経営者の不安は業績予想で払拭できる

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

業績予想で将来を見通す方法

業績予想で将来を見通す方法

 

中小企業の経営者にとって、業績の先行きは、心の不安感を左右する大きな要素になる。

 

例えば、業績の先行きが見えなければ、普通の経営者は不安に駆られるだろう。

 

逆に、業績の先行きが見えていれば、経営者が不安に駆られることはなく、多少の業績変動があったとしても、大きく動揺することはないだろう。

 

経営者が先行きの不安を払しょくするには、業績予想が欠かせないが、中小企業に適した業績予想の方法とは一体どのようなものかお分りだろうか?

 

中小企業の業績予想をするうえでお薦めの方法は「予算管理」を導入することである。

 

予算管理とは、業績の先行きを事前に計画立てて、業績推移を管理する会計手法のひとつである。

 

予算管理を運用すると、業績予想はもちろん、補正予算で業績悪化の対策を事前に打つことができるので、経営の漠然とした不安を払しょくすることができる。

 

業績予想のための予算管理の運用方法はさまざまあるが、ここでは、一般的な予算管理方法と、中小企業に適した予算管理方法のふたつを解説したいと思う。

 

 

業績を予想する予算管理方法 その1

 

まずは、一般的な予算管理の方法を解説したい。

 

多くの中小企業で運用されている予算管理は、業績目標と期待値をベースに作成する方法である。

 

予算は、各担当者から経営幹部に至るまでの業績目標等を合算して作成する。

 

この予算は、業績目標等が高すぎると、業績予想の精度が著しく低下する。

 

仮に、業績の実績が予算値からマイナス▲10%も下回ると、業績予想が外れるばかりでなく、業績悪化の副作用を引き起こす可能性も高まる。

 

例えば、下表の内容のような年間予算を作成したとする。

損益項目

予算

(目標・期待値あり)

実績

予算対比

売上

10,000万円

9,000万円

▲10%(▲1,000万円)

売上原価

5,000万円

4,500万円

▲5% (▲500万円)

売上総利益

5,000万円

4,500万円

▲5% (▲500万円)

販売管理費

4,700万円

4,700万円

±0

営業利益

300万円

▲200万円(赤字)

▲500万円

 

〔実績結果は、売上がマイナス▲10%だった(売上減少分の売上原価が▲5%、売上総利益が▲5%)〕

 

この状況下で、販売管理費が予算通り消化されると、最終的な営業利益がマイナス▲200万円の赤字になってしまう。

 

じつは、この予算は、売上実績が下振れしても経費だけは予算通りに使われることが多く、営業利益が想定より大きく減少することがある。

 

業績予想が大きく外れるだけならまだしも、黒字予算が一転して、赤字経営に転落することもあり得るので注意が必要だ。

 

 

業績を予想する予算管理方法 その2

 

続いて中小企業に適した予算管理方法を解説する。

 

中小企業に適した予算管理は、過度な業績目標を排除した、前年実績+確度100%項目で作成する方法である。

 

予算は、前年の実績に新年度の業績に影響を及ぼす確度100%の業績項目を加算減算して算定する。

 

この予算は、計画の実現性が高いので、自ずと、業績予想の精度も高くなる。

 

例えば、下表の内容のような新年度に影響を及ぼす確度100%の業績項目があったとする。

売上

新規取引開始 +500万円

確度100%

売上原価

仕入先変更に伴う原価低減

▲500万円

確度100%

販売管理費

製造効率向上に伴う経費削減

▲250万円

確度100%

 

この確度100%要因を加算して、下表のような年間予算を作成したとする。

損益項目

前年実績

確度100%加算減算

予算

売上

8,500万円

+500万円

9,000万円

売上原価

5,000万円

▲500万円

4,500万円

売上総利益

4,000万円

 

4,500万円

販売管理費

4,000万円

▲250万円

3,750万円

営業利益

0万円

 

750万円

 

そして、実際の実績は下表の通りだったとする。

損益項目

予算

実績

予算対比

売上

9,000万円

9,000万円

±0

売上原価

4,500万円

4,500万円

±0

売上総利益

4,500万円

4,500万円

±0

販売管理費

3,750万円

3,800万円

+50万円

営業利益

750万円

700万円

▲50万円

 

〔実績結果は、売上から売上総利益までは計画通りで、経費のみプラス+50万円だった〕

 

この予算には、過度な業績目標等が入っていないので、予算と実績が大きくズレないというメリットがある。

 

当然ながら、業績予想の精度も高い。

 

ちなみに、目標管理は予算管理と区別して運用すれば、高い目標意識をキープすることができる。

 

例えば、新しい業績目標は確度100%になるまで検証してから補正予算として組み込めば、高い目標意識を持続しながら、予算管理の精度を落とさずに済む。

 

予算管理で正確な業績予想ができれば、決算までの業績予想も容易にできる。

 

当然ながら、将来の業績が見通すことができれば、経営の不安は自ずと払しょくされていく。

 

 

業績予想の精度を上げる実績差異の管理

 

予算を作成する際は、必ず下表のような単月12カ月の予算表も合わせて作成する必要がある。

 

なぜなら、単月ごとに予算と実績の差異を把握していなければ、予算修正の対応が遅れてしまい、目標の利益が獲得できなくなってしまうからだ。

 

例えば、単月ごとに予算と実績の差異を把握していれば、売上マイナス時は経費削減といった対策を適宜講じることができるので、目標の利益を獲得しやすくなる。

 

さらに、毎月の予算を実績値に上書きしていくと、決算時点の業績予想が容易にできるようになる。

 

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

合計

予算

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実績

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

差異

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

➡NEXT「新規事業を成功に導くリスク分析手法」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る