経営コンサルが教える実践的予算管理手法

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

経営を支える予算管理の作成と運用方法|中小企業に適した予算管理法とは

経営を支える予算管理の作成と運用方法|中小企業に適した予算管理法とは

 

予算管理とは、事業計画の実効性を高めるために収入と支出の計画を作成・運用する管理会計手法のひとつである。

 

予算管理の目的は、事業活動の計画性を高めるところにある。

 

例えば、収入予算は販売計画を示し、支出予算は経費計画を示す。

 

販売計画は、営業活動、開発活動、商品活動などの予算を管理するために、経費計画は、投資計画、採用計画、利益計画などの予算を管理するために作成・運用されるが、各分野の予算精度が高ければ高いほど、事業活動の計画性が高まる。

 

事業活動の計画性が高まるという事は、安定経営の実現度が高まるという事でもある。

 

つまり、予算管理の有り無し(計画の有り無し)が、会社経営の成功を左右するのである。

 

物事の成功は段取り八分と云われるが、会社経営も例外ではない。

 

やはり、予算管理のない行き当たりバッタリの経営よりも、予算管理のある計画性のある経営の方が成功の確率がグッと高まる。

 

会社経営において、失敗しないことは、成功することと同じくらい重要である。

 

予算管理は、会社経営の成功に欠かせない必須条件といっても過言ではないのだ。

 

 

実効性の高い予算管理の重要性とは?

 

予算管理を経営に活かすには実効性のある計画を作成する必要がある。

 

例えば、余りにも高い目標を掲げすぎた実効性の低い予算管理は、全く経営に役立たない。

 

むしろ、収入と支出の計画と実績のかい離が原因で支出と経費のコントロールミスを招き、業績悪化を招く場合がある。或いは、不正や粉飾決算を助長し、会社経営自体が誤った方向に行くリスクを高める。

 

また、社員や現場の声を無視した一方的な予算管理も経営に役立たない。

 

予算達成のために働くのは社員である。社員の声を無視した予算管理は、社員のモチベーション低下を招き、業績悪化を招くリスクを高める。或いは、現場の実情と余りにもかけ離れた極めて実効性の低い、絵に描いた餅的な予算に陥ってしまう。

 

正しい予算管理は会社経営を助けるが、誤った予算は会社経営の足を引っ張る無駄な管理になってしまうのだ。

 

 

予算管理の作成ポイントとは?

 

実効性の高い予算管理が作成・運用されている中小企業は決して多くないが、闇雲に作った予算は危険である。

 

やはり、経営を助ける正しい予算管理なくして、経営の成功はない。

 

中小企業に適した実効性のある予算管理の作成ポイントは「前年実績」、「売上成長率」、「加算要因」、「減算要因」の4つのポイントに絞られる。

 

前年実績は、将来業績のベースを表す数字である。

 

売上成長率は、将来業績の成長を表す数字である。

 

加算要因は、将来業績に加算される売上や利益の増加要因を表す数字である。

 

減算要因は、将来業績に減算される原価や経費の増加要因を表す数字である。

 

この4つのポイントをしっかり精査したうえで予算を作成すると、中小企業に適した実効性の高い予算管理が実現できる。

 

詳しい予算作成方法は「中小企業に適した予算の作成方法」の記事で徹底解説しているので、必要な方は参考にしてほしい。

 

なお、予算管理は会計年度に合わせて1年単位で作成し、作成時期は、新年度が始まる2~3カ月前が望ましい。

 

 

予算管理の効果的な運用方法とは?

 

中小企業の場合、予算を作成するだけで経営者が満足してしまい、その後の予算管理が十分に運用されていない会社が少なくない。

 

当然ながら、予算を作成してお終いでは意味がない。

 

予算は、作成した後に効果的に運用することで、初めて経営の助けとなるツールになるのだ。

 

予算の運用方法は簡単で、絶えず、実績と予算をモニタリングするだけである。

 

実績と予算のモニタリングを疎かにすると、収入が予算を下回っているにも関わらず、経費だけは予算通りに執行されて利益が縮小、或いは、赤字が拡大することが起こり得る。

 

逆に、実績と予算のモニタリングがしっかりできていれば、予算に対して収入実績が下回っていれば経費(支出)を締める、予算に対して収入実績が上回っていても経費(支出)を維持するなど、といった予算と実績に合わせた経営采配が可能になり、会社の利益は面白いように増加していく。

 

また、実績と予算のかい離を縮小するための補正予算(修正予算)も適切なタイミングで行えるようになる。

 

予算管理の精度が高まると、将来の業績を正確に見通すことができるようになるので、「将来の業績が見えない」という漠然とした不安を払しょくすることもできる。

 

精度の高い予算管理は経営者の精神を安定させる効果もあるのだ。

 

また、予算管理を運用していれば、良い兆候も悪い兆候もオンタイムで感知することができる。

 

良くも悪くも先手先手で対処することが出来るので、自ずと安定した会社経営の基盤が整いやすくなる。

 

➡NEXT「会社を成長に導く経営ブレーン」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る