数字力がビジネスの成功を決める

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

社長の数字力を上げる方法

社長の数字力を上げる方法

 

社長の数字力は中小企業の経営を成功に導くうえで欠かせない。

 

なぜなら、中小企業は、経営者の数字力の優劣で、ビジネスの成功確率が決まるからだ。

 

事実、業績を伸ばしている中小企業の社長は概ね数字に強い。

 

一方、倒産の危機に瀕するような中小企業の社長は例外なく数字に弱い。

 

数字力とは、算数や数学の出来不出来ではない。

 

社長の数字力とは、会社の経営実態を表す財務諸表をはじめ、会社の数字と云われるあらゆる情報を読み解き、数字を活用する力のことである。

 

会社の数字は多岐にわたる。

 

例えば、財務諸表だけでも、貸借対照表、損益計算書、確定決算書、月次決算書といった数字の情報がある。

 

財務諸表のほかにも、資金繰りデータ、販売データ、顧客データ、投資データ、商品データ、取引先データ、市場データ、競合データなど等、会社の数字に関連するデータは挙げたらキリがないほどある。

 

数字一辺倒の会社経営は絶対にうまくいかないが、かといって、数字を無視した経営も絶対にうまくいくものではない。

 

社長の数字力は、会社の経営力を一段と高める効果がある。

 

社長の数字力なくして、中小企業の会社経営を成功に導くことは困難といっても過言ではない。

 

 

会社の数字とは一体何なのか?

 

会社の数字とは一体何なのか?

 

会社の数字を端的に表現すると「事業活動の結果」である。

 

例えば、モノを売れば「売上」が発生し、モノを売るための支出がかかれば「経費」が発生する。

 

そして、売上から経費をマイナスすると「利益」が出るというのが、会社の数字の簡単な仕組みである。

 

何かしらの事業活動を行うと必ず数字が発生するので、会社の数字は事業活動の結果を絶えず表す。

 

当然ながら、事業活動の結果である会社の数字の活用度合いが高いほど(社長の数字力が高いほど)、社長が判断ミスを犯す可能性は低くなる。

 

逆に、会社の数字の活用度合いが低下すると、社長が判断ミスを犯す可能性は高くなる。

 

会社の数字を無視した闇雲な会社経営をした場合の末路を想像してみてほしい。

 

どうだろうか?

 

会社経営が上手くいかないことは容易に想像できるのではないかと思う。

 

社長の数字力がビジネスの成功を決定づけると云われる所以は、ここにある。

 

 

重要な会社の数字とは?

 

会社の数字を大きく分けると3つに集約することができる。

 

「売上」と「経費」と「利益」である。

 

売上の最大化と経費の最小化を推進し、利益の最大化を実現することがビジネスの基本である。

 

利益は成長投資の源泉であり、中小企業の生存を保証する重要な要素でもある。

 

当然ながら、利益が多ければ多いほど潤沢なキャッシュが形成されるので、会社の経営はますます盤石になる。

 

つまり、社長が最も重要視すべき会社の数字は「利益」である。

 

利益が減少する兆しは、必ず、売上と経費に表れる。

 

具体的には、「売上の減少」と「経費の増加」だ。

 

売上の減少と経費の増加は、即、利益の減少に繋がる、会社衰退の危険信号である。

 

利益が減少傾向に転じると、会社の成長が鈍化、或いは、会社の成長が衰退に転じてしまう。

 

経済環境などが悪化し成長が厳しい状況であっても、売上と経費は、最低でもキープ(現状維持)しなければならない。

 

常日頃から、社長が利益を重要視していれば、売上と経費の変化に敏感でいられるので、事前に業績悪化を防ぐ手を講じることができる。

 

重要な数字である利益を見落とさない意識は、社長の数字力を上げると共に、業績悪化を防ぐ有効な方法でもあるのだ。

 

 

数字の変化の捉え方

 

数字の変化を捉えるには、日頃から数字をモニタリングする必要がある。

 

とはいっても、モニタリングの手法はさまざまある。単純に、売上、経費、利益の3つの単月結果だけをモニタリングしていても、小さな変化を見つけるのは困難を極める。

 

小さな変化を事前に捉えるには、それなりの工夫と努力が必要だ。

 

実践で使える、おススメの方法を二つ紹介したい。

 

ひとつは、年計の推移をモニタリングすることだ。

 

年計の推移を毎月モニタリングしていると、決算を待たずして年単位の業績の変化を把握することができる。

 

また、年計推移のモニタリング期間が1年を超えてくると、比較的簡単に1年後の業績予測ができるようになる。ぜひとも、試してみてほしい。

 

もう一つは、数字の構成を細分化することだ。

 

売上ひとつとっても細分化の対象は数多くある。例えば、売上を構成する商品や取引先などである。

 

一つひとつの商品や取引先の販売状況を細かくモニタリングしていれば小さな変化に気が付きやすい環境が整う。

 

小さな数字の変化を捉えることができれば、結果を開発戦略や営業戦略にフィードバックして、数字の落ち込みをカバーする、或いは、数字を改善するなどの展開も可能になる。

 

数字のモニタリングは、社長の数字力を上げる有効な方法であると共に、会社の成長を牽引する重要な経営管理でもあるのだ。

 

➡NEXT「社長が持つべき経営判断の基準」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 




 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る