経営数値の整え方|経営指標の目安から活用例まで徹底解説

経営数値の整え方|経営指標の目安から活用例まで徹底解説

 

経営数値の整え方は簡単だ。

 

主要な経営指標の実績値と適正値のギャップを埋めるだけで、経営数値は正常化される。

 

この記事では、経営数値の重要性、並びに、歪な経営数値を適正ラインに整える方法に至るまで、詳しく解説する。

 

 

経営数値とは?

 

経営数値とは、様々な経営指標を通じて経営状態を可視化した数値結果のことである。

 

事業活動の結果は必ず数字に表れるので、この経営数値のバランスが崩れると、その瞬間に会社経営が不安定になり、たとえ、黒字経営であっても少しのきっかけで衰退することもあり得る。

 

経営数値は、財務諸表の項目数値(現預金や売上の実績金額)のみならず、流動比率、売上総利益率、営業利益率等々、様々な経営指標を活用することで、より具体的に数値化することができる。

 

そして、そうした経営指標に対して適正目安をセットすることで経営課題が明らかになり、その課題を解消することで経営数値が正常化される。

 

 

経営指標の目安と活用例

 

経営数値を整えるためには、経営指標の活用が欠かせない。

 

例えば、現預金水準、当座比率、売上総利益率、粗利高営業利益率等は、経営数値の正常化を図るうえで、重要な指標になる。

 

これらの経営指標を上手に活用することが、実績値と適正値のギャップを速やかに埋める秘訣になる。

 

売上や粗利といった馴染みのある指標だけでなく、現預金や当座比率などの資産状態を表す経営指標、粗利高営業利益率などの損益状態を表す経営指標をより細かく把握する姿勢が大切だ。

 

なお、経営数値を整える上で活用できる経営指標の計算式と適正水準(目安)は当サイト内の「中小企業の経営指標と経営分析手法」で詳しく解説しているので参照頂きたい。

 

 

経営数値の整え方

 

経営数値の整え方は、実績把握→目標設定→ギャップ解消→経過検証の4ステップをしっかり回すことが肝要になる。

 

以下のグラフは私が経営サポートに入った企業の、サポート開始一年前のグラフになる。殆どの経営数値が目標に達していないことが分かると思う。

 

 

以下のグラフは経営サポート開始一年後のグラフになる。実績と目標の間にあるギャップ(経営課題)を、経過検証しながら丁寧に解消した結果、殆どの経営数値が目標を上回っていることが分かると思う。

 

 

繰り返すが、経営数値のバランスが崩れると、その瞬間に会社経営が不安定になり、たとえ、黒字経営であっても少しのきっかけで衰退することもあり得る。つまり、歪な経営数値を放置しないことが安定経営の絶対条件になる。

 

➡NEXT「経営バランスの整え方」へ

 

 

経営セミナー「安定経営を支える管理会計の実践方法が分かる」

 

本経営セミナーでは、安定経営を支える管理会計の実践方法について事例を交えて分かりやすくお話しします。数字力を高めて会社をさらに拡大したい経営者は確実に受講されることをお薦めします。

 

⇒⇒経営セミナー「安定経営を支える管理会計の実践方法が分かる」はこちら

 

 

おススメ記事

 

 

 

 









 


人気記事ランキング
企業存続の条件は様々あるが、絶対的な条件に絞ると3つあり、この3つの何れかが欠けると企業存続の可能性が低下する。この記事では、企業存続の3つの条件について詳しく解説しています。
事業拡大なくして企業の存続なし。つまり、事業拡大の取組みは企業の生命線になります。事業拡大のための経営健全化から成長戦略に至るまで分かり易く徹底解説しています。
経営改善計画書は会社の最良の未来予想図を示すロードマップです。経営改善計画書の目的・効果・機能・作り方から計画の実効性を高める方法に至るまで徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


儲かる実践ノウハウ:プロ経営者直伝イノベーション売上拡大経営能力研鑚後継者育成生産性改善事業拡大顧客創造強い組織作り経営知識税金知識事業再生

経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
このページの先頭へ戻る