ブランドの力が事業拡大を加速する

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

強いブランドを作るマーケティング戦略

強いブランドを作るマーケティング戦略

 

中小企業にとって、ブランド力という無形資産ほど、事業拡大に役立つ資源はない。

 

なぜなら、強いブランド力を持っていれば、たとえ競合他社より商品やサービスの質が多少劣っていたとしても、一定の競争力をキープすることができるからだ。

 

ブランドを作る戦略展開は、商品が効率的に売れる環境を整える戦略展開の総称であるマーケティングの範疇に入る。

 

ブランドマーケティングは、マーケティングのなかでも会社の成長と衰退を大きく左右する重要戦略なので、基本戦略をしっかり抑える必要がある。

 

ブランドマーケティングの基本戦略は、カテゴリー(ターゲット)の焦点をひとつに絞って、ブランド力を構築するところにある。

 

例えば、餃子専門店の餃子と、ラーメン屋のサイドメニューの餃子のふたつがあった場合、顧客が食べたいと思う餃子、つまり、ブランド力が高い餃子はどちらか?

 

答えは、前者の餃子専門店のものである。

 

この他にも、焼き鳥屋、おでん屋、焼き肉屋のように、カテゴリーの焦点をひとつに絞ったブランド構築が、強いブランドを作るブランドマーケティングの基本戦略になる。

 

なお、誤ったブランドマーケティングの戦略展開の例は簡単である。

 

カテゴリー、或いは、ターゲットの焦点がぼやけると、簡単にブランド力が低下する。

 

例えば、餃子専門店が、ラーメン、焼き鳥、おでん、焼き肉などをメニューに加えるほど、加速度的にブランド力が低下していく。

 

商品を増やすことは短期的には売上増加の効果があるかも知れないが、ブランド力低下という副作用を招き、長期的な効果は見るも無残な結果になることが多い。

 

ブランドマーケティングは、カテゴリーの焦点をひとつに絞ったブランド構築が、成功の秘訣なのだ。

 

 

中小企業に適したブランドマーケティングの戦略とは?

 

中小企業に適したブランドマーケティングは、基本戦略の推進にある。

 

例えば、ラーメン店であれば、みそ、しょうゆ、しお、とんこつ、つけ麺とブランドカテゴリーと顧客ターゲットを増やすのではなく、みそラーメン専門店というように、カテゴリーの焦点をひとつに絞るブランドマーケティングが、強いブランドを作る秘訣になる。

 

そして、ブランドカテゴリーをひとつに絞った後は、ターゲット顧客層に対してブランド価値を表すひとつのメッセージを送り続けること、さらには、そのメッセージの質を高める企業努力の継続が欠かせない。

 

ひとつのブランドカテゴリーでうまく戦略展開ができない場合は、確実にライバルに勝てるカテゴリーを新しく作る手もある。

 

なお、ブランド価値をターゲット顧客層に浸透させるには、それ相応の時間を要するので、焦りは禁物である。

 

ブランドカテゴリーの焦点がひとつに絞られると、事業効率が著しく上がるので、ブランドマーケティングの基本戦略は、一石二鳥の効果がある。

 

先の例でいうと、ラーメンの種類が多いとオペレーションの手間がかかるが、みそラーメン専門店にするとオペレーションの手間が減り、加えて、みそラーメンの質を高めることに集中できるので、ブランド価値の構築スピードが格段に上がる。

 

ブランドは、どんな会社であってもマーケティング次第で再構築することができる。

 

ブランド構築に悩みを抱えている経営者は、一度、会社のブランド力を点検してみてほしい。

 

➡NEXT「競争に勝ち市場シェアを拡大するマーケティング戦略」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る