正しい事業の拡大方法

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

事業拡大のために理解すべき基本戦略

事業拡大のために理解すべき基本戦略

 

事業を拡大するには、成長投資の原資になる利益を拡大しなければならない。

 

そして、利益を拡大するには、会社に利益をもたらす新たな顧客を常に創造しなければならない。

 

つまり、事業拡大を加速させる基本戦略は、利益拡大と顧客創造にあるのだ。

 

顧客が増えれば、会社の利益が増えて、事業が拡大するので、利益拡大と顧客創造は両輪の関係にあるが、それぞれの戦略には違いがある。

 

例えば、利益拡大は、売上に対する利益や経費のバランスや、成長投資の還元サイクル、利益拡大の手段、など等、ロジックが複雑で、なお且つ、コントロールすべきポイントが沢山ある。

 

当然ながら、利益拡大のコントロールを誤ると、会社の成長が一転して衰退の一途を辿ることもあり得る。

 

顧客創造は、やるべきことが明快で、商品やサービスの付加価値を追求し、その付加価値を潜在顧客に発信し続けることに尽きる。

 

逆にいうと、付加価値の追求と発信なくして、新たな顧客を創造することはできない、ということでもある。

 

事業拡大を後押しする利益拡大と顧客創造の基本戦略について、順を追って解説していきたい。

 

 

利益拡大の基本戦略

 

利益拡大の基本戦略は、正しい利益目標の運用にある。

 

然るべき利益目標を掲げると、間違いなく、事業拡大のスピードが加速する。

 

利益目標は「率」、「額」、「現金」の3つの指標を使って立てると、事業拡大を後押しする目標に仕上がる。

 

率は、掛け算の世界なので、プラスの率は利益拡大を加速させ、マイナスの率は利益拡大を失速させる。つまり、利益拡大のスピードは、率によって決まる。

 

額は、足し算の世界なので、絶対的な利益目標を示し、率で追いつかない利益拡大施策を考えるきっかけを与えてくれる。

 

現金は、会社の生存を保障する唯一の要素なので、利益目標とセットで運用しなければならない。

 

また、利益の大きさと現金の大きさは比例関係に無いので、利益目標と共に現金残高の目標も掲げないと、事業拡大が途中で頓挫するリスクが高まるばかりとなる。

 

以上の3つの指標を使って利益目標を立てると、利益拡大と共に、事業拡大のスピードが加速する。

 

なお、それぞれの利益目標の詳しい立て方は「こちらの記事」で紹介しているので、是非とも、参考にしてほしい。

 

 

顧客創造の基本戦略

 

顧客創造の基本戦略は、商品やサービスの付加価値の追求と共に、その付加価値を潜在顧客に発信し続けることである。

 

付加価値を追求し、その付加価値を潜在顧客にしっかり発信できれば、間違いなく、事業拡大のスピードが加速する。

 

資本力のない中小企業の場合、付加価値を追求しようと思っても開発や研究資金の捻出がうまくできず、二の足を踏むケースもあると思うが、価値の再定義も立派な付加価値の追求である。

 

例えば、ユニクロのヒートテックなどは価値の再定義で顧客創造(事業拡大)に成功した典型例である。

 

ヒートテックの原型は肌色Uネックの通称ババシャツだが、カラーと生地を工夫して、おしゃれで機能的という価値を再定義することで、顧客創造(事業拡大)に大きく貢献する商品を生み出した。

 

商品やサービスの用途やコンセプトの開発は、資金がなくても考えることができる。

 

また、付加価値の発信についても、ホームページの活用、お店のレイアウトやPOPの活用、既存顧客へのDM、など等、資金がなくても工夫次第でいかように取り組むことができる。

 

付加価値の追求と発信なくして、新たな顧客を創造することはできない。

 

当然ながら、顧客の創造なくして、事業拡大はあり得ない。

 

➡NEXT「会社の強みを磨いて成長を加速する方法」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る