笑顔の力|社長が笑えば会社が発展する

笑顔の力|社長が笑えば会社が発展する

 

赤ちゃんの笑顔をご覧になったことはあるだろうか?

 

どんなに心がざわついていたとしても、赤ちゃんの屈託のない笑顔を見ると一瞬で癒される。それほどに笑顔の力は偉大である。

 

この記事では、笑顔の力、並びに、会社の発展をけん引する社長の笑い方について、詳しく解説する。

 

 

笑顔には偉大な力がある

 

どんなに心がざわついていたとしても、赤ちゃんの屈託のない笑顔を見ると一瞬で癒されるが、笑顔にはマイナスの感情を一瞬でプラスに変える偉大な力がある。

 

試しに、苦しい時ほどニコッと笑ってみてほしい。きっと、心が軽くなるはずだ。

 

わたし自身もよく実践しているし、経営サポート先の社長さんにも、社長は会社が苦しい時ほど笑顔を意識した方が良いですよと折にふれて言っている。

 

業績がしんどい時や面白くないことが起こった時に、社長が深刻な表情や険しい表情をしていたら、社員はどんな心境になるかお分かりだろうか?

 

社員は、一瞬でマイナスの感情に陥る。

 

心配や不安感といった盲心に苛まれ、どんどん活力が失われる。

 

社長についていくことの不安や不信感も高まり、信頼関係も低下する。

 

苦しい時ほど、社長がニコッと笑うことで、社員が救われ、会社が救われる。まさに、笑顔は誰でも自由に使える最良の道具である。

 

 

笑顔には副作用もある

 

笑顔には副作用もある。

 

例えば、会社には好調な時期もあるが、こういう時は、笑顔よりも真顔が大切になる。

 

業績好調時は、とにかく調子に乗りやすくなる。商売なんか楽勝といった気持ちで社長がヘラヘラ笑っていると、その気持ちは簡単に社員に伝染してしまう。

 

こうなると、組織全体が顧客軽視や経営課題軽視の言動に陥りやすくなり、業績好調が一転して不調に陥ることが往々にしてある。

 

簡単に言えば、笑顔が元凶で組織が顧客に対する誠実さを失い、会社が腐るということだ。

 

業績好調の時ほど、笑顔よりも真顔重視で、とにかく、今の状況は顧客や関係者のお陰と、頭を垂れることが繁栄の秘訣になる。笑顔のさじ加減ひとつで、会社の盛衰が決まることもあるのだ。

 

 

笑顔はさじ加減が重要

 

笑顔のさじ加減は、売れているお笑い芸人さんが得意としている。

 

真顔のフリがうまいほど、話しのオチに対するお客の受けが良く、大きな笑顔が返ってくる。

 

わたしは、根っからの笑い上戸なので、笑いを取ることがなかなか苦手だ。だからこそ、お笑い芸人さんを尊敬しているし、心底凄いと思っている。

 

社長や実業家に転身するお笑い芸人さんが稀にいるが、案外、天職なのかなと思う時もある。

 

苦しい時ほどニコッと笑い、好調な時ほど笑顔のさじ加減を塩梅する。笑顔は人を幸せにする。ぜひ、実践してみてほしい。

 

➡NEXT「変化に対応する企業が生き残る|環境変化に上手に適応する方法」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 









 


人気記事ランキング
企業存続の条件は様々あるが、絶対的な条件に絞ると3つあり、この3つの何れかが欠けると企業存続の可能性が低下する。この記事では、企業存続の3つの条件について詳しく解説しています。
事業拡大なくして企業の存続なし。つまり、事業拡大の取組みは企業の生命線になります。事業拡大のための経営健全化から成長戦略に至るまで分かり易く徹底解説しています。
経営改善計画書は会社の最良の未来予想図を示すロードマップです。経営改善計画書の目的・効果・機能・作り方から計画の実効性を高める方法に至るまで徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


儲かる実践ノウハウ:プロ経営者直伝イノベーション売上拡大経営能力研鑚後継者育成生産性改善事業拡大顧客創造強い組織作り経営知識税金知識事業再生

経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
このページの先頭へ戻る