新規事業なくして会社の成長なし

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

事業拡大を加速する新規事業の作り方|失敗しない新規事業の構築法

事業拡大を加速する新規事業の作り方

 

新規事業を作る仕事は、会社成長に不可欠な取組みである。

 

なぜなら、既存事業は必ずどこかで成長ピークを迎えるからだ。

 

会社の持続的成長を成し遂げるには、既存事業を成長ピークに持っていくことも大切だが、将来の収益源になり得る新規事業を定期的に作ることも大切である。

 

当然ながら、新規事業を作ることなく日々を過ごしていては、既存事業の衰退とともに、会社も衰退の一途を辿ってしまうかも知れない。

 

新規事業を成功に導くには、新しい価値観を絶えず市場に示す経営姿勢が欠かせないが、新規事業を作ることは、決して大げさなものではない。

 

新しい商品やサービスを市場に提供することも立派な新規事業である。

 

当然ながら、大きな投資をせずとも、新規事業を作る方法はたくさんある。

 

ただし、新規事業には、必ず、失敗リスクがついて回ることを忘れてはならない。

 

事実、新規事業が原因で会社が衰退したケースは数多にある。

 

新規事業で失敗しないためには、成功する新規事業の作り方をしっかり理解することが大切なのだ。

 

 

成功する新規事業の作り方とは?

 

成功する新規事業の作り方の解説に入る前に、そもそも、事業を構成する要因を解説したい。

 

事業を構成する要因はふたつしかない。

 

ひとつは「市場」、もう一つは「商品」である。

 

当たり前だが、この二つの一方が欠けると、事業は成り立たない。

 

つまり、新規事業を作る公式は、次の3つのパターンが考えられる。

 

①既存の市場に新しい商品を投入する

 

②既存の商品を新しい市場に投入する

 

③新しい商品を新しい市場に投入する

 

ちなみに、それぞれの新規事業の成功率は、①>②>③となる。

 

③番の新しい商品を新しい市場に投入するパターンで作った新規事業は、成功率がゼロに近いので手を出さない方が良い。(素人分野で成功できるほど事業経営は甘くない)

 

②番の既存の商品を新しい市場に投入するパターンで作った新規事業は、それなりの広告や資本力を要するので中小企業にあまり向いてない。(ITなどの安価な技術を活用した巧みな広告を展開すれば成功率が多少上がる)

 

新規事業の作り方で成功率が最も高いのは①番で「既存の市場に新しい商品を投入する」である。

 

例えば、書籍販売のネット市場に電子書籍という新商品を投入すれば、比較的簡単に新規事業を成功に導くことができる。

 

 

新規事業を作る際の注意点と成功の秘訣

 

既存の市場へ新しい商品を投入するパターンで新規事業を作る際の注意点は、新商品の付加価値である。

 

当たり前だが、既存商品を上回る付加価値が新商品に備わっていなければ、市場に受け入れられることはない。

 

先の電子書籍の場合は、既存の書籍より安価で場所を取らない、という付加価値があるので問題ないが、既存商品より新商品の付加価値が優れていないと新規事業は失敗する。

 

また、優れた新規事業を作るには、既存商品の深掘りが欠かせない。

 

例えば、経営資源を十分に有効活用しているか、商品改良の余地はないか、新しい用途はないか、新しい技術を取り入れて商品の付加価値を上げられないか、など等、深掘りの余地は無限にあるものだ。

 

深掘り活動は、新規事業アイデアの源泉になる技術やノウハウの蓄積に繋がるので、決して疎かにしてはならない。

 

日頃の深掘り活動の質が、優れた新規事業を作る秘訣といっても過言ではない。

 

➡NEXT「事業拡大のために理解すべき基本戦略」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る