売上至上主義のダメな経営者|失敗リスクが高い売上至上主義の弊害とは

売上至上主義のダメな経営者

 

高度成長期(1950~1970年代)の規模拡大の名残なのか、未だに、会社の至上目標に「売上」を掲げている売上至上主義の経営者を見かける。

 

売上を経営の至上目標に掲げる経営方針を「売上至上主義」というが、売上しか見ていない経営者は、ダメな社長の典型例である。

 

確かに、会社経営において売上を拡大することは欠かせないことだ。

 

会社の事業活動は売上を作るところから始まり、さらに、会社の成長発展を実現するためには、売上の拡大が不可欠だからだ。

 

こう考えると、売上拡大のために「売上至上主義」を掲げること自体に何の問題もないように思えるが、会社の成長に必要な要素を考えると、売上拡大と共に見落としてはならない大切な要素がある。

 

それは、会社の利益だ。

 

会社の売上と利益は、夫々持っている性質が全く違う。

 

売上とは、会社の商品やサービスに対して顧客が支払う対価のことだ。

 

対価の中には売上を作るために要した経費が含まれていて、対価よりも経費が多いと赤字経営になり、逆に、対価よりも経費が少ないと黒字経営になる。

 

この黒字経営の時に生み出されるプラス収支が「会社の利益」で、この利益が成長投資の原資となり、会社の成長を支える重要な要素になる。

 

売上拡大も、成長投資も、利益が源泉であり、利益がなければ会社は衰退するばかりとなる。衰退の先は、会社の倒産だ。

 

売上至上主義の欠点は、この「利益」の重要性を見落としているところにある。

 

 

売上至上主義の社長は経営判断を誤る!?

 

経営者が「会社の利益」を重要視せずに、売上至上主義一辺倒の経営を続けると、倒産リスクが高まる。

 

例えば、倒産リスクを高める売上至上主義の経営者にありがちな思考例を紹介する。

 

▶「今月は先月よりも売上が〇〇%多かった」

 

▶「ゆえに会社の経営状況が良好である」

 

このような思考では、売上の増減に一喜一憂するばかりで、肝心の利益の増減まで意識が届かない。

 

売上が増加している一方で、利益が減少し、赤字額が拡大していることはよくあることだ。

 

また、経営者が売上至上主義を追求するあまり、「人員を増員しても構わないので売上を増やせ」、或いは、「とにかく広告をだして売上を増やせ」という命令を下すケースもあるが、これも利益意識が欠落した売上至上主義者のよくある思考例だ。

 

☑売上と共に人件費が増加して利益が減少したら?

 

☑売上と共に広告費が増加して利益が減少したら?

 

経営者の誤った命令で会社の利益が減少してしまったら本末転倒もいいところだ。

 

ちなみに、売上が増加する一方で利益が減少すると、会社の資金繰りが徐々に苦しくなる。

 

資金繰りが苦しくなると、益々、売上拡大にひた走る経営者がいるが、これでは倒産まっしぐらである。

 

売上拡大を目指すことは決して悪いことではない。

 

売上拡大を目指すと共に「利益」を見落とさないことが、一番大切なことだ。

 

経営者の頭のなかに「利益」という意識が常にあると、会社の経営は全く質の違うものになる。

 

少なくとも、赤字経営に陥るリスクは格段に低くなる。

 

伊藤のワンポイント

売上至上主義だけでは会社経営はうまくいきません。安定成長を目指すのであれば、売上拡大と共に、しっかり利益を出し、モラルある采配を下し、顧客と社員の満足度を高める努力が不可欠です。利益意識の欠落した売上至上主義の中小企業はとても多いですので、絶えず、利益を意識することを忘れないでください。

 

➡NEXT「利益意識の低いダメな社長」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
このページの先頭へ戻る