成功する経営者の思考法

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

成功を支える経営の思考法

成功を支える経営の思考法

 

中小企業の最たる倒産原因である「経営課題の見落とし」は、会社経営の成功を支える「経営の思考法」を身につけることでカバーすることができる。

 

経営の思考法とは、未来を起点に現在を考えるバックキャスティング的思考法と、現在を起点に未来を考えるフォアキャスティング的思考法のことである。

 

例えば、ヒトは無意識の中で未来を意識して生きている。

 

日常においても、出社時間を起点に外出時間が決まり、さらに外出時間を起点に起床時間が決まり、というように、常に未来が起点となり、自分の行動が決定していることに気が付くだろう。

 

会社経営も例外ではない。

 

こういう会社にしたいという未来の理想の姿に向かって、或いは、具体的な金額目標に向かって事業活動を推進することが理想の会社を作り上げてゆくのだ。

 

ヒトも会社も、未来を起点に現在の行動を考え、今の行動を決定する。このような思考法を「バックキャスティング」という。

 

未来を起点に現在を考えるバックキャスティング的思考法は、会社経営において、未来のなりたい姿を見定めて、現状抱えている経営課題を捉えるうえで大変有効である。

 

一方、バックキャスティングと対極にあるのが、現在を起点に未来を考える思考法の「フォアキャスティング」である。

 

例えば、支度に手間取ったから約束の時間に遅れる、というのは現在を起点に未来を考えるフォアキャスティング的思考法だ。

 

会社経営においては、業績予測や未来予測に大変有効な思考法である。

 

この「バックキャスティング」と「フォアキャスティング」は常に対の関係にあり、会社経営の成功を支える「経営の思考法」の両輪をなしている。

 

 

当然ながら、バックキャスティング思考法とフォアキャスティング思考法は、バランスよく使いこなすことが重要だ。

 

どちらか一方が欠けた思考法では成功しない。ふつの思考法をバランスよく使いこなすことが、会社経営を成功に導く秘訣である。

 

 

経営の思考法で経営課題を解決する

 

経営者の成功を支える「経営の思考法(バックキャスティング的思考法・フォアキャスティング的思考法)」は経営課題の解決にも大いに役立つ。

 

例えば、現在と未来のなりたい姿の間には必ずギャップが生じる。

 

そして、そのギャップは、未来に向かって今すべきこと(課題)を端的に表す。

 

経営の思考法でギャップを正しく認識し、そのギャップを正しい手段で解消している限り、成功するのは時間の問題となる。

 

 

日常生活を例えに、経営の思考法(バックキャスティング的思考法・フォアキャスティング的思考法)とギャップ解消の成功事例を解説しよう。

 

例えば、「朝9時にスーツ姿で出社する」という未来に対して、現在は「自宅でパジャマを着ている」という状況があるとすれば「場所と服装」にギャップが生じる。

 

▶ギャップを解消するために、スーツに着替えて出勤する時間を逆算して外出時間を決める。(バックキャスティングで課題を決定)

 

▶しかし外出時間が遅れてしまって、間に合わないと思ったので移動手段をバスからタクシーに切り替える。(フォアキャスティングで未来を予測し、バックキャスティングで課題を解消)

 

このように、現在と未来の正しいギャップを認識し、かつバックキャスティングとフォアキャスティングを相対的に活用しながら課題を解消することが、未来のなりたい姿を叶える秘訣になる。

 

経営の思考法とギャップ解消の失敗事例も少し解説しよう。

 

例えば、先の例の状況下で、パジャマ姿のまま家から一歩も出ずに居座ってしまったらどうなるか?

 

当然ながら、9時に出社することはできず、ギャップはいつまで経っても解消されない。当たり前だが、ギャップを解消する努力をしなければ、描いた未来は永遠に実現することはできない。

 

また、ギャップや課題を誤認識してしまうのも問題だ。

 

▶目覚ましをかけ忘れて寝坊(バックキャスティング不足)

 

▶寝坊して出社時間に間に合わないにも関わらず、いつも通りの移動手段で遅刻
(フォアキャスティング不足)

 

▶その後、目覚まし時計をかけず自力で間に合う時間に起きる努力をするが寝坊は改善せず(課題の誤認識)

 

⇒結局、本人は一生懸命やっているつもりでも勤務態度に問題ありという評価が会社から下され降格処分となる。

 

ギャップは認識しているものの課題を見誤ってしまい、努力する方向が正しくなかったということだが、これではなりたい姿には到底及ばず、それどころか悪化の一途を辿ってしまう。

 

会社経営に当てはめてみると、経営課題を見落とす、或いは見誤ると、成長発展するどころか、倒産の危機に瀕することが容易に想像できる。

 

 

例えば、、、

 

▶会社の数字を軽視し勘と経験に頼って場当たり的な経営をしている会社(バックキャスティング不足)

 

▶業績が低迷しているにも関わらず従来の経営手法を改善しようとしない会社(フォアキャスティング不足)

 

▶売上を上げようと過度に経費をかけ過ぎて赤字が膨らんでいる会社(課題の誤認識)

 

過去にわたしがみてきた中小企業の経営が傾く最たる原因は「経営課題の見誤り」、或いは、「経営課題の見落とし」だった。

 

誤った現状認識や誤った未来予測に基づいた経営課題は会社の成長発展に少しも役立たない。むしろ、足を引っ張り経営が傾くきっかけを作りかねない。

 

経営者は「経営の思考法」を身につけて、常に正しい現在と未来の姿を意識し、正しい手段で経営課題を解消する努力を継続しなければならない。

 

 

経営者の誤った現状認識と未来予測によって会社が伸び悩んでいるケースは非常に多い。

 

会社が抱えているギャップを正しく捉え、なお且つ、正しい手段で経営課題を解消するには、会社経営の成功を支える「経営の思考法」を身につけることが何よりも大切だ。

 

会社経営の失敗と成功は、経営者の思考法ひとつで決まるといっても過言ではないのだ。

 

➡NEXT「会社経営に成功する経営者の特徴」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る