プロ経営者になるための最短方法とは|プロ経営者の条件とは

 

プロになりたければ、プロに学ぶのが一番早い。

 

なぜなら、独学というあやふやな環境では、素人レベルから抜け出すのに時間がかかり、なかなかプロになることができないからだ。

 

会社経営においても、この真理は変わらず、プロ経営者になりたければ、プロ経営者に学ぶのが、最も効率的かつ効果的な方法である。

 

この記事では、プロ経営者になるための最短方法について、詳しく解説する。

 

 

プロ経営者の条件

 

プロ経営者になるために教えを乞う経営のプロは社内と社外のどちらでも問題ないが、自分よりも先行して成功しているプロフェッショナルを選ぶ必要がある。

 

例えば、社内であれば創業者や先代経営者、社外であれば経営コンサルタントが適任だろう。

 

但し、欧米諸国に比べると、日本のコンサルタントは非常にプロ意識の低い人間も紛れ込んでいるので人選には注意が必要で、人選を間違えるとプロ経営者の道が遠のくこともあり得る。

 

プロ経営者の主な条件を挙げると次の3つがある。

 

▶正しい決断を支える“経営ブレーン”

 

▶経営課題を解決する“経営ドクター”

 

▶経営者の孤独を解消する“メンター”

 

プロ経営者には、会社の成長を後押しする処方箋の提示力、経営改革(外科的手術)を遂行する経営技術力、そして、経営者の孤独を和らげる精神安定剤的な能力が備わっている。

 

まさにブレーンであり、ドクターであり、メンターであるというのがプロ経営者の条件ではないかと思う。

 

プロ経営者になりたければ、このような条件が備わったプロ経営者から教えを受けるのが最短の方法になる。

 

【関連記事】成功する経営者の先行投資の考え方

 

 

経営者がプロになれば業績が伸びる

 

業績の伸び悩みを抱えている中小企業は少なくないが、経営者がプロフェッショナルな能力を身につければ業績は間違いなく伸びる。

 

なぜなら、トップダウン構造の中小企業は、経営者の能力が業績に比例するからだ。

 

中小企業の成功ノウハウは企業の数ほどあるので、経営者にプロレベルの経営能力(経営技術)が備わっていないと、何れ、会社の成長が止まる。

 

さらに、自社の成功ノウハウを見出すためには、経営課題を丹念に解決し続けることが不可欠であり、そのためにもプロレベルの経営能力が欠かせない。

 

会社経営はとても繊細なので、経営課題を見落とすと、いとも簡単に行き詰る。わたし自身、倒産の危機に瀕した中小企業を幾度と見てきたが、原因を辿ると大概は経営課題の見落としに集約される。

 

安定経営を実現するには、プロ経営者としての知識と経験を身につけ、丹念に経営課題を解決するしかないのだ。

 

どんな小さな経営課題も見逃すことなく解決できる能力こそがプロ経営者の条件といっても過言ではなく、そうした能力に不足を感じているのであれば、早急にプロ経営者の教えを受け、能力不足を解消する必要があるだろう。

 

 

経営のプロを活用している経営者はどれ位いるのか?

 

プロ経営者を上手に活用している経営者は決して多くない。

 

例えば、倒産の危機に瀕した中小企業に調査で入ってみると、大概の会社でコンサルタントが在籍した形跡が残っているが、経営のプロに遭遇したことは一度もない。

 

会社が成長するどころか、会社が衰退してしまっているわけなので、経営のプロではないのは明らかだが、この手のケースは実に多くの中小企業で起きている。

 

コンサルミスマッチの原因は、経営者の成功ビジョンが明確になっていない、或いは、経営者にコンサル能力を見極めるセンスが無かった等の要因が挙げられるが、これでは、せっかく投じたお金も時間も無駄になる。

 

当然ながら、依頼主である経営者が、プロ経営者になることもない。

 

また、税理士の先生が経営のプロと信じている経営者も数多くいるが、税理士は税務のプロではあるが、決して経営のプロではない。

 

税理士の指導に基づいて会社が良くなったという話は聞かないし、そもそも税理士の側も経営指導する義務も責任も負っていない。

 

一年間で企業が倒産(清算・廃業含む)する件数は約2万5千社に上り、倒産企業の大部分に顧問税理士の存在がいるが、このことからも税理士が経営のプロとして責任を負っていないことが分かると思う。

 

因みに、下記チェックリストに1つでも当てはまる場合は、その税理士の経営アドバイスは参考にならないと思った方が良い。

 

☑顧問料が月額5万円以下

 

☑費用の仕訳勘定科目の種類が少ない

 

☑月次決算書の作成を税理士に丸投げしている

 

☑月次決算書の仕上がりが月初1週間以内に上がってこない

 

☑減価償却や接待交際費等の経費を調整して利益操作している

 

【関連記事】中堅・中小企業向けの経営コンサルタントの条件

 

 

プロ経営者になりたければ変化を受け入れるしかない

 

プロ経営者になるためには、自分よりも先行して成功しているプロフェッショナルを選ぶ必要があると解説したが、他人を受け入れることに抵抗感を覚える気持ちも理解できる。

 

なぜなら普通の人は、他人を受け入れる変化や新たにお金と時間を投じる変化を気にして、はじめの一歩に躊躇してしまうからだ。

 

波風の立たないストレスフリーな日々は、変化のない平々凡々の日々を過ごすのが一番である。

 

しかし、そのような平々凡々な日々から成長や進歩は生まれず、どこかで新たな一歩を踏み出さない限り、今の自分を超えることはできない。

 

経営者には、会社を成長発展に導く責務がある。

 

プロからの教えや新たな領域に一歩踏み入れる等の変化を進んで受け入れるくらいの気持ちがなければ、会社の成長発展をけん引することはできない。

 

進んで変化を受け入れて、プロ経営者に近づいてほしい。

 

➡NEXT「会社の組織力向上に役立つツール」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
このページの先頭へ戻る