利益意識なくして会社の成長なし

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

利益意識の低いダメな社長

利益意識の低いダメな社長

 

利益意識の低い経営者はダメ社長の典型である。

 

なぜなら、経営者の利益意識が低いと、会社経営の障害になり得る弊害が噴出し、会社の衰退リスクが飛躍的に高まるからだ。

 

事実、わたしが再建に関わった中小企業の殆どは、経営者の利益意識が著しく低かった。

 

例えば、次のようなケースは、経営者の利益意識が低い会社にありがちな典型的な弊害である。

 

☑利益目標がない

 

☑利益を把握していない

 

☑月次決算の仕上がりが遅い

 

☑利益と借金など、お金の区別がついていない

 

☑コスト管理、生産性の管理が甘い

 

☑社員が会社の利益を把握していない

 

☑採算割れの赤字商品や赤字取引を容認している

 

☑事業活動や投資案件の費用対効果を測定(或いは検証)していない

 

上記項目に一つでも当てはまる項目があれば、経営者の利益意識が低いと言わざる得ない。

 

加えて、確固たる基準を持たない行き当たりバッタリの会社経営に陥っていると推測できる。

 

経営者の利益意識が低いと、社員の利益意識も低下するので、会社全体の生産性が加速度的に低下していき、少しのきっかけで会社が衰退しかねない。

 

また、会社の成長発展を支える成長投資のペースも停滞するので、会社の成長スピードが一気に減速してしまう。

 

会社の衰退リスクを払しょくし、会社の成長スピードを加速させるには、経営者が強い利益意識を持つことが欠かせないのだ。

 

 

経営者の利益意識を高める3つの方法

 

経営者の利益意識を高める3つの方法を紹介したいと思う。

 

ひとつは「見るべき利益を見ること」、ふたつ目は「然るべき利益目標を立てること」、三つ目は「利益を拡大し続けること」である。

 

利益意識を高める最初のステップは「見るべき利益を見る」ということだ。

 

例えば、売上総利益(粗利)までしか見ていない経営者は、利益意識が低い典型例である。

 

利益意識を高めるために見るべき利益は本業の儲けを示す「営業利益」でなければならない。

 

営業利益を見るようになると、自ずとコスト管理がシビアになるので、利益意識の高い経営采配ができるようになる。

 

利益意識を高める次のステップは「然るべき利益目標を立てる」ということだ。

 

例えば、売上一辺倒で然るべき利益目標を掲げていない経営者は、利益意識の低い典型例である。

 

利益意識を高めるためには、売上目標と共に、然るべき利益目標を立てなければならない。

 

なお、利益目標は、売上総利益高営業利益率〔(営業利益÷売上総利益)×100〕を目標指標として活用すると良い。売上総利益高営業利益率の標準水準は10%、優良水準は20%である。

 

利益意識を高める最後のステップは「利益を拡大し続ける」ということだ。

 

例えば、一定の利益率で満足し、利益拡大への執着心が弱い経営者は、利益意識が低い典型例である。

 

たとえ利益率の水準が優良であっても、利益金額が一定では、会社の成長が加速することはない。

 

成長投資の原資になり得る利益金額を拡大し、成長投資を加速することが、経営者の利益意識を高める秘訣であり、会社成長の大原則である。

 

➡NEXT「ダメな経営者のどんぶり勘定」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 




 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る