会社の寿命を延ばす秘訣とは?

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

中小企業の寿命は永遠か?

中小企業の寿命は永遠か?

 

日本国内における株式会社は、毎年8万社強が誕生している。

 

その一方で、実に、2万5千社もの株式会社がその寿命を終えている。

 

株式会社の99%以上が中小企業なので、この数字は中小企業の実態を表している。

 

下表は、法務省統計の登記数の推移である。

 

株式会社設立

会社清算

会社破産

平成27年

88,803

14,558

9,898

平成26年

86,639

14,121

10,805

平成25年

81,889

13,500

11,736

平成24年

80,862

13,794

12,968

平成23年

80,244

13,670

12,843

平成22年

80,535

14,683

13,931

平成21年

79,902

14,409

14,871

平成20年

86,222

18,234

13,247

平成19年

95,363

17141

11,301

平成18年

76,570

16,549

11,068

 

上表には経営実態のない会社や休眠会社は含まれていないので、寿命を終える中小企業の実態数はもっと多いと思われる。

 

この数字からも分かる通り、中小企業の寿命は決して長くない。

 

下表は10年間の会社の生存率を表したものである。

 

 

一説では、起業から10年後の生存率は5%といわれている。

 

そもそも、会社は人間の寿命と違って、黒字経営が続く限り寿命が尽きることはない。

 

では、どうして毎年2万5千社超の企業の寿命が尽き、10年後の生存率が5%といわれているのだろうか?

 

 

中小企業の寿命が尽きる本当の理由とは?

 

これほど多くの中小企業の寿命が早々に尽きる理由は、「赤字経営を容認している経営者が多いから」のひとことに尽きる。

 

赤字経営とは、収入よりも支出が上回り、お金の収支がマイナスの経営状態のことだ。

 

例えば、100円の売上を得て、110円の経費を支払い、収支が▲10円となっている状態である。

 

会社にとってのお金は、人間の血液のようなものだ。

 

赤字経営はお金が垂れ流しになっている状態なので、人間に例えると怪我をして血液が垂れ流しになっている状態と同じである。

 

人間の場合は、出血が止まらないと出血多量で死を迎えるが、会社も一緒で、お金の垂れ流しが止まらないと運転資金が底をつき、何れ倒産(死)を迎える。

 

赤字経営を容認するとは、そういうことなのだ。

 

中小企業の赤字経営は全体の70%程度といわれている。

 

なかには節税のために意図的に赤字経営にしている会社もあるだろうが、赤字経営を容認している会社が多くあるのは紛れもない事実である。

 

では何故、赤字経営でも会社が維持できるのだろうか?

 

大きな理由を挙げると、次のような要因が考えられる。

 

☑運転資金を銀行借入で充当している

 

☑減価償却費分の現金が残っている

 

☑経営者が身銭を切って赤字補てんしている

 

しかしながら、銀行借入が停止し、赤字額が減価償却費以上に拡大し、経営者自身の身銭も底をつくと、とどのつまり、会社は倒産してしまう。

 

 

中小企業の寿命が尽きた場合の経営者の責任は如何に?

 

会社の寿命が尽き経営が破たん(倒産)すると、関係者全員が一瞬で不幸になる。

 

会社の倒産は、社員や取引先へ不幸を運ぶ由々しき事態である。

 

経営者自身にとっても、倒産の淵から這い上がるための努力たるや生半可なものではない。

 

中小企業の経営者は、そのことを胸に刻み、決して赤字経営を容認してはならない。

 

たとえ今現在が赤字経営であっても悲観することはない。

 

これから黒字化すれば良いのだ。

 

例えば、「会社の数字を深く理解する」ことは黒字経営に欠かせないポイントである。

 

会社の数字を理解していれば黒字化の見通しが見えるだけでなく、赤字転落のリスクもグッと低くなる。

 

経営改善や黒字化のヒントも、全て会社の数字の中にある。

 

たとえ1円の利益でも構わない。

 

黒字経営の実現は、会社の寿命を伸ばす最低条件なのだ。

 

➡NEXT「会社を永遠に成長させる方法」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る