経営を学びたい社長は何を学べばよいのか

経営を学びたい社長は何を学べばよいのか

 

経営を学びたいと思っている社長はじつに多い。

 

一方で、経営を学ぶにも、そもそも何を学んでよいのか分からないと悩んでいる社長も意外と多い。

 

この記事では、経営を学びたい社長は何を学べばよいのかについて、詳しく解説する。

 

 

経営を学ぶ動機

経営を学びたい社長は何を学べばよいのか

 

経営を学ぶことは、社長や起業家だけに限らず、経営感覚を身につけたいビジネスパーソンや社長の座を目指す経営幹部など、幅広い層に定着している。

 

経営を学ぶ動機は社長のステージによって変わるが、会社経営を担う現役社長、或いは、会社経営を志す起業家や後継者に限って言えば「会社経営の成功」が大きな動機になる。

 

会社経営には失敗リスクがつきものなので、現役社長であれ、起業家や後継者であれ、会社経営を成功に導くために経営を学ぶことはごく自然なことであり、成功への欲求が強い社長ほど本能的に経営を学ぼうとしている。

 

会社経営の成功理論は時の経過、或いは、会社の規模や成長ステージと共に変化するので、経営を学ぶ動機は絶えることがない。つまり、どんなに成功しても、どんなに年齢を重ねても、経営の学びに終わりはないのだ。

 

 

経営を学ぶ手段

経営を学びたい社長は何を学べばよいのか

 

経営を学びたい社長はじつに多いが、一方で、経営を学ぶことに悩みを抱える社長もじつに多い。

 

そうした悩みを抱える背景にあるのは、経営を学ぶ手段が多種多様に用意されていることが一因と推察する。

 

経営を学ぶ手段は経営書籍や経営セミナーなどの情報商材、或いは、経営コンサルティングファーム等の経営サポートがあるが、有名無名の提供元を含めるとその数は膨大であり、多種多様だ。

 

しかも、積極的に経営を学んでいる社長の会社の業績がなかなか上がらない現実を目の当たりにして、経営を学ぶことや経営を学ぶ様々な手段に対して不信感を抱く経営者も珍しない。

 

このような背景もあり、自分の現状にフィットした経営を学ぶ手段にめぐり合える社長は、実際にはなかなか多くないのが現状だ。

 

 

経営を学ぶ内容

経営を学びたい社長は何を学べばよいのか

 

自分の現状にフィットした経営を学ぶ手段にめぐり合うには、経営を学ぶ内容を明快にすることが必須条件になる。

 

なぜなら、経営を学ぶ内容が明快になるだけで、経営を学ぶ手段を選ぶ基準が明確になるからだ。

 

経営を学ぶ内容は、社長のステージによって変わるが、例えば、社長の必須スキルであれば、リーダーシップ、コミュニケーション、マネジメント、経営哲学、事業構想、数字力などがある。

 

また、組織運営スキルは人事制度、社員教育、コーチング等、事業運営スキルは専門知識、投資知識、財務会計知識、マーケティング等、成長戦略スキルは最新ノウハウの活用術、経営計画、ファイナンス、新規開拓の戦略論など等、経営を学ぶ内容は多岐にわたる。

 

経営を学ぶ内容を明快にするには、社長のステージ、或いは、現状抱えている経営課題や悩みの本質を捉えることが大切で、ここを間違えると、経営を学ぶ内容のピントがずれて、学んだことが会社経営に役立たない結果を招きかねない。

 

経営を学ぶにも、そもそも何を学んでよいのか分からないと悩んでいる社長ほど、社長のステージ、或いは、現状抱えている経営課題や悩みの本質を捉えるための自己分析が不十分なので、くれぐれも気を付けてほしい。

 

➡NEXT「経営を学んだ社長はどう実践に活かせば良いのか」へ

当サイトのコラム記事はビジネスコンサルティング・ジャパン株式会社が執筆・監修しています

 






 


人気記事ランキング

なぜ会社が衰退するのか?なぜ会社経営に失敗するのか?私の経験から分かった中小企業の成長と衰退の法則と共に、会社経営の成功のカギを詳しく解説しています。

企業存続の条件は様々あるが、絶対的な条件に絞ると3つあり、この3つの何れかが欠けると企業存続の可能性が低下する。企業存続の絶対条件について解説しています。

経営改善計画書は会社の最良の未来予想図を示すロードマップです。経営改善計画書の目的・効果・機能・作り方から計画の実効性を高める方法に至るまで徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


実践ノウハウ:経営コンサル直伝イノベーション売上拡大経営能力研鑚後継者育成生産性改善事業拡大顧客創造強い組織作り経営知識税金知識事業再生

経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
このページの先頭へ戻る