近江商人から学ぶ経営の極意

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

近江商人から学ぶ会計と戦略眼|経営者に必要不可欠なスキル

近江商人から学ぶ会計と戦略眼

 

近江商人は、経営のお手本として代表的な存在といえる。

 

江戸中期に近江商人(おうみしょうにん・おうみあきんど)が提唱した、三方よし「買い手よし、売り手よし、世間よし」の商売理念は、あまりに有名だ。

 

三方よしの商売理念を支える要素は「会計」と「戦略眼」ではないかと思う。

 

会計とは簡単にいって事業活動の帳簿付けである。

 

儲かっているか、儲かっていないかは帳簿を見ればわかると云われるように、近江商人は会計の重要性を認識していたはずだ。

 

戦略眼とは、経営の判断基準のようなものである。

 

純真無垢な判断基準を持つには、無欲でなければならない。

 

私欲が入ると、どうしても曇った判断基準になり経営を誤る。

 

三方よしに合致する判断基準を持つには、やはり無欲でなければならないという意識が近江商人の胸の内にあったはずだ。

 

成功している経営者の多くは、会計の重要性を理解し、無欲の戦略眼を持っている。

 

そして、日本の歴史を振り返っても、会計の重要性が見えてくる。

 

例えば、天下統一を果たした豊臣秀吉は、会計の重要性を間違いなく理解していた。

 

その証拠に、豊臣政権を支える五奉行の内4人は会計実務に長けた人物だった。しかも、近江に関わりのある人物である。

 

その筆頭が石田三成であった。

 

 

近江商人の正しい会計と無欲の戦略眼

 

石田三成の会計と戦略眼を考えるうえで、有名な話がある。

 

それは、島津氏の敗戦処理の話である。

 

豊臣政権に敗れた島津氏は薩摩に閉じ込められた。

 

侍の数は変わらず、領地だけが狭くなったので、薩摩藩は経営に難渋した。

 

敗戦処理を命じられた三成が真っ先に薩摩藩に教え込んだのは会計だった。

 

文献によると、島津藩の再建計画だけでなく、帳簿の記帳から現金出納帳の類に至るまで細かく教えたようだ。

 

恐らく、無欲だったのだろう。

 

近江商人の会計と戦略眼の原型は石田三成にあるのではないかとも思える。

 

会計によって藩の経営が可視化され、財政が把握できるようになると、薩摩藩の経営はみるみる回復していった。

 

会社を成長発展させるうえで、正しい会計と無欲の戦略眼は欠かせない要素である。

 

衰退する会社には、杜撰な会計、或いは、私欲にまみれた戦略眼が蔓延っている。

 

会社の会計処理は適正か?

 

経営者の戦略眼は無欲か?

 

時には立ち止まって考えることも大切なことだ。

 

 

無欲の戦略眼から生み出されるピュアな発想

 

わたしが中小企業の経営指導を引き受けるうえで一番心掛けていることは無欲に徹するということだ。

 

例えば、

 

「こうすればコンサル報酬を増やすことができる」

 

「こうすればコンサル契約を長引かせることができる」

 

といった私欲が絡んだ発想は排除するようにしている。

 

私欲を排除した上で、「この会社を更に発展させるために今すべきこと一体何なのか?」という一点を突き詰めると、ピュアで透明な経営指導プランが浮かび上がってくる。

 

無欲の戦略眼ほど、力強いプランを生み出す秘訣はない。

 

江戸時代に米沢藩を立て直した名君”上杉鷹山公”が残したといわれる言葉に「働き一両、考え五両、知恵借り十両、コツ借り五十両、ひらめき百両、人知り三百両、歴史に学ぶ五百両、見切り千両、無欲万両」という名言がある。

 

ここでも「無欲」が一等上に位置付けられている。

 

「こうすればお客様からもっとお金をもらうことができる」

 

「こうすればお客様からお金をもらい続けることができる」

 

といった私欲ありきの発想をするのではなく、

 

「こうすればお客様がもっと喜んでくれる」

 

「こうすればお客様の人生がもっと豊かになる」

 

といった無欲ありきの発想でビジネスを組み立てないと、その商売は決して長続きしない。

 

成功するビジネスマンほど、自分の成功よりも、相手の成功を優先する。

 

近江商人が大切にした会計と無欲の戦略眼は、経営者が身につけるべき重要なスキルといえるのだ。

 

➡NEXT「会社の経営判断を誤らない方法」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る