中小企業経営者の出口戦略

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

経営者のハッピーリタイアメント

経営者のハッピーリタイアメント

 

中小企業の経営者には定年がない。

 

会社のオーナー兼経営者であれば、なおさらである。

 

とはいっても、一生、仕事人間では、、、

 

人生の楽しみや喜びを満足に得られないだろう。

 

中小企業経営者がハッピーリタイアメントを実現したいのであれば、”経営者自身”と”会社を承継する側の人間”が、共に幸せになれる方法で会社を承継するのが最も望ましい選択だと思う。

 

会社を次世代に承継できれば、経営者は晴れて自由の身になれる。

 

とはいっても、一方が不幸になる会社承継では、会社の先行きが見えてしまう。

 

共にウインウインで会社を承継してこそ、経営者のハッピーリタイヤメントが見えてくるものだ。

 

 

経営者のハッピーリタイアメントの選択肢とは?

 

会社のオーナー兼経営者が、幸せな会社承継を実現し、ハッピーリタイアメントを迎えるにはどうしたら良いのだろうか?

 

そもそも、どのようなハッピーリタイアメントの選択肢があるのだろうか?

 

ハッピーリタイヤメントの代表的な3つのケースを解説しよう。

 

 

オーナーと経営の分離

 

オーナーと経営の分離とは、会社経営を第三者に任せて、自身は経営から身を引いて、オーナー(株主)として会社経営に関わるということである。

 

オーナー(株主)の立場で、配当金収入が得られるので、不労所得を確保することが出来る。

 

配当金は、株式という資産を保有することによって得られる収益なので、専門用語で「インカムゲイン」という。

 

株式を売却しない限り、配当金の受取権利(インカムゲイン)を創業者一族で保有し続けることが出来るので、会社の経営体質が盤石で、会社が長期的に存続する見込みがあれば、一番お薦めのハッピーリタイアメントの方法だ。

 

成功に導く主な条件は下記の通りである。

 

①株式を2/3以上保有すること

 

②相応の配当金が得られる利益水準にあること

 

③会社の将来性が高く、長期経営が見込めること

 

④経営能力の高い経営者を招聘することができ、尚且つ、経営者に対して相応の報酬を用意できること

 

⑤株主として会社経営を見守り、過度に経営に介入しないこと

 

上記の最低条件をクリアすることが出来れば、「オーナーと経営の分離」を検討することができる。

 

 

会社売却

 

会社売却は保有している株式を第三者に売却し、会社から身を引くことである。

 

会社売却は、仲介者(日本M&Aセンター、銀行等)を通じて、第三者へ売却する方法が一般的だ。

 

経営者の周囲に会社を購入したいという人物がいれば、その人物に売却する選択もある。

 

株式売却は、会社の資産と利益状況によっては、莫大な収益を生み出す。

 

例えば、1千万円で創業した会社を10億円で売却できれば、その差益は9.9億円である。

 

株式売却で得られる収益を専門用語でキャピタルゲインという。株式売却によるキャピタルゲインは、細く長く得られる配当金のようなインカムゲインに比べて、収益が大きくなる特徴がある。

 

莫大な資産を築いてハッピーリタイアメントを迎えたい経営者にはお薦めの方法だ。

 

成功に導く主な条件は下記の通りである。

 

①自己資本比率が適正であること

 

②黒字経営が継続されており、尚且つ、利益水準が適正であること

 

③競合他社、又は、大手との吸収合併で会社の更なる成長が見込めること

 

上記の最低条件をクリアすることが出来れば、「会社売却」を検討することができる。

 

 

子供への事業承継

 

子供への事業承継は、会社経営を子供に承継させることである。

 

オーナーと経営の分離、会社売却に比べて、幸せの保証度は低下するが、多くの中小企業が選択している方法だと思う。

 

なぜ、幸せの保証度が低下するのかというと、後継者育成に失敗するケースが多いからだ。

 

従って、成功の条件も厳しいものになる。

 

成功に導く主な条件は下記の通りである。

 

①後継者育成が完了していること

 

②後継者をサポートする右腕がいること

 

③会社の将来性が高く、長期経営が見込めること

 

④後継者が、会社の株式を2/3以上を保有していること

 

⑤黒字経営が継続されており、尚且つ、利益水準が適正であること

 

上記の最低条件をクリアすることが出来れば、「子供への事業承継」を検討することができる。

 

 

ハッピーリタイアメントに向けて

 

中小企業経営者がハッピーリタイアメントを実現するには、健全な会社経営が大前提になる。

 

また、ハッピーリタイアメントを成功させるためには、どのような方法で会社を次世代に引き継ぐのか、その選択肢を経営者自身が早い時期から考えておく必要がある。

 

「オーナーと経営の分離」、「会社売却」、「子供への事業承継」、何れの方法も、ハッピーリタイアメントを成功させるには、相応の準備と意識が必要だ。

 

意識があれば行動が伴う。

 

逆に、意識がなければ行動は伴なわない。

 

ハッピーリタイアメントを実現するには、日頃から健全な会社経営を強く意識することが何よりも大切なのだ。

 

➡NEXT「会社経営者に必要な7つの資質」へ

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る