中小企業の経営目標管理方法

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

経営目標管理シートの運用と記入例

経営目標管理シートの運用と記入例

 

経営目標は、会社の将来のあるべき姿を表す。

 

明確な経営目標は、今やるべき事を明確に指し示すので、成長発展の源泉にもなる。

 

当然ながら、明確な経営目標がある会社と、経営目標がない会社、両者の業績の差は、時の経過と共に大きな差が生じていく。

 

例えば、経営目標がない会社は、今やるべきことが曖昧になり、経営者のみならず、そこで働く社員達もどこに向かって進んでいいのか分からなくなってしまう。

 

これでは、成長しないならまだしも、衰退まっしぐらという事もあり得る。

 

行き当たりバッタリの経営に陥っている中小企業の殆どは、確かな経営目標がないか、或いは、仮に経営目標があったとしても目標管理が杜撰という特徴がある。

 

目標管理が杜撰では、先に述べた通り、成長しないならまだしも、衰退まっしぐらである。

 

経営資源が限られている小さな中小企業が大きな成長を遂げるには、然るべき経営目標を掲げ、目標管理を徹底することが肝要なのだ。

 

杜撰な経営目標の管理は、目標管理シートを運用することで解決できる。

 

目標管理シートは、経営目標を正しく運用するうえで欠かせないツールである。

 

目標達成までのロードマップになるばかりか、経営者と社員を繋ぐ重要なツールにもある。

 

たとえ経営目標があったとしても、目標達成までのロードマップが経営者と社員の間で共有できていなければ、経営改善の効果を十分に上げることはできない。

 

つまり、経営目標とセットで経営目標管理シートを運用しなければ、経営目標を達成することは容易ではないのだ。

 

 

経営目標には具体的指標が必要!!

 

中小企業が効率よく経営目標を達成するためには何かしらの指標が必要だ。

 

例えば、

 

▶現金を増やす

 

▶現金を増やすために売上を増やす

 

という二つの目標があった場合、効率的に目標を達成できるのは後者の「売上」という具体的指標がある目標だ。

 

また、

 

▶売上原価を下げる

 

▶売上原価率を1%下げる

 

という二つも目標も、後者の「率を1%下げる」という具体的指標がある目標の方が効率的に目標を達成することができる。

 

このように明確な指標は、経営目標の達成スピードを上げる重要な役割を持っている。

 

経営目標の達成に有効活用できる簡単な指標の一例を紹介しよう。

 

 

経営目標に有効活用できる基本の指標

 

中小企業の経営改善の基本ポイントは「収入を増やして、支出を減らす」ことに集約される。簡単な理ではあるが、実現できている会社は意外と多くない。

 

次の5つの指標は経営目標に有効活用できる基本の指標である。経営目標に掲げて、経営改善にトライしてほしい。

 

売上を上げる

改善例:新規顧客開拓、新商品投入、リピート促進、販売効率改善、売価検証、等々

 

売上原価を下げる

改善例:製造効率改善、仕入先開拓、等々

 

売上総利益を上げる

改善例:売上の拡大、売上原価の低減

 

販売管理費を下げる

改善例:労働効率改善、固定費削減、経費の効率化、等々

 

営業利益を上げる

改善例:売上総利益の拡大、販売管理費の削減

 

 

なお、目標管理シートの記入例は次の通りである。

 

目標管理シートの記入例

目標管理№

改善目標

改善内容

目標達成期日

1

売上を上げる

具体的改善内容

いつまで

2

売上原価を下げる

具体的改善内容

いつまで

3

販売管理費を下げる

具体的改善内容

いつまで

 

目標管理シートには、「目標管理№」、「改善目標」、「改善内容」、「目標達成期日」を記入する。

 

また、目標管理シートには日付、作成者、承認印などの基本項目の記載欄も設ける必要がある。

 

そして、経営改善の進捗状況は経営目標進捗シートで管理する。

 

経営目標進捗管理シート記入例

目標管理№

1月

2月

3月

1

 

 

 

2

 

 

 

3

 

 

 

 

経営目標進捗管理シートには「改善内容」、「進捗状況」、「達成率」、「利害関係者」、など等、進捗の詳細を1ヵ月単位(1週間でも良い)に区切って細かく記入する。

 

目標管理シートを運用し、経営目標に向かってP(計画)⇒D(実行)⇒C(差異分析)⇒A(対策立案)のPDCAサイクルを回すと、経営改善の効果が徐々に出始め、目標達成に近づいていく。

 

なお、PDCAサイクルは経営者と社員が共同で回すと、経営改善のスピードが加速する。

 

経営者の役割

P(計画)、C(差異分析)、A(対策立案)

社員の役割

D(実行)

 

続いて、経営目標の達成に有効活用できる応用の指標の一例を紹介しよう。

 

 

経営目標に活用できる応用の指標

 

中小企業の経営改善の応用ポイントは「利益の最大化」にある。利益を置き去りにして売上拡大にひた走っている経営者は少なくない。中小企業の存続を支える重要な要素は利益である。

 

次の2つの指標は経営目標に活用できる応用の指標である。経営目標に掲げて、経営改善にトライしてほしい。

 

売上総利益率を上げる

改善目標:1%単位で改善していく 【計算式:(売上総利益÷売上)×100】

 

売上総利益高営業利益率を上げる

改善目標:標準10%以上、優良20% 【計算式:(営業利益÷売上総利益)×100】

 

 

なお、目標管理シートの記入例は次の通りである。

 

目標管理シートの記入例

目標管理№

改善目標

改善内容

現状

目標

目標達成期日

1

売上総利益率を上げる

具体的改善内容 

50% 

55% 

いつまで 

2

売上総利益高営業利益率を上げる

具体的改善内容 

5% 

10% 

いつまで 

 

目標管理シートには基本の指標の例であげた記入例に加えて、具体的数値目標を記入する。

 

経営改善の進捗状況は1ヵ月単位に区切って、経営目標進捗管理シートに細かく記入する。

 

経営目標進捗管理シート記入例

目標管理№

1月

2月

3月

1

 

 

 

2

 

 

 

 

経営目標の達成に向かって具体的数値目標を活用する場合は、第一に現状を正しく把握することが欠かせない。

 

なぜなら、現状と目標の差が明確になれば、やるべきことも明確に見えてくるからである。

 

また、数値目標を掲げる場合は、急激な改善に走らず、身の丈にあったペースを保つことも大切だ。

 

経営改善に焦りと無理は禁物だ。

 

例えば、売上総利益率であれば、0.5年~1年単位で1~3%ずつ、着実に数値改善を図るのが無理がない。

 

半歩から一歩ずつの経営改善は、社員や取引先への負担が少なく済み、なお且つ、改善効果が長期的に持続する傾向が強い。

 

➡NEXT「スワット分析で会社の強みと弱みを知る方法」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 




 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る