どんぶり勘定とは|丼勘定の意味・会計メリット・経営デメリット

 

どんぶり勘定とは、収支の勘定がいい加減なことを云う。

 

会社経営における「どんぶり勘定」は収支管理の簡素化メリットがある一方で、収支計算の精度を低下させるデメリットがある。

 

この記事では、どんぶり勘定の意味、並びに、どんぶり勘定の会計メリットや経営デメリットに至るまで、詳しく解説する。

 

 

どんぶり勘定とは?

 

どんぶり勘定とは、収支の勘定がいい加減なこと、或いは、細かな収支を勘定せずに無計画にお金を使うことを云う。

 

どんぶりの語源は、江戸時代に職人(火消し・大工・商人等)が身につけていた腹掛けについていた「どんぶり」と呼ばれる大きなポケットと云われている。

 

腹掛けそのものをどんぶりと呼んでいた節もあり、そのどんぶりから無造作にお金を出し入れする仕草、或いは、どんぶりを愛用している職人衆のあるにまかせて無計画にお金を使う姿勢がどんぶり勘定のルーツと思われる。

 

どんぶり勘定の歴史は古いが、現代においても使い方は変わらず、例えば、収支の勘定がいい加減な会社経営を表す「どんぶり経営」、あるにまかせて無計画にお金を使う社長を表す「どんぶり勘定」などは典型例になる。

 

 

どんぶり勘定の会計メリット

 

どんぶり勘定の会計メリットは多くない。

 

せいぜいあって、会計の作業や手間が簡素化されることが唯一のメリットといえる。

 

どんぶり勘定のよくある会計パターンを挙げると、極力勘定科目を増やさない、事業別や担当者別の仕訳を増やさない、経費精算を数カ月分ため込む、売上請求を数カ月分ため込む、領収証等を税理士に丸投げする、など等がある。

 

何れも、会計に携わる当事者の作業が簡素化されるため、どんぶり勘定が定着するほど、会計作業が楽になる。

 

 

どんぶり勘定の会計デメリット

 

どんぶり勘定の会計デメリットはじつに多い。

 

例えば、期間損益の収支が曖昧になる、整合性が低下する等は典型的なデメリットで、商品や事業の個別収支が不明になる等の深刻なデメリットもある。

 

また、収支が曖昧になるほどに会計資料の精度(正確性)が低下するので、経営判断の根拠に使えない、或いは、銀行等からの信用が低下するといった二次的なデメリットも生まれる。

 

こうしたデメリットを払拭するには、どんぶり勘定から脱却するために、会計の精度と整合性を高めることが不可欠になる。

 

 

どんぶり勘定の経営メリット

 

どんぶり勘定の経営メリットは多くない。

 

せいぜいあって勘と経験に頼った会社経営を何の制約もなく推し進めることができることが唯一のメリットといえる。

 

例えば、数字が苦手な経営者であれば、どんぶり勘定に固執することで苦手な数字から解放されるメリットが享受できる。

 

計画や節約が嫌いな経営者であれば、どんぶり勘定に固執することで、あるにまかせて無計画にお金を使えるメリットが享受できる。

 

このように、あるがまま、思うがまま、ストレスフリーで会社経営ができる点が、どんぶり勘定の唯一のメリットといえる。

 

【関連記事】どんぶり勘定のダメ社長

 

 

どんぶり勘定の経営デメリット

 

どんぶり勘定の経営デメリットはじつに多い。

 

例えば、勘と経験に頼った会社経営に陥ることで頻発する決断ミスや長期的視点の欠落から陥る資金繰りの失敗などは、どんぶり勘定の典型的なデメリットになる。

 

また、数値管理が組織に定着しない、事業活動の検証精度が著しく低下する等のデメリットもあり、大概は、経営者の勘が鈍った瞬間に衰退リスクが噴出する。

 

更に、万が一業績が悪化すると、業績悪化の原因特定(損益の詳細分析)に時間がかかり、健全化の成功確率が著しく低下するデメリットもある。

 

業績が好調であっても、どんぶり勘定で複数の事業部の収支が曖昧になっている場合は、成長投資の正しい采配ができなくなるデメリットもある。

 

【関連記事】どんぶり勘定が企業を滅ぼす

 

 

どんぶり勘定は百害あって一利なし

 

どんぶり勘定は、百害あって一利なしだ。

 

どんぶり勘定は、会社経営の生命線になる決断の精度と検証精度を著しく低下させる。

 

経営者の論理性と客観性も著しく低下させるので、漠然とした経営不安も消えなくなる。

 

事業活動の結果、並びに、成功と失敗の兆候は、すべて数字に表れる。どんぶり勘定に固執すると、そうした成功と失敗の兆候を見落とし、高確率で経営に失敗するので、くれぐれも気をつけてほしい。

 

➡NEXT「会社の数字を分析する基本の手法|経営者とビジネスパーソンの必須スキル」へ

 

 

経営セミナー「社長の数字力を高める管理会計の基本スキル」が分かる

 

本経営セミナーでは私が経営の現場で成果を上げている「管理会計の実践スキル」について事例を交えて分かりやすく教えます。数字力を高めて会社をさらに拡大したい経営者は確実に受講されることをお薦めします。

 

⇒⇒経営セミナー「社長の数字力を高める管理会計の基本スキル」はこちら

 

 

おススメ記事

 

 

 

当サイトのコラム記事はビジネスコンサルティング・ジャパン株式会社が執筆・監修しています

 






 


人気記事ランキング

なぜ会社が衰退するのか?なぜ会社経営に失敗するのか?私の経験から分かった中小企業の成長と衰退の法則と共に、会社経営の成功のカギを詳しく解説しています。

企業存続の条件は様々あるが、絶対的な条件に絞ると3つあり、この3つの何れかが欠けると企業存続の可能性が低下する。企業存続の絶対条件について解説しています。

経営改善計画書は会社の最良の未来予想図を示すロードマップです。経営改善計画書の目的・効果・機能・作り方から計画の実効性を高める方法に至るまで徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


実践ノウハウ:経営コンサル直伝イノベーション売上拡大経営能力研鑚後継者育成生産性改善事業拡大顧客創造強い組織作り経営知識税金知識事業再生

経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
このページの先頭へ戻る