コスト改善が競争力を高める

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

簡単かつ即効性のあるコストダウン手法

簡単かつ即効性のあるコストダウン手法

 

コストダウンは会社の競争力を決定付ける重要な取り組みである。

 

なぜなら、競合他社よりも低コストで商品やサービスを提供することができれば、市場での優位性が高まるからだ。

 

市場での優位性を失うと、たちまち市場競争からはじき出されるので、日頃のコストダウンの成果が会社の生存を決める、といっても過言ではない。

 

また、低コスト体制で高付加価値商品を開発することができれば、大きな利益を獲得することが容易になるので、コストダウンは高い収益基盤を整える効果もある。

 

そして、効果的にコストダウンを進めるために欠かせない要素が、目標である。

 

現状と目標のギャップを解消することが、効果的なコストダウンを実現する秘訣になる。

 

当然ながら、目標のないコストダウンは、非効率な活動を生み出し、たくさんの時間と労力を浪費する結果を招きかねない。

 

なお、効果的にコストダウンを進めるうえでおススメの目標指標は「売上総利益高経費率」である。

 

計算式は下記の通りである。

売上総利益高経費率=(経費÷売上総利益)×100

 

売上総利益高経費率の標準水準は90%、優良水準は80%である。

 

現状の売上総利益高経費率が分かれば、目標とのギャップが明らかになるので、効果的にコストダウンを進めることができる。

 

 

簡単かつ即効性のあるコストダウンの具体的手法とは?

 

簡単かつ即効性のあるコストダウンの代表的な手法は「総量規制のコストダウン手法」と「ゼロベースのコストダウン手法」のふたつがある。

 

総量規制とは、コストの総量を規制して、コストダウンを進める手法である。

 

ゼロベースとは、コストの必要可否を精査し、コストダウンを進める手法である。

 

それぞれのコストダウン手法を、さらに詳しく解説していきたい。

 

 

総量規制のコストダウン手法

 

総量規制とは、コストの総量を規制して、コストダウンを進める手法である。

 

例えば、年間コスト1億円以内という総量規制を設定した場合は、総量規制である年間コスト1億円超過分がコストダウンの対象になる。

 

総量規制のコストダウン手法は、目標金額が明快になるので、コストダウンの目標管理と、効果測定が容易になる。

 

なお、総量規制のコストダウンは、会社全体で取り組む手法、部門ごとに総量規制を割り当てる手法、社員一人ひとりに総量規制を割り当てる手法がある。

 

当然ながら、コストダウンの総量規制を細分化するほど、短期間でコストダウン効果を上げることができる。

 

 

ゼロベースのコストダウン手法

 

ゼロベースとは、コストの必要可否を精査し、コストダウンを進める手法である。

 

例えば、不要と判断されたコストはコストダウンの対象として、躊躇なくゼロ(削減)にするといった手法である。

 

どんな会社にも会社の業績にさほど貢献していない不要なコストが混入している。

 

一つひとつのコストの必要可否を丹念に精査していくと、思いもよらないコストダウン効果を上げることもできる。

 

なお、急を要するコストダウンの場合は、業界団体の一時離脱や協賛や寄付の停止といった手法で、業績貢献度の低いコストをすべてゼロ化していくと、比較的短期間でコストダウン効果を上げることができる。

 

ただし、社員の安全を損なうコストダウンや商品やサービスの品質を下げるコストダウンには、決して手を出してはならない。

 

➡NEXT「管理部門の収益性を高める利益目標」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る