中小企業の人材育成で大切なこと|人材を人財に育てる方法

中小企業の人材育成で大切なこと

 

中小企業の人材育成で大切なことは、第一に、社員をしっかり理解することだ。

 

なぜなら、社員の性格、仕事ぶり、得手不得手、長所短所、貢献度等は十人十色であり、その十人十色の社員の集合体が会社の組織を形成するからだ。

 

従って、経営者がひとり一人の社員を理解し、社員に適した人事評価の基準を持ち合わせていないと、人材育成が失敗して、組織が弱体化することもあり得る。

 

この記事では、中小企業の人材育成で大切なことについて、詳しく解説する。

 

 

人材育成の肝は評価基準にある

 

経営者が、全ての社員に対して不満を抱かせない公平な人事評価基準を持つことは、人材育成の難しい部分のひとつだ。

 

例えば、能力が多少劣っていても人並み外れた明るさを持ち合わせている社員がいたとする。

 

明るさという取り柄は、天性の長所で誰しもが持ちえない能力の一種であり、組織の活性剤とも潤滑剤ともなりえる代えがたい長所でもある。

 

もしも経営者が能力一辺倒の評価基準で人事評価した場合、このような明るさを持ち合わせた社員がはじき出される可能性がある。

 

組織から明るさが無くなると摩擦、嫉妬、妬み等のマイナス要素が蔓延し、組織が弱体化することがあり、人材が限られている中小企業ほど、こうしたマイナス要素の弊害が顕著に表れる。

 

能力の低い社員が、じつは業績に貢献していた、ということは往々にしてあることだ。

 

やはり、能力の凸凹、性格の凸凹、様々な凸凹要素を経営者が認め、社員同士が尊重し合う環境がなければ人材が人財に育つことはない。

 

お城の石垣同様、大きさの違う様々な凸凹が組み合わさってこそ、強度の強い土台が完成するのだ。

 

 

中小企業の人材育成で大切な経営者の評価基準とは

 

前章で解説した通り、経営者の評価基準は中小企業の人材育成において、とても重要だ。

 

人材を人財に育て上げるには、経営者が正しい人事評価の基準を持つことが大切で、経営者の人事評価基準が曖昧だと人材育成は失敗する。

 

ここで、経営者の正しい評価基準を考えるうえで役に立つ、戦国時代の一時代を築いた3人の武将の「ホトトギスの詩」を紹介する。

 

▶織田信長「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」

 

▶豊臣秀吉「鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス」

 

▶徳川家康「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」

 

織田信長の合理主義、豊臣秀吉の楽観主義、徳川家康の保守主義、というそれぞれの個性がよく表現された詩である。

 

ひと昔前は、経営者のタイプをこの3人の武将に例えて分別する時代もあったが、人材育成という観点でこの詩を眺めると経営者として少し物足りない面がある。

 

なぜなら、3人の詩を振り返ると「ホトトギスは鳴くものだ」というひとつの固定概念にとらわれた評価基準が結論を導いているからだ。

 

経営者であれば、もう少し大きな度量を持った社員の評価基準が必要で、これでは、先の例で示した明るさという長所を持ってはいるものの少し能力が劣っている社員同様、鳴かないホトトギスは何れ外にはじかれてしまうかも知れない。

 

戦国時代から昭和の時代に下り経営の神さまと云われた松下幸之助氏はホトトギスの詩を全く別次元の境地で歌い上げている。

 

▶松下幸之助氏「鳴かぬならそれもまたよしホトトギス」

 

鳴かないホトトギスもホトトギスとして認めようという寛容さがにじみ出ているが、中小企業の経営者に必要なのはこの寛容な評価基準だ。

 

これが出来ないならダメ社員というレッテルを張るのではなく、これができないのであればこれはどうだろうかという寛容さが人財を育てる。

 

そして、人材が人財に育つと、自ずと組織力が向上する。人材が限られている中小企業にとって、組織力ほど経営を助けてくれる要素はない。

 

 

中小企業の人材育成は「諦めの悪さも」大切なこと!

 

私が30代のころに50歳年上の80代の教育者にお会いした際に、その方は次のようなことを仰っていた。

 

「教育者は諦めが悪い人間でなければ務まらない」と。

 

経営者も同じである。

 

経営者は、人材を人財に育てる諦めない気持ちと、根気強く辛抱する気持ちを持たなければならない。

 

少なくとも多少能力が劣っていようとも会社の経営方針に従って一生懸命仕事に取り組んでいる社員に対しては寛容さを持って接する必要がある。

 

会社の経営資源は社員のほかにもお金やモノや情報など色々とあるが、社員はその中で最も伸びしろのある貴重な経営資源で、経営者の接し方ひとつで100の力が0にも1,000にもなる不思議な経営資源でもある。

 

中小企業は有能な人材を簡単に集めることができないので、人材育成を工夫しなければ強い組織を作ることは出来ない。

 

中小企業の経営者は、そのことを肝に銘じて社員と向き合う覚悟が必要だ。

 

伊藤のワンポイント

人材育成は、中小企業の経営で一番難しいといっても過言ではありません。経営者が一人で社員を教育しなければならない会社も珍しくなく、これだけ骨の折れる仕事はないと思います。預かった社員だけで強い組織を作るには、経営者の寛容さと諦めの悪さ、そして社員の事を深く理解する優しさが不可欠です。

 

➡NEXT「中小企業の黒字経営ノウハウと具体的手法」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
このページの先頭へ戻る