経営コンサルが教える黒字化手法

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

赤字経営を黒字化する方法|中小企業の赤字脱却の道筋とは

赤字経営を黒字化する方法|中小企業の赤字脱却の道筋とは

 

大企業であれ、中小企業であれ、赤字経営は不幸の始まりである。

 

なぜなら、赤字経営の行きつく先は会社の倒産だからだ。従って、経営者であれば赤字経営を決して容認してはいけない。

 

じつは、中小企業の約7割が赤字経営に陥っていると云われている。

 

赤字経営に頭を悩ませている経営者も多いと思うが、黒字化の方法さえ抑えれば赤字脱却の道筋は見えてくる。

 

この記事では、赤字経営を黒字化する基本の道筋から黒字化の具体的方法に至るまで、詳しく解説する。

 

 

 

赤字経営を黒字化する基本の道筋

 

中小企業において、赤字経営を黒字化する方法は難しくない。

 

まずは徹底してムダとロスを排除し、収支をトントンに持っていくことが早期黒字化の正攻法になる。

 

収支をトントンに持っていく順番は、キャッシュフローの黒字化、次に、事業収支上(経理上)の黒字化である。

 

赤字経営を脱却しようと、売上拡大や事業拡大に躍起になる経営者がいるが、この選択は間違っている。

 

なぜなら、現在進行している売上拡大や事業拡大の戦略が、赤字経営の元凶になっている可能性が高いからだ。

 

従って、何よりも優先すべきは、赤字の原因であるムダとロスを排除し、収支をトントン(プラスマイナスゼロ)に持っていくことだ。

 

売上拡大や事業拡大は、それからでも遅くない。黒字経営に転換した後に、いかようにも挽回できる。

 

 

赤字経営を黒字化する具体的方法とは?

 

赤字経営の原因になり得るムダとロスの垂れ流しは、現金の垂れ流しと同じことである。

 

自分の財布から毎日お金が逃げていると思えば、黒字化への意欲も上がるのではないだろうか?

 

赤字経営を黒字化するために収支をトントンに持っていくと、会社の現金流出が止まるので運転資金にゆとりができる。

 

運転資金にゆとりができると、会社の財務状況と経営者の心に余裕が生じてくる。

 

さらに、経営者の不安も解消されるので、冷静かつ客観的な精神状態で、事業成長のアイデアを考えることができるようになる。

 

冷静さと客観性を見失った経営者の経営判断は、大概、誤っていることが多い。

 

従って、何事にも優先して、収支をトントンに持っていき、会社経営にゆとりを持つことが重要なポイントになる。

 

繰り返すが、収支をトントンに持っていく一番の近道は、事業のロスとムダを徹底的に解消することだ。

 

事業のロスとムダは至るところに潜んでいるが、大別すると、「売上」、「売上原価」、「販売管理費」の3つの領域に集約することができる。

 

 

黒字化の方法「売上のロス解消」

 

意外なことに、ロスとムダは売上の中にも潜んでいる。

 

ロスとムダになりうる最たる原因は、赤字商品と赤字取引である。

 

赤字経営に陥っている中小企業には、売れば売るほど赤字が拡大する赤字商品、或いは赤字取引というものが必ず存在する。

 

赤字商品や赤字取引は、商品や取引毎の損益分析で探ることができる。

 

広告宣伝の意味合いがあったとしても、赤字経営であれば、全ての赤字商品と赤字取引を解消すべきだ。

 

会社経営の原則は儲けること、即ち、黒字経営が第一である。

 

【関連記事】売上を拡大する営業戦略の実践ノウハウ

 

 

黒字化の方法「売上原価のロス解消」

 

売上原価の中にも、ロスとムダがたくさん潜んでいる。

 

主なロスとムダの発生場所は、仕入と製造原価である。

 

仕入のロスとムダは、仕入調達ルートや調達方法の工夫で改善することができる。

 

製造原価のロスとムダは、製造商品の組合せや人員配置の工夫で改善することができる。

 

仕入等のロスとムダを改善する際に注意すべき点は、品質を低下させないことだ。なぜなら、資本力の乏しい中小企業にとって、安かろう悪かろうの仕入方針の行く末は、衰退しかないからである。

 

【関連記事】会社の生産性を改善する実践ノウハウ

 

 

黒字化の方法「販売管理費のロス解消」

 

販売管理費の中にも、ロスとムダがたくさん潜んでいる。

 

主なロスとムダの原因は、労働生産性の低下と経費の無駄遣いである。

 

労働生産性の低下は、営業ルートや配送ルートの損益分析、催事やイベントの損益分析等々、あらゆる労働生産性を個別分析することでムダとロスを探ることができる。

 

経費の無駄遣いは、収益に貢献していない経費の削減、消耗品の調達ルート変更による経費削減、広告宣伝や印刷物の調達ルート変更による経費削減、水道電機の節約、文具の共有化、など等、ムダとロスを解消する方法はいくらでもある。

 

なお、経費の無駄遣いは、変動費よりも固定費の削減を推進した方が即効性が高い。

 

【関連記事】コスト削減の考え方・目的・効果・方法・成功事例を徹底解説

 

 

黒字経営の大原則とは?

 

モノを売ったら、1円でも多く儲かる。

 

黒字経営は事業経営の基本原則である。

 

赤字経営では、不安が消えない、報酬が増えない、成長投資の原資が賄えない、未来が見えない、、、良いことはひとつもない。

 

中小企業の黒字化は、赤字経営に転落した時点で、すぐに取り組まなければならない。

 

なぜなら、資本力に乏しい中小企業の場合、黒字化の取り組みが遅れれば遅れるほど、赤字経営からの脱却が難しくなるからだ。

 

なお、赤字経営を未然防止するには、適正な経営数値をキープした黒字経営のシステムを構築することが欠かせない。

 

➡NEXT「会社の利益を上げる3つの方法|中小企業の利益拡大策」へ

 

 

無料経営講座「企業の永続性を確立する方法論が分かる」

 

無料オンライン経営講座は経営コンサルタントの伊藤(当サイト運営者)が実践している企業の永続性を確立する方法論を説いた経営講座です。会社をさらに拡大したいと思ってる中小企業経営者、これから会社経営に挑む起業家や後継者は確実に受講されることをお薦めします。

 

⇒⇒無料経営講座「企業の永続性を確立する方法論が7日間で分かる」はこちら

 

 

おススメ記事

 

 

 

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る