利益拡大を支える収支分解とは?

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

中小企業の利益拡大を図る経営戦略|会社の利益を拡大する具体的手法と戦略

中小企業の利益拡大を図る経営戦略

 

利益拡大を図る経営戦略は、安定経営の実現に欠かせない戦略である。

 

なぜなら、会社の利益は、企業の存続を保障する重要な要素だからだ。

 

中小企業の利益拡大は、会社の利益の足を引っ張る損失要因(赤字収支や赤字取引等の損失)を、徹底的に排除することで実現できる。

 

つまり、会社の損失を徹底的に排除する活動が、利益拡大の基本戦略になる。

 

利益の足を引っ張る損失要因は、会社の数字を分解すると見えてくる。

 

会社の数字は、様々な事業収支の集合体で形作られているので、事業収支を細かく分解していくと、どこに利益の源泉があり、どこに損失の原因があるのかが分かる。

 

例えば、一つの会社の中に、A事業部とB事業部があった場合、その会社の収益構造は2つの事業収支に分解することができる。

 

更に、夫々の事業部が販売する商品が各々5種類あったとすると、収益構造は2事業部×5商品、合計10の事業収支に分解することができる。

 

全ての事業収支が黒字であれば問題ないが、どんな会社にも、利益がマイナス(赤字体質)の赤字収支の事業、或いは赤字取引の商品が混入している。

 

当然ながら会社全体の収支が黒字であっても、赤字事業、或いは、赤字商品が混入していれば会社の利益は減少する。

 

会社全体から事業へ、事業から商品へと、事業収支を細分化する分解イメージは下図の通りである。

 

 

このように、事業の収支構造は、事業や商品毎に細分化することで、一つひとつの実態が明らかになる。

 

そして、細分化した各事業収支の損益(黒字か赤字)が明確になれば、会社の利益の足を引っ張る損失要因を排除する利益拡大戦略を、効果的かつ効率的に展開することが可能になる。

 

 

利益拡大を図る経営戦略の基本ポイント

 

利益拡大戦略の基本ポイントは、黒字収支は利益の最大化を、赤字収支は黒字化を目指すことが基本戦略になる。

 

そして、利益を拡大する場合は、赤字収支の黒字化を最優先しなければならない。

 

なぜなら、赤字収支は癌細胞のごとく増殖スピードが速いので、放置すると会社の衰退リスクが高まるばかりとなるからだ。従って、赤字収支を見つけた場合は、待ったなしで対処する必要がある。

 

なお、赤字収支の改善度を判定する判断基準は「貢献利益」を用いる。

 

貢献利益とは、その事業、又はその商品が会社全体の利益にどの程度貢献しているのかを表す利益指標である。

 

貢献利益算定の損益構成と判定方法は下記の通りである。

 

項目

補足

売上

事業単体又は商品単体の売上

売上原価

事業単体又は商品単体の売上に連動する原価

売上総利益

売上-売上原価

直接経費

事業単体又は商品単体の売上に連動する直接経費

貢献利益

売上総利益-直接経費

本部経費等

事業単体又は商品単体の売上に連動しない本部経費や間接経費

営業利益

貢献利益-本部経費等

 

貢献利益が黒字

 

貢献利益が黒字であれば、更に利益が拡大されるような経営改善を推進する。

 

貢献利益が減少傾向、或いは、貢献利益が黒字であっても営業利益が赤字の場合は、営業利益黒字化のための抜本改革を断行する。

 

 

貢献利益が赤字

 

貢献利益が赤字であれば、貢献利益の黒字化を実現すべく抜本改革を断行する。

 

貢献利益黒字化の見込みがない場合は、事業閉鎖、商品終売等を検討し、速やかに損失を解消する。

 

 

赤字収支の黒字化と黒字収支の利益拡大のコツは?

 

事業や商品が赤字収支になっている場合は、必ず、どこかにムダムラが潜んでいる。

 

倒産の危機に瀕するような中小企業は、会社全体の損益(事業収支)は辛うじて把握していても、事業毎、或いは商品毎の損益(事業収支)を把握していないケースが多い。

 

当然ながら、会社の損失原因が特定されていれば効果的に利益を拡大することができるが、損失原因が特定されていなければ、利益拡大のための活動がすべて的外れなものになってしまう。

 

「いろいろと手を打ってはいるが、会社の利益が一向に拡大しない」というパターンの会社は、殆どが的外れな活動に陥っている可能性が高い。当然ながら、的外れな活動は、労力と時間のムダである。1円たりとも利益に貢献することはない。

 

中小企業が利益拡大の経営戦略を推し進めるには、日頃から、事業や商品毎の細分化した収支をしっかり把握することが大切だ。

 

正しい収支状況が把握できていれば、収支が悪化する前に、適宜、利益改善策を講ずることができる。

 

そして、中小企業経営者は、会社を生かすのは、売上ではなく利益である、ということを常に意識することが大切だ。

 

中小企業の場合、100億円の売上に対して利益1億の会社より、10億円の売上に対して利益1億の会社の方が、よほど将来性がある。

 

利益を拡大するためには、目指すべき目標を、売上ではなく、利益に向けることが欠かせない。

 

➡NEXT「中小企業の補助金と助成金の活用戦略」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る