経営者のあるべきリーダー像

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

社長のリーダーシップが会社を大きくする

社長のリーダーシップが会社を大きくする

 

社長のリーダーシップは会社の成長に欠かせない要素である。

 

なぜなら、社長のリーダーシップがなければ、会社が安定することも、社員の士気が高まることもないからだ。

 

特に経営資源の乏しい中小企業は、社長のリーダーシップ如何で会社の成長が決まると言っても過言ではない。

 

リーダーシップの定義はじつに曖昧だが、新しい未来を提示する先見性、安定経営を実現する経営力、社内外の人を魅了する求心力の3つは社長のリーダーシップに欠かせない要素といえる。

 

社長のリーダーシップに欠かせない3つの要素について更に詳しく解説したい。

 

 

新しい未来を提示する先見性

新しい未来を提示する先見性は、社長のリーダーシップに欠かせない要素である。なぜなら、未来を起点に現状の経営課題を捉えることが出来なければ、時代の変化に組織が翻弄されて、会社が衰退してしまうからだ。未来に向かう組織の闘争心は、優れた先見性を持った社長のリーダーシップから生まれる。

 

 

安定経営を実現する経営力

安定経営を実現する経営力は、社長のリーダーシップに欠かせない要素である。なぜなら、安定経営なくして、社員の安心も、銀行や取引先の安心も保障することが出来ないからだ。「この社長なら大丈夫」という安心感や包容力は、安定経営を実現する社長のリーダーシップから生まれる。

 

 

社内外の人を魅了する求心力

社内外の人を魅了する求心力は、社長のリーダーシップに欠かせない要素である。なぜなら、求心力がなければ、社内外の人の心を掴むことが出来ないからだ。「この人のために働こう」、或いは、「この人のために尽くそう」といった忠誠心は、社内外の人を魅了する求心力を持った社長のリーダーシップから生まれる。

 

 

強いリーダーシップを身につけるには

 

社長が強いリーダーシップを身につけるには、前章で解説した「先見性」、「経営力」、「求心力」を高めるために自身の至らなさを自覚し、その至らなさを補う努力を日頃から継続することが欠かせない。

 

少なくとも、社員の数倍の努力がなければ、会社の成長を牽引する強いリーダーシップは身につくものではない。

 

なお、次のようなケースは社長のリーダーシップが低下している会社にありがちな弊害例である。

 

☑経営者の公私混同が酷い

 

☑経営理念や行動指針がない

 

☑経営方針に一貫性がなく、方針がコロコロ変わる

 

☑商品開発方針や顧客ターゲットが明確になっていない

 

☑社長が赤字経営を容認している

 

☑社長が会社の業績を把握していない

 

☑社長が業績改善の先頭に立っていない

 

☑顧客の不満を放置している、或いは、顧客の不満に気がついていない

 

☑社員満足度と顧客満足度を追求していない

 

☑社長と社員の方向性がバラバラになっている

 

☑社員間や部門間など、組織内の協力体制が希薄になっている

 

上記項目に一つでも当てはまる項目があれば、経営者のリーダーシップが低いと言わざる得ない。

 

なかにはできないこともあるかも知れないが、できないことを自覚して他者の協力を仰ぐ謙虚さも立派なリーダーシップである。

 

➡NEXT「経営マネジメントは経営者の必須スキル」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る