社長の勘どころを基準にして物事を判断することは良くあること...

会社経営においてバランスは大変に重要な要素を持っている。なぜなら、経営バランスの崩れた状態で経営を続けると、様々な衰退リスクが噴出してしまうからだ。例えば、頭の中で「バランスの整っている会社」と「バランスの整っていない会社」を比べてみてほしい。いかがだろうか?一生で被る経営難題や課題、経営の落とし穴や逆境など、会社の成長を阻害する要因が数多く噴出するのは、後者の「バランスの整っていない会社」である...

会社経営の目的は利益最大化にあるので、儲かる仕組みの構築は会社の存続に欠かせない取り組みである。利益最大化のコツは、儲かる仕組みを積極構築し、儲からない仕組みを徹底排除するところにある。儲かる仕組みと儲からない仕組みの判別ポイントは難しくない。例えば、「売れば売るほど利益とお金が増えていく」或いは「売上が一定でも利益やお金が増えていく」といった現象は、儲かる仕組みがうまく機能していることを表してい...

中小企業の社長ほど、コミュニケーションに疲れるポストはない。何といっても、社長は組織のトップである。当然ながら、副社長以下は全員部下である。年下の部下もいれば年上の部下もいるだろうし、扱いやすい部下もいれば、扱いにくい部下もいるだろう。社内にいるだけでコミュニケーションに疲れている社長も少なくないだろうが、社長は社外においてもコミュニケーションのストレスを抱えてしまう。なぜなら、社長は、社会的地位...

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る