経営者を助ける極上経営ノウハウ|会社経営の実践的ノウハウ

経営者を助ける極上経営ノウハウ

 

中小企業の社長業ほど専門性の高い職業はありません。

 

社長業は、基本、一人家業なので、組織に頼ることも、チームに頼ることもできません。何といっても、経営者は孤独です。経営の悩みも沢山抱えます。放っておくと経営課題も山積します。

 

経営者は、それら諸々のことをうまく対処しながら会社を経営しなければなりませんが、中小企業の成功ノウハウは企業の数ほどあるので、経営者ひとりの力で孤独や悩みを解消するのは至難の業です。

 

このカテゴリーでは「経営者を助ける極上経営ノウハウ」を数多く紹介しています。売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の悩みの種は至るところに潜んでいます。

 

さまざまな経営状況の悩みを解消するべく会社経営の実践的な経営ノウハウを出し惜しみなく公開していますので、是非とも、参考にしてください。

経営者を助ける極上経営ノウハウ|会社経営の実践的ノウハウ記事一覧

会社経営の本質は、未来永劫、営みを継ける(続ける)こと、つまり、企業の永続性の確立にある。企業の永続性を確立するために経営者がすべきことは二つあり、ひとつは黒字経営の持続、もう一つは利益の拡大である。黒字経営で生み出された利益は成長投資のサイクルを作り、成長投資は会社の付加価値を高め競合他社よりも優位な立場を作り、利益を更に拡大する。黒字経営と利益拡大が企業成長の大原則になる訳だが、その大原則を支...

売上を上げなければ事業は成り立たない。当然ながら、売上がなくなると会社のお金が底をつき、最終的には会社が倒産する。この記事では、儲かる売上を上げる方法について、詳しく解説する。儲かる売上の基準とは?売上は企業活動の生命線になる。経営者にとって売上は喉から手が出るほど欲しいものであり、道端に落ちていれば真っ先に拾ってしまうものかも知れないが、売上を上げる前に経営者が理解すべきことがある。それは、儲か...

会社経営の目的は、利益の最大化にある。なぜなら、会社の利益は、会社の事業価値を決定づけるからだ。この記事では、会社の利益を最大化する方法について、詳しく解説する。利益の大きさが事業価値を決める会社経営の目的は利益最大化にあり、会社の利益は、そのまま会社の事業価値を決定づける。例えば、大きな利益を生み出す会社の事業価値は大きく、逆に、利益を生み出さない会社の事業価値は小さいといえる。事業は競争原理の...

計画なくして、会社経営の成功なし。会社経営において、計画はそれほどに重要な要素を持っている。この記事では、成功する経営計画の立て方について、詳しく解説する。経営計画は会社経営に不可欠計画なくして、会社経営の成功はない。社会的にも計画の重要性は増していて、例えば、人事評価などでも、結果と同等以上に計画(プロセス)を評価する動きが加速している。段取り八分、準備万端、人事を尽くして天命を待つ、など等、計...

投資なくして会社の成長はないので、会社経営に投資は欠かせない。しかし、投資の基準や思考を誤ると失敗リスクが高まり、投資がきっかけで会社が衰退することもあり得る。この記事では、投資で経営に失敗しない法則、並びに、投資の失敗パターンをかわす基準と思考について、詳しく解説する。健全な投資活動とは?会社経営に関わる投資分野は多岐にわたる。お金のかかる投資、お金のかからない投資、或いは、市場開拓、商品開発、...

他人からお金を借りることを「借金」という。借金を元手にすれば、自分の財布の中身を減らすことなく、商売を始めることができる。この記事では、借金で経営に失敗しない法則、並びに、借金経営のメリットとデメリットについて、詳しく解説する。上手な借金経営の仕方借金を元手にすれば、自己資金0円から大儲けすることもできる。例えば、お金を100万円借りて、100万円分の商品を仕入れて、その商品を300万円で完売した...

生産性とは、労働の投下に対する収益性の評価基準の一種である。例えば、生産性の高い仕事を提供すれば、少ない労力で大きな収益を得ることができる。逆に、生産性の低い仕事を提供すれば、大きな労力にも関わらず少ない収益しか得られない。この記事では、会社の生産性を上げる方法、並びに、生産性向上の正しい方法と間違った方法について、詳しく解説する。生産性向上の基本姿勢中小企業は、あらゆる領域の経営資源が脆弱なので...

会社経営において失敗しないことは、成功することよりも重要だ。なぜなら、資本力の小さな中小企業は、ほんの小さな失敗が原因で会社経営が大きく傾くからだ。この記事では、経営に失敗する危険なリスク、並びに、5つの会社衰退リスクとリスクヘッジの方法について、詳しく解説する。経営に失敗する最大のリスク中小企業の失敗リスクは会社経営の至るところに潜んでいて、万が一、失敗リスクが顕在化(現実化)すると、即、経営の...

確かな見通しを立てれば、会社の業績は自ずと安定する。なぜなら、確かな見通しという将来基準をベースに、今すべきことを決断・実践している限りは、会社経営に失敗しないからだ。この記事では、見通しの重要性、並びに、業績を安定させる見通しの立て方について、詳しく解説する。会社の未来は見通しで決まる見通しは、会社経営のみならず、人生にも深く関わりがある。例えば、人の言動の大部分は、未来の見通しを起点に今(現在...

多角化経営とは、事業を多角的に展開する経営戦略のことである。多角化経営には、事業収益のリスク分散のメリットがある一方で、失敗に伴う業績悪化のデメリットがある。この記事では、多角化経営に失敗しない法則について、詳しく解説する。多角化経営の失敗リスクとデメリット多角化経営には、事業収益のリスク分散のメリット(成功リターン)がある一方で、失敗に伴う業績悪化のデメリット(失敗リスク)がある。資本力の小さい...

中小企業の成長は、経営者の決断力で決まる。なぜなら、トップダウン構造にある多くの中小企業は、経営者の決断が会社の成長(業績)を形作るからだ。この記事では、経営者の決断力を鍛える方法について、詳しく解説する。決断力を鍛えれば会社が成長する経営者の仕事は決断する事と云われるように、会社の盛衰は、経営者の決断力で決まる。例えば、新商品発売の決断を先送りしている最中に、ライバル会社が同様の新商品を発売して...

経営者の実行力とは、会社の課題や不足を解消する力のことである。従って、経営者の実行力は、会社の成長に大きな影響を及ぼし、小さな会社ほど、経営者の実行力で会社の成長が決まる。この記事では、経営者の実行力を高める方法について、詳しく解説する。経営者の実行力が企業成長をけん引する経営者の実行力が、企業成長をけん引する。例えば、経営者の実行力が高ければ、経営力、商品力、組織力、営業力など等、会社の成長をけ...

社長の数字力は中小企業の経営を成功に導くうえで欠かせない。なぜなら、中小企業は、経営者の数字力の優劣で、ビジネスの成功確率が決まるからだ。この記事では、社長の数字力を上げる方法について、詳しく解説する。数字力とは何か?数字力とは、算数や数学の出来不出来ではない。社長の数字力とは、会社の経営実態を表す財務諸表をはじめ、会社の数字と云われるあらゆる情報を読み解き、会社経営に数字を活用する力のことだ。会...

会社の経営成績は、経営者が下した「経営判断の連続」で形成される。社長の経営判断が功を奏せば会社は一段と成長するし、社長が経営判断を誤れば会社は衰退の一途を辿る。つまり、「社長の経営判断力」ほど、企業の盛衰を分かつ要素はない。この記事では、社長の経営判断力を高める方法、並びに、正しい経営判断を支える根拠基準について、詳しく解説する。正しい経営判断を支える根拠基準経営判断の誤りが原因で衰退する中小企業...

経営改善とは企業の事業価値を高める活動のことである。資本主義経済は競争のうえに成り立っているので、経営改善ほど重要な活動はなく、経営改善の手を緩めると、時を待たずして事業価値が陳腐化(低下)し、たちまち競争から取り残されてしまう。この記事では、成功する経営改善の方法、並びに、経営改善のプラン作りから効果的運用法に至るまで、詳しく解説する。経営改善は計画が肝になる経営改善なくして会社の成長はなく、経...

経営の勘どころとは、過去の経験に裏打ちされた判断基準の一種である。会社経営は、複雑に入り組んだ周囲の環境や様々な要因によって、論理的な根拠が不足する局面が多々あり、そういう時ほど、社長の勘どころが判断の成功と失敗を分かつ。この記事では、経営の勘どころを磨く方法について、詳しく解説する。勘どころの鋭い社長と鈍い社長の差中小企業の経営者の中には、勘の鋭い社長もいれば、勘の鈍い社長もいる。鋭い勘ゆえに助...

経営数値の整え方は簡単だ。主要な経営指標の実績値と適正値のギャップを埋めるだけで、経営数値は正常化される。この記事では、経営数値の重要性、並びに、歪な経営数値を適正ラインに整える方法に至るまで、詳しく解説する。経営数値とは?経営数値とは、様々な経営指標を通じて経営状態を可視化した数値結果のことである。事業活動の結果は必ず数字に表れるので、この経営数値のバランスが崩れると、その瞬間に会社経営が不安定...

会社経営においてバランスは大変に重要な要素を持っている。なぜなら、経営バランスが崩れた状態で経営を続けると、様々な衰退リスクが噴出するからだ。この記事では、経営バランスの整え方を具体的事例を交えて分かりやすく解説する。経営バランスとは?経営バランスは、安定経営の度合いを表す。例えば、頭の中で「バランスの整っている会社」と「バランスの整っていない会社」を比べてみてほしい。いかがだろうか?一生で被る経...

会社経営の目的は利益最大化にあるので、儲かる仕組み作りは会社存続に欠かせない取り組みになる。利益最大化のコツは、儲かる仕組みを積極構築し、儲からない仕組みを徹底排除するところにある。この記事では、儲かる仕組みの作り方について、詳しく解説する。儲かる仕組みの判別は?儲かる仕組みと儲からない仕組みの判別は簡単だ。例えば、「売れば売るほど利益とお金が増える」或いは「売上が一定でも利益とお金が増える」とい...

中小企業等の小さな会社ほど、社長のコミュニケーション力が大切になる。社長のコミュニケーションが組織力を決定し、企業の成長発展を決めるからだ。この記事では、組織にストレスを与えない社長の正しいコミュニケーション術について、詳しく解説する。社長はコミュニケーションに疲れるポスト社長ほど、コミュニケーションに疲れるポストはない。何といっても、社長は組織のトップであり、副社長以下は全員部下である。年下の部...

わたしは経営コンサルタントとして数多くの中小企業の経営に関わってきた。様々な企業の盛衰を見てきてつくづく思うのは、会社の成長は経営者の良し悪しで決まる、ということだ。トップダウン構造にある中小企業においては、社長の能力次第で業績が決まるといっても過言ではなく、事実、良い経営者がいる会社の業績は例外なく伸びている。この記事では、最低限、身につけるべき良い社長の条件について、順を追って詳しく解説する。...

わたしは経営コンサルタントとして潰れる会社の惨状を目の当たりにしてきた。潰れる寸前の会社を再建した経験もあり、潰れる会社の特徴がどんなものであるかを実体験から体得することもできた。潰れる会社には共通の特徴が間違いなくあり、殆どの会社は、日常の会社経営の中に、会社が潰れる前兆が顕在化している。当然ながら、会社が潰れる前兆を見逃し続けると、結末は、会社倒産という残念な結果が待っている。この記事では、潰...

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
事業拡大なくして企業の存続なし。つまり、事業拡大の取組みは企業の生命線になります。事業拡大のための経営健全化から成長戦略に至るまで分かり易く徹底解説しています。
経営改善計画書は会社の最良の未来予想図を示すロードマップです。経営改善計画書の目的・効果・機能・作り方から計画の実効性を高める方法に至るまで徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


儲かる実践ノウハウ:プロ経営者直伝イノベーション売上拡大経営能力研鑚後継者育成生産性改善事業拡大顧客創造強い組織作り経営知識税金知識事業再生

経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
このページの先頭へ戻る