生産性向上の実践ノウハウ(4)

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

社員のやる気を高めて生産性を上げる方法|社員の士気向上が生産性改善に繋がる

社員のやる気を高めて生産性を上げる方法

 

社員のやる気ほど、生産性に影響を与えるものはない。

 

なぜなら、社員のやる気が低下すると組織全体の覇気と根気が薄れ、ムダやムラが蔓延し、生産性が加速度的に低下するからだ。

 

事実、生産性が著しく悪化している会社組織の士気は総じて低く、多くの社員が指示待ち症候群に陥っていることも珍しくない。

 

指示待ち症候群の組織は、生産性を悪化させる末期症状といっても過言ではないほど、危機的状況といえる。

 

逆に、生産性が高い会社組織の士気は総じて高く、社員の責任感と自主性が非常に高い。

 

社員のやる気が高く、なお且つ、自ら考えて動く社員が多いほど、会社の生産性を上げる組織はない。

 

社員のやる気を上げる方法は、さほど、難しくない。

 

社員を徹底して経営に参加させると、自ずと、社員のやる気が高まる。

 

例えば、社員に対して会社の数字を開示すると、利益意識が生まれるので、自ずと社員の生産性が高まっていく。

 

また、儲かる、儲からないの判断基準が社員に根付くので、非効率な言動やムダムラも少なくなる。

 

さらに、会社の数字と連動させた臨時ボーナスの制度を導入すると、社員の頑張りに対する報酬基準が明快になるので、社員のやる気が一層高まり、生産性が一段と上がる。

 

このように、社員を経営に参加させると、社員のやる気が高まり、容易に生産性を上げることができるようになる。

 

 

生産性を上げる経営参加の具体的方法とは?

 

社員のやる気を高めて社員の生産性を上げるには、徹底した経営参加の推進が欠かせない。

 

社員の生産性を高める経営参加の具体的方法は、双方向性の情報交換を頻繁に行うことが最も有効である。

 

例えば、必要な情報を社員に与える、社員から情報を吸い上げる、といった双方向性の情報のやり取りである。

 

社員に与える情報は、会社の数字、ミスやクレーム、改善プラン、目標など、社員の思考力を高めるための情報を選ぶとよい。

 

社員から吸い上げる情報は、仕事の改善、仕事の不満や不安、現場の声、顧客の声、新しいアイデアなど、会社の付加価値向上に活かせる情報を吸い上げるとよい。

 

経営者と社員の情報交換量が増えるほど、社員の考える力がグッと高まる。

 

そして、自ら考え行動する集団になれば、社員のやる気と共に責任感と自主性が高まり、自ずと会社の生産性も上がっていく。

 

社員のやる気が低く生産性が今ひとつ上がらない会社は、社員に対して十分に情報を与えていないか、社員から情報を十分に吸い上げていないかの、どちらかが不足しているケースが多い。

 

また、社員を一方的に情報漬けにする、或いは、社員から吸い上げた情報を経営に活かさない、といったケースも会社の生産性を著しく低下させるので注意してほしい。

 

社員のやる気を高めて会社の生産性を上げるには、経営者と社員の双方向性の情報交換を頻繁に行い、社員の経営参加を推進することが大切である。

 

➡NEXT「失敗を共有して生産性を上げる方法」へ

 

 

無料PDF「強い会社がやっている労働生産性を改善する30の法則」

 

本書は実務に活かせる労働生産性の改善手法に焦点を絞っていますが、実は様々な経営改善に応用できる経営ノウハウ書でもあります。小さな改善も継続すれば大きな改善に繋がり、会社に多大な利益をもたらします。確実に入手されることをお薦めします。

 

⇒⇒無料PDF「強い会社がやっている労働生産性を改善する30の法則」をダウンロードする

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る