社長のコミュケーションが組織力を強化する

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

経営者のコミュニケーション能力を高める方法|経営者と社員の交流が組織を強くする

経営者のコミュニケーション能力を高める方法|経営者と社員の交流が組織を強くする

 

経営者のコミュニケーション能力が高ければ、社員の力が最大化されて組織力が強化される。

 

組織力が強化されると、業績が上がるので、経営者のコミュニケーション能力は会社の業績を左右する重要な要素を持っている。

 

経営者のコミュニケーションの対象である社員は、1+1がプラス10にもなることもあれば、1+1がマイナス10にもなり得る、不思議な経営資源である。

 

当然ながら、経営者のコミュニケーション能力が高ければ、社員の力が最大化されるが、経営者のコミュニケーション能力が低ければ、社員の能力を潰してしまい、組織力の低下を招いてしまう。

 

組織力は業績に直結しているので、経営者のコミュニケーション能力ひとつで会社の成長が決まるといっても過言ではない。

 

経営資源が限られている中小企業にとって、貴重な経営資源である社員の力を如何に高めるかが重要なポイントになるが、冒頭で述べた通り、組織力を高めるには経営者が積極的に社員とコミュニケーションをとる必要がある。

 

しかしながら、経営者が闇雲に社員とコミュニケーションを図っても、パワハラやセクハラと受け取られてしまっては元も子もない。

 

やはり、経営者としての立場を考慮した、社員の力を引き出すための正しいコミュニケーション手段を考えなければならない。

 

 

経営者に必要なコミュニケーション能力とは?

 

経営者がコミュニケーション能力を高めるうえで抑えておきたい大切なポイントは2つある。

 

ひとつは、「社員との情報コミュニケーション」、もう一つは「社員との感情コミュニケーション」である。

 

会社の組織力の低下と共に業績が悪化する中小企業は、経営者と社員の間のコミュニケーション量が少なく、情報交換と感情交換が希薄になっている。

 

情報と感情の交換が希薄になると、経験上、ほぼ100%の確率で、会社の業績は悪化する。

 

それでは一体、経営者が社員と情報と感情を交わすためのコミュニケーション手段とはどのようなものなのだろうか?

 

経営者のコミュニケーション能力を高める有効な方法を、詳しく紹介する。

 

 

情報を交わすコミュニケーション

 

経営者のコミュニケーション能力を高める方法として、積極的に社員と情報を交わす手段がある。

 

情報とは、端的にいって、経営データのことである。

 

業績結果、業績目標、経営計画、計画検証、など等、会社を経営するうえで必要な経営データは山のようにある。

 

経営者は、社員とのコミュニケーションを深めるために、これらの経営データを社員と共有しなければならない。

 

例えば、会社の数字を社員と共有することができれば、目標設定や計画修正など、状況に応じた柔軟かつ効率的な会社経営が実現できる。

 

双方が数字という共通言語を持つことで、コミュニケーションがよりスムーズになるし、お互いにストレスを与えることもなくなる。

 

会社の組織力を高めるうえで、共通言語ほど役立つものはない。

 

つまり、情報を交わすコミュニケーションを積極化すればするほど、組織力が高まり、業績がグッと上がるのだ。

 

 

感情を交わすコミュニケーション

 

経営者のコミュニケーション能力を高める方法として、積極的に社員と感情を交わす手段がある。

 

感情を交わすとは、経営者が社員を労うということだ。

 

経営者の感情表現は、怒りよりも喜びをメインに出した方が良い。なぜなら、経営者の感謝や労いほど、社員のやる気を引き出すものはないからだ。

 

また、社員の短所よりも長所に着目して、長所が伸びるような評価を心掛けることも大切だ。

 

大人になってから短所を直すのは非常に難しい。50歳を過ぎると不可能に近い。一方、長所は年齢を重ねても、いかようにも伸ばすことができる。

 

社員のモチベーションが低下する最大の要因は、経営者との感情コミュニケーションの低下である。

 

つまり、経営者と社員の感情コミュニケーションが希薄になればなるほど、社員の心が会社から離れてしまうのだ。

 

当然ながら、社員の心が会社から離れてしまうと、組織力が低下する。組織力が低下すると、会社の業績は悪化する。

 

経営者の感情コミュニケーションは、業績を左右する重要な要素を持っているのだ。

 

経営者のコミュニケーションひとつで、社員の力はいかようにも活かせる。

 

社員を活かすも殺すも経営者次第なのだ。

 

➡NEXT「家業から事業への成長に欠かせないもの」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る