経営を成功に導く意思決定手法

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

経営を誤らない意思決定の方法|失敗しない意思決定プロセスとは

経営を誤らない意思決定の方法

 

経営と意思決定には大きな関連性がある。

 

なぜなら、経営活動の結果は、経営者の意思決定の連続で形作られていくからだ。

 

つまり、会社の規模は、経営者の意思決定次第で大きくもなれば、小さくもなるということだ。

 

例えば、年商が1億円で止まる会社もあれば、あっという間に10億円を突破する会社もある。会社の規模以前に、誤った意思決定が原因で倒産する会社もある。

 

経営者の意思決定が会社の経営に及ぼす影響は計り知れないが、正しい意思決定を下すには二つのポイントを外さないことが重要だ。

 

ひとつは経験、もう一つは論理性である。

 

この記事では、経営を誤らない意思決定の方法について、詳しく解説する。

 

 

 

経験をもとにした意思決定とは?

 

経営者が、正しい意思決定を下すうえで「経験」は欠かせない要素である。

 

なぜなら、経験には、経営者の過去の失敗や成功体験が蓄積された経営の勘ともいうべき重要な要素が含まれているからだ。

 

熟練のプロ経営者は、何らかの意思決定に直面した場合、感覚的に良し悪しを判断する確かな嗅覚(基準)を持っている。

 

良い予感、或いは、悪い予感、、、それはやってよし、或いは、それはやらない方がいい、、、。

 

事実、熟練のプロ経営者の論理を超えた意思決定は、結果としてうまくいくことがある。

 

経験一辺倒の意思決定は危険な面もあるが、論理性を補完する役割として、経験は重要な役割りを持っている。

 

 

論理性をもとにした意思決定とは?

 

正しい意思決定を支える論理性の代表格は「会社の数字」である。

 

なぜなら、すべての意思決定(事業活動)の結果は、会社の数字に表れるからだ。

 

会社の数字を無視した意思決定ほど危険なものはない。

 

例えると、目隠しで自動車を運転するようなものであり、失敗しか道がないといっても過言ではない。

 

会社の数字は正しい意思決定を下すうえで欠かせない要素なのだ。

 

そして、会社の数字と同様に重要な要素になりうるのが「相反比較」である。

 

相反比較とは、相反する二つの側面から物事を比較検討する方法で、相反比較の代表例は、メリット・デメリットである。

 

複雑化した物事を解きほぐすには、徹底した相対比較が最も効果的だ。

 

複雑化された物事を相対比較で分解すると、物事がシンプル化されて、意思決定の精度がグッと上がる。

 

分解すればするほど、分かりやすくなるのが相対比較の良いところだが、気をつけなければならないポイントもある。

 

それは、相対比較で挙がった二つの側面に優劣をつける際に、数の多寡や多数決で優劣を判断しないことだ。

 

少数意見であっても意思決定に重要な影響を及ぼす要素を決して見逃さない選別眼が、相対比較の精度を左右する。

 

 

意思決定の精度を高める相対比較の重要性

 

相対比較がなぜ重要かというと、同じ物事を違う立場に立って眺めてみると違った景色が見えてくるからである。

 

下の図は、立場の違いで景色が変わる例えを表したものだ。

 

 

下に立てば上り坂、上に立てば下り坂、同じ坂でも立場が変わると景色が変わる良い例である。

 

会社経営は、様々な利害関係者、或いは、利害関係が複雑に絡み合って成立しているが、複雑な状況を鑑みずに、単一的な視点や近視眼的な視点で物事を判断してしまうと、往々にして誤った意思決定を下してしまうことがある。

 

相対比較なくして、意思決定の成功はないといっても過言ではない。

 

正しい意思決定を支える相反比較の一例は次の通りである。

 

メリット・デメリット、ポジティブ・ネガティブ、売り手・買い手、量・質、増加・減少、目標・結果、賛成・反対、プラス・マイナス、ミクロ・マクロ、長期・短期、変動・固定、絶対・相対、直接・間接、公・私、現実・理想、可能・不可能、需要・供給、入・出、ハード・ソフト、内部・外部、全体・部分、本音・建て前、主・従、営業・製造、一般職・管理職、など等

 

同じ物事をあらゆる相対比較で分析・検証すると正しい意思決定を支える論理的根拠材料が沢山でてくるので、是非とも、トライしてみてほしい。

 

 

経営者の意思決定の誤りを挽回する方法

 

中小企業は、経営者に意思決定が集中する。

 

経営者も人間ですので、すべてにおいて万能なわけではない。当然ながら、経営者の経験と論理性が如何に優れていたとしても、意思決定を誤ることはよくあることだ。

 

たとえ意思決定を誤ったとしても、その都度、誤りを正している限りは、経営の失敗リスクが高まることはない。

 

誤った意思決定を見逃すと、会社衰退の原因を作ることになるので、誤った意思決定を見逃さないことが何よりも大切である。

 

誤った意思決定を見逃さないためには、「会社の数字」、「社員の声」、「顧客の声」の3つのポイントを注視する必要がある。

 

経営者が誤った意思決定を下すと、大体は、「会社の数字」、「社員の声」、「顧客の声」の何れかに影響が表れる。

 

例えば、会社の数字であれば、売上が下がった、利益が下がった、など等、社員の声であれば不平不満、顧客の声であればクレームや意見など等である。

 

常日頃から、会社の数字、社員の声、顧客の声を注視していれば、たとえ意思決定を誤ったとしても、その誤りを早期発見し、挽回することが出来る。

 

経営者は、常日頃から自分の意思決定の結果を注視しなければならない。

 

投げやりな意思決定は、間違いなく会社の寿命を縮める。

 

➡NEXT「経営は計画がなければ成功しない」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る