毎月1回の損益分析で安定経営を実現する

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

損益分析で分かる会社の問題点

損益分析で分かる会社の問題点

 

会社の損益分析は最低でも毎月1回は行った方がよい。

 

なぜなら、損益分析結果を経営に反映させることで、会社衰退のリスクを抑えることができるからだ。

 

会社の損益分析の根拠情報は損益計算書を用いるが、損益分析で分かる会社の問題点は次の3つに絞られる。

 

それは、「成長性」、「収益性」、「経費水準」の3項目である。

 

この3項目の損益分析結果が良好であれば、会社衰退のリスクは低いといえる。

 

逆に、この3項目の損益分析結果が悪化していれば、会社衰退のリスクが高いといえる。

 

会社の損益分析をするうえで気を付けるべき点は「損益分析の方法」と「分析結果の判定」である。

 

当然ながら、損益分析の方法が間違っていれば、正しい分析結果は出ない。

 

また、損益分析の方法が正しくても、分析結果の判定を誤れば、同様に正しい分析結果は出ない。

 

誤った分析結果をもとに経営改善を行っても、成果が出ないであろうことは容易に想像できるだろう。

 

 

中小企業の損益分析方法

 

正しい損益分析の方法と結果判定基準を理解することが、正しい損益分析結果を生み出す要点になる。

 

また、分析結果と適正ラインを照合すると改善点と改善目標が明確になるので、効率的な会社経営ができる。

 

中小企業の安定経営を実現するための、「成長性」、「収益性」、「経費水準」の3項目の損益分析の具体的方法は下記の通りである。

 

 

損益分析で分かる「成長性」の問題点

 

成長性の適正診断は「売上高成長率」から求めることができる。

 

売上高成長率 = 〔(当期売上高-前期売上高) ÷ 前期売上高〕 ×100

 

例えば、売上成長率が0%以上であれば、売上が成長していると判断できる。

 

概ね、0%~5%が標準水準である。6%~20%の範囲であれば超優良水準である。

 

標準水準を下回っている場合に考えられる主な問題点は以下の通りである。

 

・市場規模、顧客数が縮小している

 

・新商品、新市場の開拓が停滞している

 

・営業力が低下し、競合他社が台頭している

 

 

損益分析で分かる「収益性」の問題点

 

収益性の適性診断は、「売上総利益高営業利益率」から求めることができる。

 

売上総利益高営業利益率 = (営業利益 ÷ 売上総利益) ×100

 

例えば、売上総利益高営業利益率が0%未満だと、赤字経営ということになる。

 

概ね、10%が標準水準である。11%~20%の範囲内であれば超優良水準である。

 

標準水準を下回っている場合に考えられる主な問題点は以下の通りである。

 

・高付加価値商品の割合が低下している

 

・価格競争に巻き込まれて利益が圧迫されている

 

・営業効率が低下し投下した経費の割に売上と利益が確保されていない

 

 

損益分析で分かる「経費水準」の問題点

 

経費水準の適性診断は、「売上総利益高経費率」から求めることができる。

 

売上総利益高経費率 = (経費 ÷ 売上総利益) ×100

 

例えば、売上総利益高経費率が100%以上だと、赤字経営ということになる。

 

概ね、90%が標準水準である。80%~89%の範囲内であれば超優良水準である。

 

標準水準を下回っている場合に考えられる主な問題点は以下の通りである。

 

・ムダムラを見逃している

 

・売上総利益の割に経費が過分にかかっている

 

・経費効率(組織体制、コスト意識等)が低下している

 

 

損益分析の要点は「成長性」「収益性」「経費水準」

 

この他にも、損益の適正分析をする方法はあるが、主に、「成長性」、「収益性」、「経費水準」の3項目を十分に把握していれば、会社経営を大きく誤る可能性は低い。

 

損益計算書を読める経営者は多いが、損益分析を正しくできる中小企業経営者は多くない。

 

せっかく馴染みのある損益計算書である。

 

普段から経営分析の資料として身近に活用すれば、有益な情報を簡単に得ることができる。

 

なお、損益計算書が読めない経営者であっても、損益分析を続けていると、段々、理解度が深まっていく。

 

損益分析は、会社衰退の防御策になるので、中小企業経営者が身につけておきたい必須スキルといっても過言ではない。

 

➡NEXT「中小企業の経営診断/秘訣と効果」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る