変化に対応する企業が生き残る|環境変化に上手に適応する方法

変化に対応する企業が生き残る|環境変化に上手に適応する方法

 

変化に対応することが、企業が生き残る絶対条件になる。

 

会社を取り巻く環境が変化しているにも関わらず、変化しないことは、衰退を早めだけだからだ。

 

この記事では、変化に対応することの重要性、並びに、環境変化に上手に適応する方法について、詳しく解説する。

 

 

変化に対応する重要ポイント

 

ダーウィンの進化論に次のような一節がある。

 

「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き残るのでもない。唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。」

 

確かに、変化することは生き残りの条件であることに違いないが、単純に変化さえすれば生き残れるわけではない。

 

大切なことは、タイミング、つまり、機を見ることである。変化のタイミングを誤ると、その変化がきっかけで衰退に転じることもあり得るということだ。

 

 

変化に対応するには犠牲が伴う

 

明治維新は、日本の行く末に大きな影響を及ぼしたエポックメイキング(新時代の創造)になったが、単純化すると、鎖国派(幕府)が開国派(薩長等)に敗れたことで、もたらされた。

 

ココで重要なのは、進んで変化を受入れた開国派の人間がすべて生き残ったわけではない、ということだ。

 

例えば、明治維新をけん引した長州藩には、吉田松陰、高杉晋作、久坂玄瑞などの傑物が沢山いたが、早々に亡くなっている。

 

変化の度合いが激しいほど、或いは、変化と世間のギャップが大きいほど、変化する過程で大きな犠牲を強いられ、そうした犠牲なくして、変化は成就しないということだが、これは、会社経営も一緒である。

 

会社の業績がひどい程、大きな変化を強いられ、変化する過程で減給やリストラなどの大きな犠牲が生じる。リーマンショック等の経済危機やコロナショック等の自然災害などの不可抗力的な障害に適応する変化も同様である。

 

 

上手に変化に対応する方法

 

上手に変化に対応するには、タイミングを見計らいながら、小さな変化を積み重ねるとよい。小さな変化は周囲に与える負荷が小さく済むからだ。

 

例えば、会社の業績がある程度安定している中で、機を見ながら、小さな変化を積み重ねることができれば、少ない負担で、より良い会社経営の仕組みや基盤を構築することができる。

 

会社を取り巻く環境は絶えず変化している。顧客、市場、ライバル、テクノロジー、社会インフラ、人々のマインドなど等、諸行無常の通り、いつの世の中も変化は止まない。

 

会社経営において、変化しないことは死を意味する。

 

確実に生き残るために、機を見ながら、小さな変化を積み重ねることをお薦めする。とっても地味な活動ではあるが、こうした経営改善活動が定着すれば、どんなに小さな会社であっても、大きな変化に耐えうる強い会社に生まれ変わる。

 

➡NEXT「潰れる会社の特徴|会社が潰れる前兆は目の前にある」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 









 


人気記事ランキング
企業存続の条件は様々あるが、絶対的な条件に絞ると3つあり、この3つの何れかが欠けると企業存続の可能性が低下する。この記事では、企業存続の3つの条件について詳しく解説しています。
事業拡大なくして企業の存続なし。つまり、事業拡大の取組みは企業の生命線になります。事業拡大のための経営健全化から成長戦略に至るまで分かり易く徹底解説しています。
経営改善計画書は会社の最良の未来予想図を示すロードマップです。経営改善計画書の目的・効果・機能・作り方から計画の実効性を高める方法に至るまで徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


儲かる実践ノウハウ:プロ経営者直伝イノベーション売上拡大経営能力研鑚後継者育成生産性改善事業拡大顧客創造強い組織作り経営知識税金知識事業再生

経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
このページの先頭へ戻る