生産性向上の実践ノウハウ

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

会社の生産性を上げる実践ノウハウ

会社の生産性を上げる実践ノウハウ

 

会社の生産性は事業価値を決定付ける重要な指標である。

 

なぜなら、生産性の高い企業は競合他社よりも小さなコストで大きな利益を生み出すことができるからだ。

 

会社の生産性を上げる実践ノウハウを紹介している。是非とも、参考にしてほしい。

会社の生産性を上げる実践ノウハウ記事一覧

会社の生産性を上げるには、然るべき目標を掲げなければならない。なぜなら、目標のない行き当たりバッタリの経営は、ムダムラを生み出し、生産性を低下させる要因を次々と作り出してしまうからだ。然るべき目標なくして、生産性を上げることなどできないのだ。目標は、コストをかけることなく、経営者の知恵ひとつで生み出すことができるが、多く中小企業は、生産性を上げるための目標運用が十分にされていない。目標がない、或い...

情報と生産性には密接な関係性がある。情報を制するものが、生産性を制するといっても過言ではない。なぜなら、良質な情報が組織に行き渡れば、事業活動の質が高まり、自ずと生産性が上がるからだ。例えば、経営理念という情報を共有すると組織の行動原理が明快になるので、生産性が飛躍的に上がる。また、生産性改善に役立つ情報を持っている者と持たざる者の行動を比べた場合、生産性を上げるのは、前者の生産性改善に役立つ情報...

ブランド力が高まれば、会社の生産性が上がる。なぜなら、ブランド力が高まると集客力と共に収益力が上がり、会社の生産性が飛躍的に上がるからだ。ブランド力が生産性に与える影響は計り知れない。例えば、ブランド力が高ければ顧客のハートをつかむ影響力が大きくなるので、新規獲得や口コミ等の情報拡散スピードが一段と加速し、集客増加⇒収益力アップという生産性向上のプラスのスパイラルが回り始める。加えて、安心感といっ...

社員のやる気ほど、生産性に影響を与えるものはない。なぜなら、社員のやる気が低下すると組織全体の覇気と根気が薄れ、ムダやムラが蔓延し、生産性が加速度的に低下するからだ。事実、生産性が著しく悪化している会社組織の士気は総じて低く、多くの社員が指示待ち症候群に陥っていることも珍しくない。指示待ち症候群の組織は、生産性を悪化させる末期症状といっても過言ではないほど、危機的状況といえる。逆に、生産性が高い会...

失敗は、生産性を大きく低下させる。当然ながら、失敗を減らすことができれば、生産性が上がる。つまり、失敗を共有し、失敗を繰り返さない体制を作ることができれば、確実に生産性が上がるのだ。例えば、プロの世界では、失敗が勝敗を分けることが多々ある。あらゆるプロスポーツ、将棋や柔道、テニスや競馬に至るまで、プロの世界では失敗した者が勝負に敗れる。会社経営も例外ではない。ひとつの小さな失敗が生産性の低下を招き...

生産性を上げる方法は、仕事の仕組み化にある。なぜなら、仕事を仕組み化すれば、自然と働き方のムダムラが解消されて、一段と生産性が上がっていくからだ。また、多少、社員の能力や組織力に劣っていたとしても、仕事を仕組み化すれば、能力不足を仕組みでカバーすることができる。仕事の仕組み化とは、仕事を一定の「型にはめる」ということである。型には、不揃いの集団の力を均一に整えて、一定のレベルに引き上げる効果がある...

社員の責任感が高まると、自ずと会社の生産性が上がっていく。なぜなら、社員の責任感が高まると、段々、生産性の足を引っ張る社員が少なくなり、生産性を上げるために自らが考えて働く社員が増えるからだ。第35代アメリカ合衆国大統領に就任したジョン・F・ケネディの演説の中に「国家があなたに何をしてくれるかではなく、あなたが国家に何ができるか考えよう」という有名なセリフがあるが、新しい国家を築くうえで、このセリ...

 




 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る