生産性向上の実践ノウハウ(2)

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

情報を共有して生産性を上げる方法|情報共有なくして生産性の改善なし

情報を共有して生産性を上げる方法

 

情報と生産性には密接な関係性がある。

 

情報を制するものが、生産性を制するといっても過言ではない。

 

なぜなら、良質な情報が組織に行き渡れば、事業活動の質が高まり、自ずと生産性が上がるからだ。

 

例えば、経営理念という情報を共有すると組織の行動原理が明快になるので、生産性が飛躍的に上がる。

 

また、生産性改善に役立つ情報を持っている者と持たざる者の行動を比べた場合、生産性を上げるのは、前者の生産性改善に役立つ情報を持っている者の行動である。

 

徹底した情報の共有が、生産性を上げる優れた方法になるのだ。

 

なお、会社の生産性改善に役立つ情報は、経営陣と現場スタッフの垣根を越えて、広く深く共有しなければ意味がない。

 

経営陣だけ、或いは、現場スタッフだけといった狭い範囲内での情報共有は、非効率な行動を生み出し、生産性悪化のリスクを生み出しかねない。

 

例えば、経営陣だけが情報を共有していても、現場スタッフに情報が行き届いていなければ、現場スタッフの活動の質が高まることはなく、生産性は一向に上がらない。

 

或いは、現場スタッフが経営陣に対して然るべき情報を上げなければ、経営判断のミスを招き、生産性を悪化させかねない。

 

経営陣と現場スタッフの分け隔てない情報共有が、会社の生産性を上げるのだ。

 

例えば、現場スタッフの情報量が増えれば、現場の判断力が上がり、自らが考える集団に変貌していくので、自ずと、生産性が上がっていく。

 

或いは、経営陣と現場スタッフの情報共有量が増えれば、適宜、最良の対策を講じることができる経営体制が整うので、自ずと、生産性が上がっていく。

 

 

生産性を上げるために共有すべき情報とは?

 

生産性を上げるために共有すべき情報は多岐にわたる。

 

例えば、売上や利益といった会社の数字、ミスやクレーム、目標などは、生産性を上げるために共有すべき必須の情報である。

 

会社の数字を共有すると、自分たちの行動と業績の因果関係が整理されるので、自ずと、ムダとムラが少なくなり、生産性が上がっていく。

 

また、常に利益を意識した行動原理が根付いていくので、生産性を悪化させる言動が少なくなる。

 

ミスやクレームを共有すると、同じ過ちがなくなり、顧客満足度が高まるので、結果として生産性が上がっていく。

 

目標を共有すると、組織の力が1点に集中するので、加速度的に生産性が上がっていく。

 

この他にも、現場スタッフが顧客から得た情報や現場スタッフが感じた意見や不安などを日常的に吸い上げることも、生産性を上げるための欠かせない取り組みになる。

 

現場の情報を吸い上げるには、経営者自らが現場スタッフに語りかけ、自らが情報を収集する努力をすることが大切である。

 

現場からの報告を待っているようでは、良質な情報は決して集まらない。

 

例えば、顧客トラブルや営業トラブルといった会社の生産性を悪化させかねない悪い情報などは、まずもって上がってこないと思ったほうが良い。

 

情報共有の精度は経営者の姿勢ひとつで決まる。

 

つまり、経営者の情報の扱いひとつで、会社の生産性が決まってしまうのだ。

 

➡NEXT「ブランド力を高めて生産性を上げる方法」へ

 

 

無料PDF「強い会社がやっている労働生産性を改善する30の法則」

 

本書は実務に活かせる労働生産性の改善手法に焦点を絞っていますが、実は様々な経営改善に応用できる経営ノウハウ書でもあります。小さな改善も継続すれば大きな改善に繋がり、会社に多大な利益をもたらします。確実に入手されることをお薦めします。

 

⇒⇒無料PDF「強い会社がやっている労働生産性を改善する30の法則」をダウンロードする

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る