会社存続の条件は会社の強みにある

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

会社の強みを磨いて成長を加速する方法|強みがあれば企業の永続性が強まる

会社の強みを磨いて成長を加速する方法

 

会社の売上は、会社の強みによってもたらされる。

 

つまり、会社の強みを磨くほど、売上が拡大し、会社の成長スピードが一段と加速するのだ。

 

これといった会社の強みがない場合は、弱みを克服し、会社の強みを形成する努力をしなければならないが、強みと弱みがあった場合は、会社の強みを徹底的に磨くことを最優先すべきである。

 

なぜなら、大概の会社は、会社の強みを徹底的に磨くことで、会社の弱みが克服されていくからだ。

 

また、会社の強みを磨く努力と会社の弱みを克服する努力の費用対効果を比べた場合、会社の強みを磨く努力の費用対効果の方がはるかに大きい。

 

会社存続の条件は、会社の強みにあるといっても過言ではないが、会社の強みを的確に捉えている中小企業は決して多くない。

 

例えば、せっかくの会社の強みを見逃している会社、会社の強みがあるにも関わらず磨くことを放棄している会社、会社の強みを見誤っている会社、など等、状況はまちまちだが、会社の強みが曖昧になっていることが原因で、業績が伸び悩んでいる中小企業は決して少なくない。

 

会社経営において、会社の強みを的確に捉えることほど重要なことはない。

 

なぜなら、経営判断に迷ったとき、或いは、経営の逆風や難題に直面した時に、会社の強みが自覚できていれば、誤った方向に流されるリスクが低くなるからだ。

 

当然ながら、会社の強みが不明瞭だと、行き当たりバッタリの経営に陥り、衰退リスクが高まるばかりとなる。

 

 

会社の強みを見つける方法

 

会社の強みを見つける効果的な方法はスワット分析である。

 

スワット分析とは、自社の強みと弱み、外部の機会と脅威を明らかにして、会社を更なる成長の原動力になり得る会社の強みを明確にする情報分析手法のことである。

 

下図は、スワット分析のフレームワークである。

 

 

スワット分析のフレームワークは、「強み」、「弱み」、「機会」、「脅威」の4つの要素で構成されている。

 

強みは会社の長所、弱みは短所や課題、機会は追い風、脅威は逆風というように、それぞれ読み替えることできる。

 

会社の現状と経営環境を見渡して、強み、弱み、機会、脅威の4つの要素を徹底的に洗い出す作業が、スワット分析の第一ステップになる。

 

重要なポイントは、強みと弱み、或いは、機会と脅威を読み間違えないことだ。

 

万が一、読み間違ってしまうと、会社の強みを見誤り、経営が誤った方向に誘導されてしまうこともあり得る。

 

従って、スワット分析の出発点であるこの作業は、固定概念に捉われない客観性を持った眼で慎重かつ冷静に進める必要がある。

 

捉え方ひとつで弱みが強みに変わる、或いは、脅威が機会に変わることは良くあることだ。

 

独りよがりな分析をしないことが、会社の強みを的確に捉える秘訣である。

 

また、スワット分析で客観的に会社の強みを分析すると、思いもよらぬ強みが見えてくることがある。

 

なお、スワット分析は会社の強みを見つけるだけに止まらず、経営戦略の点検、経営結果の点検、経営者の思考点検など、あらゆる経営シーンで活用できる。是非とも日頃の経営に活用してほしい。

 

➡NEXT「流行に負けない強いビジネスの作り方」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る