良い経営者に不可欠な5つの特徴

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

良い経営者の条件|会社の成長は社長の良し悪しで決まる

良い経営者の条件|会社の成長は社長の良し悪しで決まる

 

わたしは経営コンサルタントとして数多くの中小企業の経営に関わってきた。

 

様々な企業の盛衰を見てきてつくづく思うのは、会社の成長は経営者の良し悪しで決まる、ということだ。

 

トップダウン構造にある中小企業においては、社長の能力次第で業績が決まるといっても過言ではなく、事実、良い経営者がいる会社の業績は例外なく伸びている。

 

この記事では、最低限、身につけるべき良い社長の条件について、順を追って詳しく解説する。

 

ひとつでも劣っている条件があると、そこが弱点となって、企業衰退の原因を作りかねないので、自身の経営能力と照らし合わせて、セルフチェックしてみてほしい。

 

 

 

良い経営者の条件「決断力がある」

 

一つ目の良い経営者の条件は「決断力」である。

 

経営者の仕事は決断することと云われるように、優れた決断力は、良い経営者の条件に不可欠な能力といって過言ではない。

 

優れた決断力支える要因は様々あるが、なかでも、決断のスピードは速いほど良い。なぜなら、経営者が決断しなければ、会社の成長がそこで止まってしまうからだ。

 

わたし自身、決断には数秒の時間しか割かないし、業績を伸ばしている良い経営者ほど、決断のスピードが速い。

 

【関連記事】経営者の決断力を鍛える方法

 

 

良い経営者の条件「実行力がある」

 

二つ目の良い経営者の条件は「実行力」である。

 

経営者の実行力は、企業の成長を決定づける重要な能力なので、良い経営者の条件として、優れた実行力は欠かせない。

 

経営者自らが会社の先頭に立って実行力(リーダーシップ)を発揮している会社は、例外なく業績を伸ばしている。

 

経営者の実行力で一番大切なのは、社員の見本になり得るお手本を示せるか否かである。

 

例えば、口先だけで行動が伴わない社長の指図は社員の反発を招くだけで、会社の成長に貢献することはないが、物事を口だけでなく、行動でも示すことができる優れた社長の実行力は、間違いなく会社の成長に貢献する。

 

新しい環境や物事であっても、物怖じすることなく全力で体当たりできる実行力は、間違いなく、会社の明るい未来を形作る。

 

【関連記事】経営者の実行力を高める方法

 

 

良い経営者の条件「責任感がある」

 

三つ目の良い経営者の条件は「責任感」である。

 

会社で起こる不測の事態や社員のミスや顧客のクレームなどなど、すべての責任を経営者自身に帰結できる責任感は、良い経営者の条件に不可欠な能力である。

 

なぜなら、経営者に責任感がないと、社長の威厳や風格だけでなく、社長業の勘どころが全く身につかず、経営者としての成長が止まってしまうからだ。

 

また、責任感のない経営者の下では、組織が覇気のない集団に陥りやすくなり、組織力の低下とともに業績が悪化するケースが多い。

 

会社の最高責任者である経営者は、すべての責任を負う立場にある、唯一無二の存在である。決して、他人に責任転嫁できないのが、社長の立場なのだ。

 

 

良い経営者の条件「数字力がある」

 

四つ目の良い経営者の条件は「数字力」である。

 

数字を無視した会社経営に成功はあり得ないので、良い経営者の条件として、優れた数字力は不可欠である。

 

たとえ優れた決断力や実行力があったとしても、その決断や実行の成否を判断するのは、事業結果のすべてが表れている会社の数字が起点となる。

 

つまり、優れた数字力なくして、正しい会社経営などできないのである。

 

事実、業績を伸ばしている多くの経営者は、優れた数字力を持っている。

 

たとえ数字が苦手な経営者であっても、数字力の重要性を認識している社長は、数字に強い参謀役をつけて、自身の弱点を補って業績を伸ばしている。

 

【関連記事】社長の数字力を上げる方法

 

 

良い経営者の条件「感謝力がある」

 

五つ目の良い経営者の条件は「感謝力」である。

 

会社の事業活動を支える顧客、社員、取引先への感謝なくして、企業の永続性を確立することはできないので、感謝力は良い経営の条件に欠かせない能力といえる。

 

例えば、顧客への感謝は「サービスや品質向上」に、社員への感謝は「労働環境や報酬改善」に、取引先への感謝は「売上拡大や安定経営」に自然と繋がるので、経営者の感謝力の強弱で、企業の成長発展が決まってしまうといっても過言ではない。

 

当たり前だが、感謝のない会社経営を続けていては、経営破綻のリスクが高まるばかりとなる。

 

 

良い経営者の条件のまとめ

 

トップダウン構造にある中小企業においては、社長の能力次第で業績が決まるといっても過言ではなく、事実、良い経営者がいる会社の業績は例外なく伸びている。

 

この記事では、最低限身につけるべき良い経営の条件として、「決断力」、「実行力」、「責任感」、「数字力」、「感謝力」、5つの能力について、詳しく解説した。

 

ひとつでも劣っている条件があると、そこが弱点となって、企業衰退の原因を作りかねないので、劣っている条件がある場合は、自身の能力研鑽、あるいは、経営参謀の活用に努めてほしい。

 

➡NEXT「潰れる会社の特徴|会社が潰れる前兆は目の前にある」へ

 

 

無料オンライン講座のご案内

 

無料オンライン経営講座は中小企業専門の経営コンサルタントの伊藤(当サイト運営者)が実践している企業の永続性を確立する方法論を説いた経営講座です。会社をさらに拡大したいと思ってる中小企業経営者、これから会社経営に挑む起業家や後継者は確実に受講されることをお薦めします。

 

⇒⇒無料経営講座「企業の永続性を確立する方法論が7日間で分かる」はこちら

 

 

おススメ記事

 

 

 

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る