経営コンサルプロが教える組織強化の基本

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

組織力強化のためにすべき社長の仕事|中小企業の組織力向上策

組織力強化のためにすべき社長の仕事

 

組織力は、会社の業績を如実に表す。

 

例えば、わたしは過去に1,000名以上の中小企業の社員と面談を行ってきたが、実際に面談して分かったことは、業績の良い中小企業の社員は不平不満が少なく、業績の悪い中小企業の社員は不平不満が多く、組織に何らかの問題を抱えているということだ。

 

つまり、会社の組織力が、その会社の業績を如実に表していたのだ。

 

当然ながら、業績が悪い中小企業には十分な利益がないので、社員の労働環境や生活レベルを上げることができず、働けば働くほど社員の不平不満が増幅し、組織力が低下するという悪循環に陥っていた。

 

このような状態に一度陥ってしまうと、組織力は低下するばかりとなる。

 

下図の通り、組織力(マンパワー)と業績は比例関係にある。

 

 

社員を大切にしない会社に明るい未来はない。

 

組織力の強化は、業績向上に欠かせない重要な社長の仕事なのだ。

 

ちなみに、中小企業における組織力の強化は、社長が積極的に参加しないと成功しない。

 

なぜなら、中小企業は大企業とは違い、社内の教育者が圧倒的に不足しているからだ。

 

同期はもちろん、先輩や後輩が満足にいない中で、社員ひとりの力で成長するには限界がある。また、人事権や採用権を握っているのも社長自身である。

 

社長が積極的に社員と関わり、社員のことを心底理解しない限り、理想の組織作りなど出来るものではない。

 

この記事では、組織力強化に欠かせない社長の仕事を、詳しく解説する。

 

 

 

組織力強化その1「社員の性格を理解する」

 

社長という立場で、組織力を強化するためにすべき第一の仕事は「社員の性格を理解すること」である。

 

社員の性格は十人十色で、せっかちもいればおっとりもいる、几帳面もいればズボラもいる、得手不得手もあれば立場の違い、能力の違いもある、というように、同じように叩いても音色が違うのが、社員の性格である。

 

当然ながら、社員の性格を深く理解せずに、近視眼的な基準で社員に接していると徐々に社長と社員の信頼関係は崩れていく。

 

それぞれの社員の性格に合ったオーダーメイドなコミュニケーション術を実践してこそ、社長と社員の信頼関係が深まるのだ。

 

会社の所帯が小さい中小企業の場合、社長と社員のコミュニケーションは至るところに出てくる。

 

例えば、社員に指示をするとき、社員を叱るとき、社員を誉めるとき、社員と食事を共にするとき、など等、コミュケーションの機会は挙げたらキリがないほどある。

 

すべてのコミュニケーションは、社員教育や組織力強化の絶好の機会になる。

 

なぜなら、社員それぞれの性格に合わせて、叱り方、指示の仕方、誉め方など等のコミュニケーション方法を変えて接すれば、自ずと社員の潜在能力が引き出され、会社全体の組織力が強化されていくからだ。

 

中小企業において、社員の性格を理解することは、組織力を強化するうえで欠かせない社長の仕事といっても過言ではない。

 

また、社員の性格の理解が深まると、社員の長所と短所が明確に見えてくるので、自ずと、適材適所の精度が上がる。

 

【関連記事】社長の正しいコミュニケーション術

 

 

組織力強化その2「社員の適材適所を図る」

 

社長という立場で、組織力を強化するためにすべき第二の仕事は「社員の適材適所を図ること」である。

 

社員の適材適所を図るうえで大切なのは「社員の長所」を最大限に活かすということである。

 

自分自身を振り返れば分かりように、ヒトの短所は簡単に直るものではない。

 

殆どの短所は直らずに墓場までいくものだ。(余談ながら、人間の短所は年齢と共に度がきつくなるという説もある。つまり、直るどころか年を重ねるごとに酷くなるのが人間の短所ということだ)

 

社員の短所は社長自身と周囲のフォロー体制でカバーする工夫を施し、長所を最大限に活かす適材適所が図れれば組織力は一段も二段も強化される。

 

中小企業は限られた人材で勝負しなければならない。

 

社長が社員の性格を深く理解し、長所を活かす適材適所が図れるか否かが、組織力強化を左右する重要なポイントになる。

 

 

組織力強化その3「社員の活動をフォローする」

 

社長という立場で、組織力を強化するためにすべき第三の仕事は「社員の活動をフォローすること」である。

 

事業活動は、計画(Plan)、行動(Do)、検証(Check)、修正(Action)のPDCAサイクルで回っている。

 

このPDCAサイクルの速度が速いほど、且つ、精度が高いほど、会社の組織力と共に、業績がグングンと伸びていく。

 

そして、社員の行動(D)に対して、社長が計画(Plan)、検証(Check)、修正(Action)のPCA部分を積極的にサポートすると、社員の行動の質が一段と上がる。

 

当然ながら、社員の活動の質が上がれば、組織力と業績も一段と上がる。

 

社員なりのPDCAサイクルは存在しているが、経営者や経営幹部が社員のPDCAサイクルをフォローすることが、組織力強化の秘訣になる。

 

中小企業の場合、経営管理だけが社長の仕事ではない。

 

組織力の強化も、決して人任せにはできない、社長の大切な仕事なのだ。

 

➡NEXT「中小企業の社長が最低限すべき5つの仕事とは」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る