経営の軸足がブレると会社経営がブレる|会社の繁栄は軸足で決まる

経営の軸足がブレると会社経営がブレる|会社の繁栄は軸足で決まる

 

経営の軸足は、じつに大切である。

 

社長の軸足がブレると、会社経営もブレるからだ

 

この記事では、会社の繁栄を支える経営者が大切にすべき経営の軸足について、詳しく解説する。

 

 

経営の軸足

 

樹木希林さんの主演映画「日々是好日」を観覧した際に、印象深いセリフに出会った。

 

「すぐに分からないことにこそ大切なものがある」

 

このセリフを聞いた瞬間に、会社経営の本質を突いた、じつに良い言葉だなぁとしみじみ思った。

 

なぜなら、すぐに分からないことに軸足を置いた会社経営は成功するからだ。

 

すぐに分からないことを挙げると「心、愛情、ご恩、ご縁、評価、成功のタイミング」などがある。

 

例えば、

 

患者の心を真剣に観ようとする医者と、患者の心を見ないで診療モニターばかりを見ている医者、患者の信頼を集めるのは、どちらの医者だろうか?

 

他者からの愛情に感謝して生きる子供と、他者からの愛情に無関心な子供、慈愛に満ち溢れ、地に足がついた大人に成長するのは、どちらの子供だろうか?

 

一期一会のごとく、謙虚にご恩やご縁を大切にして生きる社長と、ご恩やご縁をそっけなく扱う横柄な社長、困った時に助けの手が多いのは、どちらの社長だろうか?

 

 

社長の軸足が成功を左右する

 

すぐに分からないことや見えない世界に軸足を置いた会社経営は成功する。

 

例えば、

 

心は見えない。すぐに分かるものでもない。しかし、心が通じ合った瞬間に信頼が育まれる。そして、その信頼は繁栄の基礎になる。

 

愛情は見えない。理解するまでに何十年もかかる。しかし、愛情に感謝し、真意を理解した瞬間に、人生の指針やビジネスのビジョンがより強固になる。

 

ご恩やご縁は見えない。その瞬間に答えが出ないことが殆どだ。しかし、ご恩やご縁を大切にするほど、困った時に助けの手が多くなる。

 

このように、すぐに分からないことほど成長の肥やしになり、会社や社長の成長スピードが加速する。

 

 

社長の軸足が成功マインドを創る

 

社長の軸足が定まると、成功マインドが定着しやすくなる。

 

例えば、評価や成功のタイミングなどの、すぐに分からないことに振り回されないマインドを持つことは成功の絶対条件になる。

 

人からの評価はすぐには分からない。ピカソのように亡くなってから評価される人もいる。人の評価を気にしても意味はなく、自分が信じた道を突き進むことの方がよほど大切だ。

 

成功のタイミングもすぐには分からない。そもそも、成功の定義などどこにも無く、会社経営は社長が成功したと思った瞬間に衰退する。

 

他人に勝った負けたで成功を決めるのではなく、成功するまで諦めない、或いは、成功の判定は次の世代に委ねる。これくらい長い視点で成功を見つめることが大きな成果を生み出す秘訣になる。

 

見えない世界やすぐには分からない世界に軸足を置いてみてほしい。

 

きっと、目に見える大きな成果が得られるはずだ。

 

➡NEXT「見切り千両は万両の価値あり|損切りは成功社長の絶対スキル」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 









 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
事業拡大なくして企業の存続なし。つまり、事業拡大の取組みは企業の生命線になります。事業拡大のための経営健全化から成長戦略に至るまで分かり易く徹底解説しています。
経営改善計画書は会社の最良の未来予想図を示すロードマップです。経営改善計画書の目的・効果・機能・作り方から計画の実効性を高める方法に至るまで徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


儲かる実践ノウハウ:プロ経営者直伝イノベーション売上拡大経営能力研鑚後継者育成生産性改善事業拡大顧客創造強い組織作り経営知識税金知識事業再生

経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
このページの先頭へ戻る