正しい経営改善は会社を成長させる!

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

成功する経営改善の方法

成功する経営改善の方法

 

経営改善とは企業の事業価値を高める活動のことである。

 

資本主義経済は競争のうえに成り立っているので、経営改善ほど重要な活動はない。

 

なぜなら、経営改善の手を緩めると、時を待たずして事業価値が陳腐化(低下)し、たちまち競争から取り残されてしまうからだ。

 

当然ながら、経営改善をせずに日々を過ごしていては、会社は衰退する一方になる。

 

経営改善なくして、会社の成長はないのだ。

 

中小企業経営者は、まずこのことをしっかり理解しなければならない。

 

じつは、経営のプロの助けなく正しく経営改善を遂行できている経営者は多くない。

 

わたしの経験から言うと、経営改善が正しく遂行できている経営者は10人中2~3人くらいだ。

 

そのほかの経営者は、経営改善の内容が妥当ではない、或いは、そもそも継続的に経営改善がされていない、のどちらかである。

 

誤った経営改善は、会社の成長にちっとも貢献しない。

 

正しい経営改善のプランを策定することが、成長の第一歩なのだ。

 

 

経営改善はどこから手をつければよいのか?

 

経営改善しようにも、どこから手をつけて良いのか分からない、といった経営者もいるかも知れないが、難しく考える必要はない。

 

二つの軸を意識した経営改善プランを作れば、自ずと正しい内容に仕上がる。

 

二つの軸のひとつは「現状」、もうひとつは「目標」である。

 

経営改善は、現状と目標の差を埋めるために行う活動である。

 

従って、現状認識、或いは、目標設定の一方が欠けると、まともな経営改善プランを作ることができなくなってしまう。

 

また、誤った現状認識や目標設定も、まともな経営改善プランが作れなくなる原因になる。

 

例えば、一生懸命、経営改善に取り組んでいるにも拘わらず、次のような症状が出ている会社は、経営改善プランの見直しが必要かも知れない。

 

☑一向に経営が良くならない

 

☑赤字経営から抜け出せない

 

☑むしろ業績が悪化している

 

☑新商品や新規事業が軌道に乗らない

 

☑競争が激化する一方で優位性が見いだせない

 

このような自覚症状がある中小企業は、経営改善プランの現状認識と目標設定の一方が欠けていないか?若しくは、現状認識と目標設定の一方を見誤っていないか?という視点で、一度、経営改善プランを見直した方が良いだろう。

 

誤った経営改善プランに一生懸命取り組んでも、無駄な努力である。

 

場合によっては、失敗しか道がないという状況に追い込まれることもある。

 

 

現状認識のコツは?

 

経営の改善点は無数にある。

 

改善点が無数にあるということは、認識すべき現状点も無数にあるということだ。

 

例えば、会社の数字ひとつとっても、売上から利益、資産から負債、貯金から借金など等、数字の範囲は無限に広がる。

 

顧客と市場を見渡しても、顧客の嗜好、流行、時流、販売チャネル、将来性、価格、デザインなど等、認識すべきポイントは広範囲にわたる。

 

このような膨大な情報下において、現状認識を正しく行うのは至難の業である。

 

現状認識を誤らないためには、一定レベルの精度で情報を整理する技術を経営者自身が身につける必要がある。

 

ここで、情報整理に有効なツールをふたつ紹介しよう。

 

ひとつは「管理会計」、もう一つは「スワット(SWOT)分析」である。

 

管理会計は、会社の数字の現状を正しく捉える上で欠かせないツールである。

 

スワット分析は、会社の強みと弱みを正しく捉える上で欠かせないツールである。

 

業績改善、或いは、会社の長所の強化や弱点の解消は、現状を正しく捉えるところから出発する。

 

当然ながら、現状認識を誤ると打つ手を間違えて、業績が悪化したり、せっかくの強みが弱体化したりすることが起こり得る。

 

現状認識を誤らずに経営改善を成功に導くには、管理会計とスワット分析が不可欠である。ぜひとも、身につけてほしいと思う。

 

 

目標設定のコツは?

 

目標は段階を分けて設定すると実現度が高くなる。

 

例えば、1日後、1週間後、1ヶ月後、1年後というように時間軸で分ける、或いは、スケールの大中小、又は、実現難易度の高低で分けるなどである。

 

経営改善の目標設定は、大きいもの一つ、或いは、小さいもの一つ、だけでは十分な効果が得られない。

 

例えば、1年後の目標ひとつを掲げた経営改善と、1年後の目標達成のために必要な365日分の段階目標を掲げた経営改善を比べた場合、目標達成の実現度が高いのはどちらだろうか?

 

比べるまでもないが、後者の小さな段階目標を設定した経営改善の方が、効率的かつ効果的に目標達成できる。

 

大きな目標を掲げて、その目標を実現するための小さな目標を段階設定することが、経営改善を成功に導く秘訣である。

 

大きな目標に向かって小さな目標を一つずつクリアしていくと、目標達成のハードルはどんどん低くなる。

 

最終目標をクリアするために必要な小さな目標の段階設定が、効果的かつ効率的な目標達成を実現する方法であり、経営改善を成功に導く秘訣でもあるのだ。

 

➡NEXT「経営の勘どころを磨く方法」へ

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る