先行投資が未来を切り開く|成功する経営者の先行投資の考え方

先行投資が未来を切り開く|成功する経営者の先行投資の考え方

 

先行投資とは、投資の対価を得るために先行して投資するお金や時間のことだ。

 

先行投資は、会社経営のみならず、経営者や一個人の成長のための必須条件になり、成功者ほど先行投資に抵抗がない。

 

この記事では、成功する経営者の先行投資の考え方について、詳しく解説する。

 

 

先行投資とは?

 

先行投資とは、投資の対価(リターン)を得るために先行して投じるお金や時間のことだ。

 

会社経営においても先行投資は重要で、とりわけ、経営者自身に対する先行投資は重要だ。

 

中小企業においては、経営者の能力が将来の業績を決定づける大きな要素になるからだ。

 

従って、経営者の能力を研鑽するための先行投資、或いは、成功を勝ち取るために投じる先行投資は非常に重要になる。

 

なお、経営者の能力を研鑽するための先行投資は「経営力の向上」にフォーカスを当てると効果的だ。

 

経営力が向上すれば業績が自然と上がるので、経営力を高めるための先行投資は早ければ早いほど大きな効果が得られる。(具体的には経営のプロに学ぶ、プロの経営参謀を活用する等)

 

また、「鉄は熱いうちに打て」という言葉通り、経営者が若いほど先行投資の効果が大きくなる。

 

 

先行投資なくして成功なし

 

先行投資なくして成功はない。

 

会社経営に限らず、成功には準備期間があり、必ず一定の先行投資(時間とお金)がかかる。

 

例えば、全くの素人分野に100万円の投資を行い、1,000万円の利益を上げることを目標に掲げたとする。

 

投資の成果目標を達成するには、専門知識の習得時間と専門知識の提供者への先行投資(時間とお金)が不可欠で、こうした先行投資なしに、素人分野で投資を成功させることは、ほぼ不可能に近い。

 

つまり、時間やお金をケチっていては、いつまで経っても成功することはない、ということだ。

 

 

成功するために必要なお金と時間

 

成功するために必要なお金と時間は途方もない。

 

例えば、どんな分野においてもプロフェッショナルな領域に達するための練習時間は、最低10,000時間以上は必要と云われている。

 

仮に1日2時間の練習ペースであれば13年ちょっとかかり、1日1時間の練習ペースだと26年ちょっとかかる。

 

経営のプロも例外はなく、時間の限られている現役経営者が、独学で経営の専門知識を勉強する選択肢は現実的ではないし、決して賢い選択とは言えない。

 

経営の勉強を1日2時間、13年も費やしていては効果が出る前に会社が衰退するかも知れないし、独学という、あやふやな知識基準で勉強を進めた結果、失敗リスクが高まることもあり得る。

 

時間のない経営者、或いは、こうした失敗リスクを払拭するためには先行投資が大切になり、例えば、プロの経営参謀を雇う、或いは、経営の悩みが出たら即プロに相談する等の先行投資を日頃から実践していれば、成功までの時間が短縮でき、さらに成功の確率も上がる

 

 

先行投資とはお金で時間と成功を買うこと

 

先行投資とはお金時間と成功を買うことだ。

 

わたしの場合は、プロ経営者になるために若い時から意識的に先行投資をしてきた。

 

例えば、経営コンサル会社を創業する前は終業後に1日平均4時間×5年間(7,000時間以上)、法律・会計学校に通い会計・税務全般と経済法律の専門知識を習得した。

 

加えて、経営コンサルの先輩プロに相当な報酬を支払い(3,000時間以上)、経営実務に活かせる専門的な経営技術を磨いた。

 

当然ながら、先生はプロ弁護士であり、プロ税理士であり、プロの経営者である。プロ経営者になると決心したのが28歳の時だったが、惜しみない先行投資の結果、僅か5年後には独立することができた。

 

先行投資なくして経営コンサルタントとしての独立はあり得なかっただろう。

 

 

成功する経営者ほど先行投資に抵抗がない

 

成功したいと強く願っている中小企業経営者ほど先行投資に抵抗がなく、自身の不足を徹底的に補おうとする向上心も旺盛だ。

 

この手の中小企業経営者は、成功するためにお金と時間を惜しむことなく積極的に先行投資を行っている。

 

わたしの経営サポート先の中小企業の経営者も例外ではなく、会社経営で成功するために先行投資で私の経営サポートを受け入れ、

 

☑3ヵ月で数字に対する抵抗感がなくなった

 

☑会社の経営は経営のプロから教わるのが一番早い

 

☑今まで悩んでいた経営判断や経営課題に頭を悩ますことが少なくなった

 

など等、皆さん熱心に経営力を磨いて、業績をどんどん高めている。

 

成功したいから教えを受ける、或いは、結果を出したいから教えを受けるというのは、プロの世界では珍しいことではない。

 

プロテニス、プロゴルフ、プロ野球、そして、プロ経営者に至るまで、どんな分野でも共通している。

 

成功するためにお金と時間を惜しまずに先行投資する考え方は、成功を目指す経営者の絶対条件といっても過言ではないのだ。

 

伊藤のワンポイント

お金と時間は使い方ひとつで未来が変わります。ですから、会社経営者は経営能力を磨くための先行投資をどんどんやってほしいと思います。先行投資の効果は経営者の能力を引き上げるだけに止まりません。このような経営者の熱意は、必ず社員に伝わり、社員のモチベーション向上にも役立ちます。

 

➡NEXT「図解で簡単に分かる財務諸表の見方・読み解き方」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 









 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
事業拡大なくして企業の存続なし。つまり、事業拡大の取組みは企業の生命線になります。事業拡大のための経営健全化から成長戦略に至るまで分かり易く徹底解説しています。
経営改善計画書は会社の最良の未来予想図を示すロードマップです。経営改善計画書の目的・効果・機能・作り方から計画の実効性を高める方法に至るまで徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


儲かる実践ノウハウ:プロ経営者直伝イノベーション売上拡大経営能力研鑚後継者育成生産性改善事業拡大顧客創造強い組織作り経営知識税金知識事業再生

経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
このページの先頭へ戻る