中小企業に適したコスト削減戦略

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

コスト削減の正しい戦略|コスト削減のメリット・ポイント・注意点

コスト削減の正しい戦略|コスト削減のメリット・ポイント・注意点

 

コスト削減の正しい戦略は「企業の付加価値を高めること」に尽きる。

 

なぜなら、企業の付加価値を棄損するようなコスト削減を行うと、大概の会社は、衰退の一途を辿ってしまうからだ。

 

企業の付加価値を高めるコスト削減を推進すると、競合他社よりも低コストで、同等かそれ以上の品質の商品を提供することができるようになり、自ずと、競争の優位性が高まる。

 

競争の優位性が低下すると、途端に会社が衰退するので、コスト削減は企業存続に欠かせない重要な活動といっても過言ではない。

 

この記事では、コスト削減の正しい戦略から、コスト削減のメリット・ポイント・注意点に至るまで、詳しく解説する。

 

 

 

コスト削減の正しい戦略

 

コスト削減の正しい戦略は、企業の付加価値を高めることを基軸に組み立てることが、重要なポイントになる。

 

従って、企業の付加価値、つまり、会社の強みを弱体化させかねないコスト削減は避けなければならない。

 

例えば、コスト削減がきっかけで会社の強みが弱体化し、利益が減少するといった症状は誤ったコスト削減の典型的な戦略例である。

 

また、コスト削減の結果、生産性が低下した、安全性が低下した、品質が低下した、といった症状も、誤ったコスト削減の戦略例になる。

 

会社の強み、或いは、会社の生産性や商品の品質を維持(できれば向上)しながらコスト削減を推進することが、正しいコスト削減の戦略なのだ。

 

なお、コスト削減の具体的手法に関しては、こちら「コスト削減の考え方・目的・効果・方法を徹底解説」の記事で解説しているので、参考にしてほしい。

 

 

コスト削減のメリット

 

コスト削減の最大メリットは、競合他社よりも低コストでより良い商品やサービスを提供できる環境が整うことである。

 

また、低コスト体制が確立されると、損益分岐点も下がるので、利益拡大のスピードが一段と加速するメリットも享受できる。

 

さらに、コスト削減の意識が組織に根付くと、社員のコスト意識や利益意識がグッと高まるので、会社全体の生産性も向上する。

 

これらのコスト削減メリットを享受し続けるには、コスト削減活動を定着させ、持続的にコスト削減効果を上げることが大切になる。

 

【関連記事】簡単かつ即効性のあるコストダウン手法

 

 

コスト削減の重要ポイントと注意点

 

コスト削減を推進するうえで注意すべき点は、会社の強みや付加価値を棄損させないことである。

 

従って、コスト削減に取り掛かる前に緻密な効果検証を必ず行い、マイナスリスクを極力払拭することがコスト削減を成功させる重要なポイントになる。

 

例えば、コスト削減の効果検証の結果、利益減少、生産性低下、社員の安全性低下といったマイナスリスクが出ることが予想される場合は、そのコスト削減を止めるか、リスクが低下するコスト削減方法を再検討しなければならない。

 

或いは、コスト削減後に、想定以上のマイナスリスクが表面化した場合は、即刻元に戻すといった判断をしなければならない。

 

また、コスト削減がきっかけで、売上が減少することは良くあることだが、利益が減少しなければ、そのコスト削減は成功したと判断することも重要なポイントだ。

 

なぜなら、企業の生存に欠かせない要素は利益(現金)であり、なお且つ、コスト削減は、売上拡大よりも利益拡大に軸足を置いた方が、大きな効果が得られるからだ。

 

例えば、売上が拡大している一方で利益が減少してしまう赤字商品や赤字事業部分をコスト削減の対象にする方法は大変に効果的である。

 

➡NEXT「中小企業に適したファブレス経営戦略」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る