経営者必見の役立つ経営知識集

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

会社経営に活かせるレアな知識

会社経営に活かせるレアな知識

 

中小企業の経営者は、ひときわ孤独な立場におかれた状況下で、重要な決断を迫られることがたくさんある。

 

当然ながら、経営者のほんの些細な知識不足が原因で決断ミスを犯すと、会社は簡単に衰退してしまう。

 

このカテゴリーでは、「会社経営に活かせるレアな知識」を数多く紹介している。

 

中小企業の経営を助けるレアな知識、或いは、経営者が知っておいて損をしないレアな知識ばかりである。是非とも、参考にしてほしい。

会社経営に活かせるレアな知識記事一覧

日本の長者番付の発祥は江戸時代に遡る。長者番付の歴史を辿ると、産業の変化が手に取るように理解できる。また、その時代の背景とその時代の産業のトップに君臨した長者の人物背景もよく分かる。例えば、江戸期から明治前半までは両替商、明治後半から昭和前半までは財閥や豪商、昭和中盤以降は庶民産業の立役者達が日本の長者番付に名を連ねている。時の長者は産業のトップとして社会発展に貢献し、大資産家の地位を確立している...

会社経営と税金には、密接な関係性がある。また、会社経営と節税にも、密接な関係性がある。例えば、税金の知識がないために会社の資金繰りが悪化して経営に失敗した経営者や、行き過ぎた節税ばかりに気を取られて会社が衰退してしまった中小企業などは、決して珍しいケースではない。会社経営者が節税で失敗しないためには、「税金のルール」と「節税のルール」を理解することが必要である。まず理解すべきは、税金のルールである...

中小企業の場合、創業者が資本金を100%出資し、株式を100%保有しているケースが多い。この場合の会社の譲渡先は、親から子へという、親子間の事業承継が一般的である。会社を親子間で事業承継する場合、いつかは、親子間で株式の譲渡をしなければならないが、中小企業の場合、株式譲渡に悩む経営者も多いのではないかと思う。例えば、子供に潤沢な資金があれば株式譲渡のハードルは低くなるが、子供に満足な資金がない場合...

中小企業が銀行融資で投資資金を賄うメリットは、少ない自己資金で大きな投資循環を実現し、事業の成長スピードを加速させるところにある。また、自己資金を抑えて、銀行融資を大きく活用した方が、投資効率と資金効率が格段に高まる。銀行融資の活用メリット、並びに、投資効率と資金効率の関係性は、「銀行融資あり」と「銀行融資なし」の投資収支のシミュレーションを比較すると理解できる。簡単な投資シミュレーションを用いて...

中小企業が銀行融資で資金調達するには、まず第一に、銀行融資の審査基準を理解することが欠かせない。なぜなら、銀行融資の審査基準の理解度が高ければ高いほど、資金調達のハードルが下がるからだ。当然ながら、経営者が銀行融資の審査基準を理解していれば、事前に必要書類を準備したり、経営環境を整えたりすることができるので、資金調達の手続きを円滑に進めることができる。銀行融資の審査基準は「債権者区分」、「信用格付...

中小企業の資金調達方法は限られている。大体は、金融機関からの資金調達か、知人・身内からの資金調達のどちらかである。資金調達に頭を悩ませている中小企業経営者は多いと思うが、資金調達は経営者の重要な仕事である。なぜなら、資金は、会社の生存を保障する要素であり、会社の成長を牽引する原動力でもあるからだ。資金なくして、会社の成長はあり得ない。当然ながら、資金繰りに窮すると会社は衰退の一途を辿ってしまう。し...

自社ビルと賃貸、或いは、資産購入とリースは、果たしてどちらが得なのだろうか?中小企業においては、自社ビルと賃貸で悩む経営者は少ないだろうが、資産購入とリースは日常の経営のなかで選択の頻度が高く、多くの経営者が悩むポイントではないかと思う。自社ビルと賃貸、或いは、資産購入とリースのどちらが得かを判断するには、双方の違いを理解する必要がある。双方の違いは「費用化のタイミング」、「付随費用の内訳」、「費...

大企業は、中小企業が得意とするニッチ市場に参入してくることはない。なぜなら、大企業と中小企業、双方の事業方針と得意とする市場ニーズには大きな違いがあるからだ。例えば、手作りと機械作りの食事をテーブルに並べて、どちらを食べたいかと問われれば、大多数の人は手作りを選択するだろう。限られた顧客で形成されているニッチ市場で勝負している中小企業であれば、相応の製造体制を整えて、手作りの食事を提供することがで...

中小企業がニッチ市場を作る方法はいくつかあるが、ここでは文化的要素を活用したニッチ市場の作り方を解説したいと思う。ニッチ市場とは、特定の独占市場のことだが、会社に安定した売上と高い収益をもたらすので、中小企業が積極的に参加したい分野である。文化的要素は、ニッチ市場を作るのに大いに役立つ。ニッチ市場の創出に文化なんか関係ないだろうと思う経営者もいるかも知れないが、ニッチ市場の創出と文化には密接な関係...

中小企業の組織力は、責任と役割を明確にすると、飛躍的に強化される。なぜなら、組織を形成する各自の進むべき方向とやるべき事が明確になり、組織の力が1点に集中するからだ。当然ながら、組織の力は、分散させるよりも、1点に集中させた方が効果的である。人的余裕のない中小企業であれば、なおさらだ。中小企業において、責任と役割りを組織に示すのは、経営者の仕事である。そして、責任と役割りを効率的に組織に浸透させる...

社員の人事評価ほど中小企業の経営者を悩ます仕事は無いのではないかと思う。なぜなら、経営者が正しい人事評価基準を持っていないと、人事評価がきっかけで社員のヤル気が下がったり、人事評価の結果に対して反発する社員が表れたりするからである。例えば、正しい人事評価の基準を持たずに、好き嫌いや主観だけの人事評価を進めた結果、社員の反発を受けるであろうことは容易に想像できるだろう。中小企業は、経営者と社員の関係...

経営者にお会いして悩みを聞くと、組織(人事)の問題が最も多いような気がする。過去に再建に関わった中小企業も、例外なく、組織に何らの問題を抱えていた。組織は、問題社員がひとりでも現れると、加速度的に弱体化していく。例えば、会社に問題社員が現れ、組織の秩序を乱し始めると、ガン細胞のごとく様々な弊害が増殖し始め、やがて組織全体が蝕まれ、会社が衰退に傾いていく。組織力と業績は比例関係にあるので、問題社員の...

社員に利益を意識して働いてもらう方法は簡単である。それは、社員に会社の数字を開示すること、ただそれだけである。社員に対して会社の数字を開示すると、社員は利益を意識して働き始める。なぜなら、社員に会社の数字を開示すれば、社員に対して具体的数値目標を与えることができるからだ。「数字のある目標」と「数字のない目標」を比べた場合、目標として有効に機能するのは、数字のある目標である。大企業では新人社員からベ...

会社の数字ほど、明確な根拠を示す判断材料はない。当然ながら、会社の数字を活用しなければ、会社が大きく成長することはない。場合によっては、根拠のない意思決定ミスを招いて、経営が行き詰ってしまうこともある。中小企業においては、経営者ひとりが数字に強くなれば、会社全体の経営力が一段と高まる。なぜなら、経営者は、会社の代表者であり、意思決定の最高責任者だからである。副社長以下は自身の決断を委ねる相手がいる...

統計学とは、データ分析と推測の方法論を体系化したものである。統計学は、中小企業の経営に活かせる経営分析手法でもある。事実、多くの経営者は、知らず知らずのうちに統計学に接している。例えば、業績予測や予算管理、市場動向予測等は統計学の範囲である。また、財務諸表等の経営データを有益な情報に変換する管理会計の手法も統計学の範囲である。従って、中小企業の経営と統計学は、じつに密接な関係にあるといえる。なお、...

中小企業の経営者にとって、業績の先行きは、心の不安感を左右する大きな要素になる。例えば、業績の先行きが見えなければ、普通の経営者は不安に駆られるだろう。逆に、業績の先行きが見えていれば、経営者が不安に駆られることはなく、多少の業績変動があったとしても、大きく動揺することはないだろう。経営者が先行きの不安を払しょくするには、業績予想が欠かせないが、中小企業に適した業績予想の方法とは一体どのようなもの...

経営資源が限られている中小企業が新規事業を成功に導くことは容易なことではない。なぜなら、新規事業の成功確率は極めて低く、いかに準備が万端であっても失敗リスクがついて回るからだ。このような条件下で新規事業を成功に導くには、緻密なリスク分析が欠かせない。例えば、新規事業のリスク分析に有効な手法のひとつに「成功の確率判定」がある。成功の確率判定とは、その事業の成功確率に関わる要素を徹底的に査定するリスク...

独立開業して、ゼロから事業を成功に導くことは容易ではない。独立開業に失敗しないためには、最低限の準備と事業の損益計画が必要である。当然ながら、準備も計画もない行き当たりバッタリの独立開業では、失敗するしか道がないという状況に陥ってしまう。独立開業の失敗を回避するために最低限すべき準備は、失敗リスク(独立リスク)を事前に判定することである。失敗リスク(独立リスク)が事前に分かれば、独立のタイミングを...

会社の予算は、経営管理の根幹を司る重要なツールである。例えば、中小企業の事業活動は、経営計画(Plan)、行動(Do)、実績検証(Check)、計画改善立案(Action)のPDCAサイクルで回っているが、PDCAサイクルの中の経営計画(Plan)、並びに、実績検証(Check)の比較基準になるデータは、会社の予算になる。つまり、会社の予算は、事業活動(PDCAサイクル)の重要なキーでもあるのだ。...

中小企業の業績を上げる効果的な利益改善手法は難しくない。徹底的に利益ロス(喪失)を排除していくと、会社の業績は自ずと改善される。当然ながら、利益ロスの排除スピードが加速すると、業績改善のスピードも早まる。会社の利益ロスは、どんな会社にも存在する。そして、どんなに小さな利益ロスであっても、放置すればするほど大きくなり、それが会社衰退のリスクになる。ロスの垂れ流しは、いってみれば、お金の垂れ流しと同じ...

中小企業の経営者にとって経営診断スキルほど重要なものはない。なぜなら、自己経営診断スキルが身についていれば、経営課題を明確に捉えることができ、会社を成長させる経営改善を一層加速させることができるからだ。当然ながら、確かな経営診断スキルなしに、まともな経営改善など出来るものではない。経営改善なくして会社の成長はあり得ないので、経営診断スキルは経営者の必須スキルといっても過言ではない。経営診断をしよう...

中小企業の売上を倍増させるには、売上倍増の道筋を示す事業計画作りが欠かせない。なぜなら、売上倍増の道筋を示す事業計画は、明確な目標と行動原理を組織に与え、目標達成の実現度を高めてくれるからだ。当然ながら、売上倍増計画がなければ、売上倍増を実現することは容易ではない。計画がない中で売上を倍増させるために闇雲に動いた結果、失敗しか道がないという状況に陥る可能性もある。例えば、売上倍増を目指して急成長し...

事業計画書は会社の未来を決定づける重要なツールである。なぜなら、事業計画書は会社の成長発展を効果的に後押しするからだ。また、事業計画書は、銀行、投資家、ベンチャーキャピタルなど等からの資金調達の際にも重要な経営資料として活用できる。当然ながら、精度の高い事業計画書は、会社の成長発展や円滑な資金調達に役立つ。逆に、精度の低い事業計画書は、会社の衰退リスクが高める、或いは、資金調達に支障をきたす、とい...

税理士選びは、経営者の重要な仕事のひとつといっても過言ではない。なぜなら、税理士が行う、経理方針の指導や確定申告に伴う決算書作りには、会社経営を左右する重要な要素が含まれているからだ。殆どの中小企業は、税理士を顧問として抱えているが、しっかりとした選別基準を持って税理士を選んでいる経営者は決して多くない。大概は、昔馴染みや知人の紹介といった縁故によるものが多い。税理士選びで失敗しないためには、会社...

中小企業向けの税理士の報酬や顧問料相場は、概ね決まっている。大企業は別として、中小企業の税務業務で高額な報酬や顧問料を要求されることは殆どない。当然ながら、初めての税務相談や税務業務を依頼するに当たって、怖気づく必要は全くない。会社経営と税金には、密接な関係性がある。従って、中小企業経営者は、税務全般、会計全般にわたって何か知りたい、或いは、何か困ったことがあれば積極的に税理士を活用して欲しいと思...

弁護士は、社会生活のなかで生じた「事件」や「紛争」について、法律の専門家として、適切な予防方法や対処方法、解決策を指南する役割を担っている。弁護士の活動範囲は、法廷活動、紛争予防活動、人権擁護活動、立法や制度の運用改善に関与する活動、企業や地方公共団体などの組織内での活動など、社会生活のあらゆる分野にわたる。弁護士になるには、司法試験に合格し、司法修習を受け、修習後に行われる考試に合格した後、弁護...

司法書士は、登記・供託の手続き代理、裁判事務、成年後見業務を扱う資格である。司法書士になるには、法務省が実施する司法書士試験に合格する必要がある。司法書士は、身近な法律トラブルを手助けするサポートも提供しているが、原則、法律行為を代理することも、法律相談を行うことも認められていない。但し、弁護士人口の不足を補うために設けられた制度である「認定司法書士」として法務省の認定を受けると、一定の範囲(※1...

行政書士は、官公署に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、主に、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成、行政不服申立て手続代理等の行政手続の代理を行う。行政書士になるには、総務省が実施する行政書士試験に合格するなど、一定の資格を得た上で、各都道府県の行政書士会を経由して、日本行政書士会連合会の登録を受ける必要がある。中小企業の場合、司法書士同様、弁護士よりも行政書士の方が身近な...

社会保険労務士は、労働・社会保険に関する法律、人事・労務管理の専門家として、会社経営の重要資源であるヒト、モノ、カネ、情報のうち、ヒトの採用から退職までの労働・社会保険に関する諸問題に対応し、さらに年金の相談にも応じる、労働・社会保険に関するエキスパートである。社会保険労務士のことを略して社労士(しゃろうし)という。社労士は、社会保険労務士試験に合格した後に社労士連合会に備える社会保険労務士名簿に...

個人情報保護法は、顧客情報や従業員情報を保有する全ての中小企業にかかわる法律である。中小企業といえども個人情報は厳重に管理する必要があり、個人情報の漏えい防止対策は万全にしなければならない。万が一、会社から個人情報が漏えいしたら、企業の信用は一瞬で失われる。企業の存続にかかわる個人情報の漏えいを防ぐには、経営者が先頭に立って漏えい防止の意識を強く持つことが大切である。この記事では、個人情報の漏えい...

支払遅延は、倒産のサインである。従って、支払遅延を見逃すことで被る会社の損失リスクは極めて高い。わたしの経験上、支払遅延が始まって3ヵ月後には倒産状態に陥り、1年以内には完全に倒産するケースが多い。当然ながら、倒産のサインである支払遅延を見逃した結果、ある日突然、取引先が倒産してしまっては、本来回収すべき売掛金が貸し倒れてしまい、大きな損失を被ることになる。損失の金額が大きい場合は、連鎖倒産の被害...

事業再生ほど経営者の経営手腕が試される機会はない。なぜなら事業再生には、経営者に必要な能力のすべてが集約されているからだ。当然ながら、事業再生に必要な経営能力がひとつでも劣っていると、事業再生の成功率は著しく低下する。また、事業再生の成功条件、並びに、成功ステップを誤っても、事業再生の成功率が低下する。事業再生が経営手腕を試される機会と云われる所以は、ここにあるのだ。中小企業の事業再生を成功に導く...

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る