経営努力の効果を最大化する秘訣

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

会社の成長を加速させる経営努力の方法

会社の成長を加速させる経営努力の方法

 

経営努力なくして、会社の成長はない。

 

なぜなら、経営者がライバルと競いあう気概を持ち、さらに、そのライバルに打ち克つ経営努力を継続しなければ、何れ、市場競争からはじき出されてしまうからだ。

 

例えば、小さな中小企業から出発したマクドナルドの創業者であるレイ・クロックは自身の著書“成功はゴミ箱の中に”の中で、次のように話している。

 

「競争相手のすべてを知りたければゴミ箱の中を調べればいい。知りたいものは全部転がっている。私が深夜二時に競争相手のごみ箱を漁って前日に肉を何箱、パンをどれだけ消費したかを調べたことは一度や二度ではない。強みを鍛え、付加価値に力を入れれば我々についてくることができずに競争相手は消滅していくだろう。」

 

汗に滲んだ経営努力の日々がリアルに伝わってくる。しかも、レイ・クロックの経営努力の成果は、世界最大のファストフードチェーンという形で後世に証明されることになる。

 

なお、追う立場から、追われる立場になったとしても、経営努力をしなくてもよい、ということにはならない。

 

なぜなら、経営努力を緩めると事業価値が簡単に陳腐化するからだ。事業価値が陳腐化すると、ライバルに追い越されるのは時間の問題になる。

 

経営努力に終わりはなのだ。

 

トップ企業が下位企業に打ち克つには80~90%の力で勝てるかも知れないが、トップ企業が更なる成長を遂げるには、自分自身をライバルと捉え、昨日よりも今日、今日より明日、というように、高い目標に向かって経営努力を積み重ねる姿勢が欠かせない。

 

つまり、100%以上の力で自分を超えていく経営努力なくして、企業の成長発展はないのだ。

 

 

経営努力の効果を最大化する方法とは?

 

会社経営において、経営努力を継続すれば報われる、ということはあり得ない。

 

然るべき目標と計画を立てて、正しい経営努力をしなければ、成果ができることも、報われることもない。

 

一生懸命、経営努力を重ねているにも関わらず業績がパッとしない会社は、そもそも目標がない、或いは、目標があっても計画が妥当でない、といった状況に陥っているケースが多い。

 

経営努力をするにあたって、目標と計画ほど重要なものはない。

 

なぜなら、目標と計画のない経営努力は、すべてがムダな努力になってしまうかも知れないからだ。

 

目標は、現状との間にあるギャップ、つまり解決すべき経営課題を明らかにするので、経営努力の焦点がピッタリ定まる。

 

計画は、経営課題解消の道筋を明らかにするので、経営努力の効率と効果がグッと上がる。

 

当然ながら、目標と計画が正しくなければ、100%以上の経営努力をしていても、努力効果が半減、場合によっては、マイナス効果を生み出し、衰退リスクが飛躍的に高まることもある。

 

然るべき目標と計画を立てて、正しい経営努力をする。これが、経営努力の効果を最大化する方法である。

 

➡NEXT「中小企業が経営相談を受ける最大メリット」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る