誰でもできる社長の器を大きくする方法

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

社長の器を大きくする方法|会社の大きさは社長の器の大きさで決まる

社長の器を大きくする方法

 

会社は社長の器で決まると、良く言われる。

 

これまで、数百名を超える中小企業の社長にお会いしてきた私の経験からも「会社は社長の器で決まる」とつくづく思う。

 

事実、社長の器以上の人材は集まらない、或いは、社長の器以上のブレーンは集まらない、というように、社長の器次第で会社の発展性が決まることは良くあることである。

 

社長の器を測定するうえで便利なツール(下図参照)がある。

 

 

上の図の通り、社長の器を構成するスキルは大別して3つに分類することができる。

 

ひとつは技能スキル、ふたつ目は万能スキル、最後は、人間スキル(ヒューマンスキル)である。

 

技能スキルとは、社員がすべき仕事や作業をこなすための技能的なスキルのことである。

 

社長の器を構成するスキルとしては、最も小さい要素であり、環境が変わると使い物にならなくなるスキルでもある。

 

つまり、技能スキルを磨いても、社長の器は大して大きくならないということである。

 

万能スキルとは、思考力や実行力といった環境が変わっても通用する万能的なスキルのことである。

 

ビジネスの構想力や人を動かす行動力に深く関わるスキルなので、経営者の器を大きくするには、一定レベルまで磨く必要がある。

 

人間スキルとは、哲学や価値観、信念やスタンス、器量や度量、審美眼や芸術性(職人技)といった、その人間の有様を表すヒューマンスキルのことである。

 

他者への影響力に大きく関わるスキルなので、社長の器を大きくするための必須スキルといっても過言ではない。

 

 

社長の器を磨けば、会社は大きくなる

 

社長の器を磨けば、会社は間違いなく大きくなる。

 

社長の器を磨く方法は簡単である。一定の万能スキルを身につけたうえで、ひたすら、ヒューマンスキルを磨くことである。

 

そのために必要なことは本質を追求するために「無知の知」を徹底的に実践することが大切だ。

 

無知の知の実践とは、自分が知らないことを知っている、ということを自覚し、素直に教えを乞う姿勢を持つということである。

 

論語にも「知るを知るとなし、知らざるを知らずとなす、これ知るなり」という類似した言葉があるが、これは、無知であることを自覚することで、新たな学びを行うことを促進し、その結果無知を克服し成長する、ということを意味している。

 

社長であっても驕ることなく素直な気持ちで無知の知を実践していくと、物事を本質的に捉えることができるようになり、ブレない哲学や信念が身についていく。

 

また、ヒトの苦労やモノの価値も正確に理解できるようになるので、器量や度量も高まっていく。

 

さらに、手足を動かして無知の知を実践すると、審美眼や芸術性(職人技)も高まり、ヒューマンスキルがますます盤石なものになっていく。

 

ヒューマンスキルが大きくなると自然と社長の器も大きくなり、社長の器が大きくなるほど、優れた技能スキルや万能スキルを持つ人材が社長の周りにたくさん集まるようになる。

 

社長の器を大きくするために第一に磨くべきスキルは、技能スキルでも万能スキルでもない。

 

ヒューマンスキルを磨くことが、社長の器を大きくする確かな方法である。

 

➡NEXT「事業は人なりは経営の理なり」へ

 

 

無料経営講座「企業の永続性を確立する方法論が分かる」

 

無料オンライン経営講座は経営コンサルタントの伊藤(当サイト運営者)が実践している企業の永続性を確立する方法論を説いた経営講座です。会社をさらに拡大したいと思ってる中小企業経営者、これから会社経営に挑む起業家や後継者は確実に受講されることをお薦めします。

 

⇒⇒無料経営講座「企業の永続性を確立する方法論が7日間で分かる」はこちら

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る