退路を断って覚悟を決める

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

会社を大きくする社長の覚悟とは

会社を大きくする社長の覚悟とは

 

会社は、社長の覚悟を固めた瞬間から大きくなる。

 

なぜなら、社長があらゆるリスクを一身に背負う覚悟を固めると、会社発展のための行動原理が明快になり、会社の成長スピードが加速するからだ。

 

例えば、本業に集中する、過去を断ち切る、といった社長の覚悟は、間違いなく会社の成長発展を後押しする。

 

この記事では、わたしのコンサル先企業の社長や長年交友がある社長の実例を用いて、会社を大きくする社長の覚悟の具体例を紹介する。

 

何れの社長の覚悟も非常に効果的で、なお且つ、心が折れそうになった時の励みになるので、是非とも参考にしてほしい。

 

まず一つ目は、「本業に集中する社長の覚悟」である。

 

車のディーラー店を経営していたAさんが、両親が創業した食品製造会社を継いだのは40代後半の頃である。

 

この社長は、それまで自分が経営していた会社をすべて後進に譲り、両親が創業した食品製造業の社長に就任した。

 

自分の会社からの報酬も協力関係もゼロにして、自らの手で退路を断ち切り、全身全霊で本業に集中する覚悟を決めたのである。

 

受け継いだ食品製造業の経営は赤字経営だったが、僅か1年で超優良な黒字経営にV字回復した。

 

わたしもこの会社の経営再建をサポートしたが、社長の覚悟なくして、見事なV字回復は無かったと思う。

 

本業に集中する社長の覚悟は、わたしも実践しているが、非常に効果的である。

 

わき目もふらず本業に集中する社長の覚悟は、間違いなく花開く。

 

 

過去を断ち切る社長の覚悟

 

Bさんが実家の呉服店の社長に就任したのは20代も後半である。

 

先代の急逝に伴う社長就任だったが、先代のセンスや見識がずば抜けて高かったため、顧客は由緒ある家柄や高い審美眼を持った方ばかりで、顧客を受け継ぐにはあまりにも荷が重かった。

 

商売自体はうまくいっていたが、この社長は覚悟を決めた。

 

これまでの蓄積に頼らず、新しいお店と自分たちの顧客を作ろう、と。「過去を断ち切る社長の覚悟」を固めたのである。

 

早速、自社ビルに入居していたすべてのテナントに立ち退いてもらい、すべてのフロアを自分の店づくりに活かした。

 

テナント収入がゼロになり、さらには多額の改装費用が掛かったので、マイナスからのスタートになったが、お店のコンセプトを明快にしたことで新しい顧客が次々と生まれ、10年も過ぎると先代の顧客がすべて新しい顧客に入替った。

 

引き継いだ商売がうまくいっているにも関わらずに過去を断ち切るのは、相当な覚悟が必要だが、新しい未来を切り開くために過去を断ち切る社長の覚悟は、時に新しい顧客を創造するきっかけになり得る。

 

 

この他にも有効な社長の覚悟

 

本業に集中する社長の覚悟、過去を断ち切る社長の覚悟のほかにも、有効な社長の覚悟がある。

 

例えば、借金を背負う覚悟、社員の生活を背負う覚悟、会社の損失を背負う覚悟、などは、社長の行動にプラスの影響を与えて、会社の成長を後押しする効果がある。

 

借金を背負う覚悟は、利益意識を高めてくれる。

 

社員の生活を背負う覚悟は、社員の幸せを考える姿勢を整えてくれる。

 

会社の損失を背負う覚悟は、「最終責任は経営者」という責任感を生み出し、社長に威厳と風格を与える。

 

社長の覚悟は会社成長の原動力になる。

 

そして、会社が厳しい時こそ、社長の覚悟がモノをいう。

 

➡NEXT「新任社長や後継者が持つべき心得とは」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る